ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は雑誌やテレビなど各メディアで引っ張りだこ! 南海のGTやヒラマサからタナゴまで、あらゆる釣りを楽しむ大人気釣りガールの2019年最も印象深かったエギをご紹介!


あらゆる釣りを高次元でこなし、プロ顔負けの釣果を叩きだすスーパー釣りガール!!

【Profile】
秋丸美帆(あきまる・みほ)
DAIWAフレッシュアングラーに選出されて以来、さまざまなメディアで活躍して釣りの魅力を伝えている我らが『みっぴ』。さまざまな魚種にチャレンジする中で、エギングは超お得意分野。

秋丸美帆が選んだ2019年“私のT.O.Y.エギ”『エメラルダス フォール(DAIWA)』

画像: 秋丸美帆が選んだ2019年“私のT.O.Y.エギ”『エメラルダス フォール(DAIWA)』

イマドキのエギにはない、幅広ボディ

秋丸「ダート系エギはノーズが薄くてシャープですが、エメラルダスフォールは幅が広い。そのぶんフォール中に水を受ける面積が大きい=抵抗が大きいので、ゆっくりで安定したフォールを演出することができるんです。潮受けが良いので、ドリフトにも最適です」



上下のアクションに低活性イカも興奮!!

秋丸「ルアマガソルト9月号でも表紙を飾らせてくれた、エメラルダスフォールの金-蛍光グリーンが昨年のナンバーワンです。前身モデルの『餌木イカ名人』から辿るとかなりのロングセラーモデルで、DAIWAエギの中でも隠れた名作と言えます。

ダート性能に優れたエギが多いエメラルダスシリーズの中でも、上下の縦方向アクションを追求したセッティングになっていて、高く跳ね上げられるぶんフォールの時間が長く取れる=喰わせの間を長く取ることができます

高く跳ね上げるだけでなく、活性が下がってイカが沈んでいる時などは、ボトムレンジをバンプさせるようにネチネチ誘うのもアリです。特にこれから早春にかけては、イカは水温が安定したボトムレンジに張り付くようになるので、フォールの出番が多くなりそうです。ダートエギのような俊敏なアクションは嫌う傾向にあるので、優しい感じでシャクリを入れると、割と無警戒に抱いてきますよ」

画像: 秋丸 「ルアマガソルト9月号の取材で、甑島で釣った1.5キロオーバーです。長い沈黙が続いた後だっただけに、感動すら覚えました!!」

秋丸「ルアマガソルト9月号の取材で、甑島で釣った1.5キロオーバーです。長い沈黙が続いた後だっただけに、感動すら覚えました!!」

秋丸美帆の“裏”T.O.Y.『エメラルダス ステイ(DAIWA)』

画像: 秋丸美帆の“裏”T.O.Y.『エメラルダス ステイ(DAIWA)』

秋丸「ヤマラッピさんがプロデュースしたエギで、一時期欠品が続いたほどの人気モデルです。ファーストフォールで乗ることが多く、見えイカの近くに投げるとシャクる前に乗ってしまうことも多々ありました。ただ、ラインを上手くさばかないとカンナに絡みやすいので要注意」

みっぴさんのエギングテクを学びたいなら下記記事も読むべし!!⇩⇩

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.