ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は雑誌やテレビなど各種メディアに引っ張りだこ! バスからソルトまであらゆるルアーフィッシングを知り尽くした初心者の味方『ヒロセマン』が選ぶ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!



全国のフィールドを淡水、海水問わず釣りまくっている超マルチな現場型アングラー

【Profile】
広瀬達樹(ひろせ・たつき)
ハイクオリティ&ロープライスなど誰にでも理解できるコンセプトで業界に旋風を巻き起こし続けるメジャークラフトのアイテムプロデューサー兼プレイヤー。愛称は『ヒロセマン』。

広瀬達樹が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ジグパラジェット(メジャークラフト)』

画像: 広瀬達樹が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ジグパラジェット(メジャークラフト)』

ただ巻きオンリーでOK! 超リア重心の大遠投ジグ

リア重心で飛行姿勢が安定しており、ジグパラのなかでも遠投性能を重視したモデル。ただ巻きをするだけでウォブリングアクションを発生して魚へアピールしてくれるので、必要以上のパワーを使わず誰でも気軽にショアジギが楽しめる設計になっている。



飛びに特化したジェットで青物&ヒラメが好釣!

広瀬「飛距離に特化したジグパラジェットが昨年のMVPですね」

そう答えてくれたのは、ショアジギングを得意とする広瀬さん。

広瀬「とくにサーフで釣りをする際には、この飛距離が最大の武器になります。遠くのナブラを撃つ、さらには向かい風でも安定して飛んでくれる。これらをクリアして青物やヒラメを釣ってくれたのがジェットですね」

ジェットの遠投性が良い理由とはなんでしょう?

広瀬超リア重心にしているので、飛行姿勢が綺麗に決まりやすいんです。ショアジギで狙う目標物が少ないポイントなら、より遠くのナブラや潮目。そういった場所に届くかどうかで釣果が決まります」
 

釣り方はただ巻きオンリー?

広瀬「それで十分ですが、軽めにロッドを上下させたワンピッチジャークも効果的。つい、この前もヒラメと青物が短時間で5~6本。このときも遠くのナブラ撃ちでの釣果でした」

画像: 広瀬 「青物だけじゃなく、サーフなどで狙えるヒラメやその他あらゆる魚種に威力を発揮してくれます」

広瀬「青物だけじゃなく、サーフなどで狙えるヒラメやその他あらゆる魚種に威力を発揮してくれます」

広瀬達樹の“裏”T.O.Y.『ジグパラ・ライブベイトカラーシリーズ(メジャークラフト)』

画像: 広瀬達樹の“裏”T.O.Y.『ジグパラ・ライブベイトカラーシリーズ(メジャークラフト)』

広瀬「見た目がまんま魚のカラーを、ジグで再現したシリーズ。まず、これを使うアングラーが釣れる気になってくれるこの効果はすごく高いと思うんです。さらにシンプルなカラーが多いジグのなかでアジ、サバ、イワシそっくりなので、マッチザベイトにハマりやすい!

ヒロセマンのショアジギ解説記事はコチラ⇩⇩

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.