釣りという素晴らしい文化を後世に伝えるため、いますぐにでも取り掛かるべき最重要案件のひとつが次世代アングラーを育成すること。ブラックバスタックルメーカーでその先陣を切ったのが、今年で20周年を迎えた、並木敏成さん率いるO.S.P!! さあ立ち上がれ、若人よ!!


アナタもバスプロになれる!!

「10YEARS STANDARD」を理念に、時代が移り変わってもまったく色褪せず、釣れ続けるルアーを世に送り出してきたタックルメーカー、O.S.P。

国内プロトーナメントで頂点へと上り詰めて渡米、世界最高峰の舞台に挑戦するなど日本のブラックバスフィッシング発展に寄与してきた並木敏成さんが代表を務める同社では、これまでにも高校生以下を対象にレンタルボートを無料で貸し出す企画『少年よ、ボートで繰り出せ!!』を行なったり、小学生以下の『キッズバススクール』を開催するなど、次世代アングラーの育成に力を注いできました。

そして2020年、創立20周年を迎える同社は、未来を見据えた次なるステップとして、次代を担う若手(16~25歳前後)を対象とした『プロスタッフ選考オーディション』を実施、我こそはと名乗りをあげるアングラーを広く一般から募集しています!!

画像: みんな最初は一般アングラー!!

みんな最初は一般アングラー!! 

もちろん、誰もがプロスタッフになれるわけではなく、まずは書類選考、次に面接、そしてフィールドでの最終試験があり、その難関を突破したアングラーとO.S.Pが契約。以降のプロ活動を全面的にバックアップしてくれるそうです。

たとえば2021年のO.S.P動画(年間4回予定)に起用するなど、最終選考合格者には釣り業界で活躍する第一歩を踏み出すための企画が用意されているんですね。

若手アングラーの仕事って?

では、いざ難関をクリアできたとして、合格者はどのようなことをすればいいのでしょう? 応募要項にある“若手アングラーの仕事”を以下に記載します。

O.S.P製品での釣行レポートや動画、写真をSNSやYouTubeなどへ投稿いただくことにより、釣りの楽しさや喜びをより多くの皆様に伝えていくことが大切です。個人の活動のみならず、時には釣具店でのイベントアドバイザーやフィッシングショーなどへのご参加、O.S.P動画へのご出演など、その活動範囲は無限大です!

応募資格は以下のとおり!!

◎釣りが好きな方。(岸釣り・ボート釣り問わず)

◎年齢:16歳~25歳前後の方。

◎釣りのマナーや釣り場環境保全について意識し、モラルのある常識的で模範的な行動ができる方。

◎年間30日以上の釣行回数がある方。

◎SNS(フェイスブック・インスタグラム・ツイッター)のいずれかのアカウントをお持ちの方。(閲覧可能な状態であること)

◎SNSを通じたコミュニケーションが好きな方。

◎釣りの楽しさや、喜びを表現できる方。

◎書類選考通過後、2次試験、最終試験の日程調整ができる方。

『プロスタッフオーディション2020』の応募締め切りは2月29日(土)。詳細と応募方法はO.S.P公式ホームページで!!

何年後かに、陸王のトロフィーを手にしているのはもしかしたらアナタかもしれません!!

画像: 【Profile】並木敏成(なみき・としなり)1966年生まれ。屈指のキャスト技術と釣獲力を誇るプロフェッショナルアングラーにしてO.S.P代表。1994年にJBで年間優勝を獲得し、翌’95年からアメリカB.A.S.S.トーナメント参戦開始。1997年に日本人初となる、世界最高峰ワールドチャンピオンシップ『B.A.S.S.バスマスタークラシック』出場の快挙をはたし、多くの日本人バスフィッシャーマンに夢を与えてくれたレジェンド。そんなバスフィッシングを通した『夢』を次代に託そうという氏のさまざまな活動にはリスペクトしかありません。

【Profile】並木敏成(なみき・としなり)1966年生まれ。屈指のキャスト技術と釣獲力を誇るプロフェッショナルアングラーにしてO.S.P代表。1994年にJBで年間優勝を獲得し、翌’95年からアメリカB.A.S.S.トーナメント参戦開始。1997年に日本人初となる、世界最高峰ワールドチャンピオンシップ『B.A.S.S.バスマスタークラシック』出場の快挙をはたし、多くの日本人バスフィッシャーマンに夢を与えてくれたレジェンド。そんなバスフィッシングを通した『夢』を次代に託そうという氏のさまざまな活動にはリスペクトしかありません。




関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.