DAIWAが次なるパックロッドの方向性、究極のコンパクト性を求めて仕上げたのが『ブレイゾン モバイル』。シックなブラックに情熱のレッドがアクセントの振出式。もっとアクティブに、もっと快適に釣りを楽しむために。


普段使いに、旅のお供にU(アンダー)50センチの相棒を

今なお1ピース至上主義が続くバスロッド界において、近年着実に需要が高まっているのがパックロッドの存在。ある者は常に携帯して不意に直面した瞬間を逃さないために、またある者はコンパクトカー利用で省スペース化を求めるために。宅配便や航空機の利用時の規制をクリアすべく、必要に迫られた選択という場合もあるに違いない。

DAIWAは昨季、4ピース設計で本格的にバス釣りに対峙できるパックロッド『エアエッジモバイル』を発表したことは記憶に新しい。今季2020年はさらなるコンパクト化を実現する6ピースのテレスコピックブレイゾン モバイル』を発表する。

画像: ブレイゾン モバイル(DAIWA)

ブレイゾン モバイル(DAIWA)

ラインナップは全5モデル。既存のブレイゾン1ピースと同番手ながら、ワームから巻き物まで幅広いルアーに対応するバーサタイル性を強調

いずれも軽さと強度を両立するDAIWA独自のHVFカーボンをメイン素材に、全身をカーボンテープがX状に締め上げて捻れを抑えるブレーディングXを採用した本格仕様だ。

ベイトモデルはバーサタイルな3機種をラインナップ!

【ベイトキャスティングモデル】

666TMB
取り回しの良さが際立つ定番66バーサタイル
6106TMBと同等のルアーに対応する6フィート6インチ。長過ぎず短すぎないバスロッド定番のレングスは、場所を問わず、あらゆるキャストを繰り出しやすい。
●仕舞寸法:45cm ●パワー:M ●ルアー重量5~18g ●適合ライン:7~16lb ●価格:14100円 ※税抜き

6106TMB
巻きも撃ちも守備範囲のロングバーサタイル機
クランクベイトやバイブレーション、スピナーベイトなどの中〜大型ハードベイトから、ノーシンカーやヘビーダウンショット、ライトテキサスなど撃ち物までをこなせるロングバーサタイル。ブレイゾンモバイル、ベイトの軸となる1本だ。
●仕舞寸法:47cm ●パワー:M ●ルアー重量5~18g ●適合ライン:7~16lb ●価格:14900円 ※税抜き

6106TMHB
中〜重量級で威力発揮のパワーバーサタイル
バイブレーションやスピナーベイトなど中〜重量級ハードベイトからバックスライド高比重ノーシンカー、ジグ&テキサスなどカバー撃ちもこなせるパワーバーサタイル。
●仕舞寸法:47cm ●パワー:MH ●ルアー重量7~21g ●適合ライン:8~20lb ●価格:15000円 ※税抜き



スピニングは2機種!ライトリグから小型ハードベイトまでこなすL(ライト)アクション

【スピニングモデル】

646TLS / 666TLS
フィネススピニングのバーサタイル基準機
小型ハードベイトから各種ライトリグを自在に扱えるスピニングモデルのショートレングスバージョン。666TLSとの2インチの差は、より繊細によりタイトな操作とキャスタビリティに直結。

●仕舞寸法:42cm/43cm(666TLS) ●パワー:L ●ルアー重量1.8~7g ●適合ライン:4~8lb ●価格:13900円/14100円(666TLS)※税抜き

何よりルアーとリグを付けたままの状態でケースに仕舞い込める利便性は高い。その寸法はいずれも実に50センチ未満(*ロッドのみ)と超コンパクト。常時バッグに忍ばせても負担にはならないサイズと言えるだろう。

普段使いに、旅のお供に。『ブレイゾン モバイル』がバス釣りの可能性を大きく広げてくれそうだ。

この記事が掲載されている『ルアーマガジン』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.