ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は東北を代表するロックフィッシャーマンであり、ゴツくて長いタックルでヘビールアーを遠投することから「ハンター」の愛称でも知られるロックフィッシュエキスパートが選ぶ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


唯一無二のモンスターロックフィッシュハンター!

【Profile】
塩津紀彦(しおつ・のりひこ)
「ハンター塩津」のニックネームで人気のロックフィッシュハンター。ピュア・フィッシング・ジャパンのフィールドスタッフとしてロックフィッシュロッドシリーズ「ロックスイーパーシリーズ」の開発にも携わる。ほかサンライン、パズデザイン、ティクト、がまかつのサポートを受ける人気プロフェッショナルアングラーである。

塩津紀彦が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ガルプ! SWアジャストハント3.2インチ(バークレイ)』

画像: 塩津紀彦が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ガルプ! SWアジャストハント3.2インチ(バークレイ)』

定番の『CGBFO』は必ずタックルバッグに!

塩津「新しいガルプ!素材はよりソフトなマテリアルに変更されたので、通常のワーム素材のようにライブリーにアクションしてくれます。カラーは『定番色』とも言えるCGBFO(チャートリュースグリーンブラックフロセントオレンジ)が、やっぱりアピール力が強いです」



バーサタイルなのにパターン追求もできる!!

塩津「今年一番数を釣ったルアーが、このアジャストハントですね。名前のとおりあらゆる状況、あらゆるリグ、そしてあらゆる魚に『アジャスト』できるので、結果的に使用頻度が一番高かったから、というのもあるでしょう。

そのままで使えば真ん中に穴が開いたパドルテールで、藻場などスタックしやすい場所でもスリ抜けやすいです。よりパターンに特化したい場合、例えばベイトフィッシュパターンならば片側をカットしてカーリーテール仕様にしてスイミングさせる。もしくは甲殻類パターンならばパドルをセンターから切り離してツインテール仕様にしてボトムバンプさせるとか。

グルーパーやロックフィッシュを狙うのなら、コレさえあれば何とかなるというバーサタイル性がありながらも、特定のパターンをしっかりと追求することもできるんです。陸っぱりでは携帯できるタックルにも限りがあるので、ひとつで何役もこなせるのはとても便利です」

塩津紀彦の“裏”T.O.Y.『T-テールシャッド3.7インチ(バークレイ)』

画像: 塩津紀彦の“裏”T.O.Y.『T-テールシャッド3.7インチ(バークレイ)』

ベラやフグ回避にはちょうどいい存在感が◎

塩津「グルーパー狙いでアピール力が大きいビッグワームを使うと、ベラやフグにかじられてボロボロになることも多々あります。そんな時には、ややスリムでハリ持ちも良いT-テールシャッドが『ちょうど良い』アピール力で、バイトをグルーパーだけに絞ってくれます

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.