2020年フィッシングショーシーズン開幕! 1/17~1/19の3日間パシフィコ横浜で開催されていた「釣りフェスティバル」にルアマガプラス編集部員も潜入!! 今回は一昨年リリースされ、ルアーフィッシャーマンの間で瞬く間に話題となった釣り場に優しいコンパクトダストケースの新たなラインナップをご紹介!!



切れ端×糸くずワインダー

環境保全の救世主がパワーアップ!

全国各地で話題となっている釣り場のごみ問題。その救世主として注目された糸くずワインダーが新機構を獲得して登場。オリジナルモデルではスリット形状だった入り口が回転シャッター方式になったことで、短い切れ端でもこぼれにくく、大きなかたまりでも入れやすくなっているのだ。

●サイズ:73×20mm ●カラー:3色 ●価格:500円(税抜き)



ジャンクポケット

携行性抜群のウェアブルダストケース

カラビナで様々な場所にぶら下げられるのはもちろん、バッカンやタックルバッグのベルトに通しても使用出来る携行性抜群のダストケースが登場。片手で開けられる回転シャッター方式で、スピーディーなゴミの回収が可能。本体も大きく開くことが出来るので、溜まったゴミを捨てるのも楽々!

●サイズ:75×70×25mm ●カラー:3色 ●価格:500円(税抜き)

ルアマガプラス編集部も要チェックな1品!!

画像: ルアマガプラス編集部も要チェックな1品!!

メディアで活躍するアングラーもこぞって使用する人気商品であり、バスアングラーからソルトアングラーまで瞬く間に広がっていった「糸くずワインダー」の登場から早2年。

昨今釣り場のゴミ問題が深刻化する中で、アングラー自らが率先して簡単に行える環境保全アイテムをいち早くリリースした第一精工の釣り場環境への啓蒙活動にただただ頭が下がるばかり。

そして今年度、糸くずワインダーの進化モデルに加えて、新たに「ジャンクポケット」が登場!!

糸くずのみならず、ワームの切れ端やパッケージゴミ、またはジグヘッドなども収納でき、ライフジャケットやベストのベルトにも装着可能。またカラビナも付属されているためバッカンやカバンなどにも取り付けできる

バスアングラーやライトゲーマーはいわずもがな、ライフジャケットにも装着できるのでシーバスアングラーにもオススメな一品。自分のゴミだけでなく、釣り場で見かけたワームの切れ端や糸くずなどもこの携行性ならスムーズに回収できる!

また値段も500円とリーズナブルなので各魚種別のボックスやライフジャケットに常備しておくのも良いだろう。

今ある釣り場を守り、未来へ残していくためにもルアーアングラーのみならず、餌釣り師も携行しておきたい一品!

とりあえず編集部・O木は自動膨張式ライフジャケットとゲームベスト、アジングボックス用に3つ購入確定ですww

詳細は下記第一精工YOUTUBEチャンネルでも公開中!!⇩⇩
画像: 【第一精工】切れ端×糸クズワインダー・ジャンクポケット#65 youtu.be

【第一精工】切れ端×糸クズワインダー・ジャンクポケット#65

youtu.be



This article is a sponsored article by
''.