2020年フィッシングショーシーズン開幕! 1/17~1/19の3日間パシフィコ横浜で開催されていた「釣りフェスティバル」にルアマガプラス編集部員も潜入!! 今回は「ドリフトペンシル」や「スライドエッジ」「バロール」などハイポテンシャルコアシーバスブランドとして名高い「エクリプス」から約2年ぶりとなるNEWルアーが登場! 今回のエクリプスは今までとは少し違う!


あのエクリプスから「スタンダード」かつ「ハイコスパ」なソルトルアーが登場!

エクリプスといえば、名作シンキングペンシル「ドリフトペンシル」や水を切り裂く薄型ボディのミノーバイブレーション「スライドエッジ」そしてシャローミノーの「アストレイア」、近年ではリバーシーバスに特化した「ランドラゴ」や湾奥の職人・前田泰久氏監修の「バロール」など突出したハイポテンシャルシーバスルアーをリリースするイメージが非常に強い。

ロッドシリーズも、かつてテスターを努めた井上友樹氏やヒデ林氏のスタイルが色濃くフィードバックされたコアなシーバスファンに向けたロッドも多かった。

そんなエクリプスから約2年ぶりとなるルアーがリリースされる。今回リリースされるルアーは今までのエクリプスとは違う、スタンダード且つ低価格、そして使いやすさを徹底追及したルアーなのだ!

解説して頂くのはトラウトやナマズなどにも精通するあのお方

【Profile】
森田純也(もりた・じゅんや)
㈱ツネミに勤務し、エクリプスの兄弟ブランドであり、エリアトラウトの世界で常に革命的変革をもたらしている人気ブランド「ディスプラウト」そして、ナマズブランド「鯰ステーションズ」のプロデューサーでもある。

森田「エクリプスは今までかなり尖ったジャンルのルアーをリリースしてきたのですが、今回リリースする「ハウルーラ ゼオ95S」と「ハウルーラ ラウ60」はあくまでもモアスタンダードなソルトルアーとなっており、ソルトルアーフィシングをやる中で『最低限必要なルアー』を1番のコンセプトに据えています。

ですので、使いやすくて投げやすい、そして釣れるという、どのルアーもそうかもしれませんが、この3つをしっかりクリアされている。またソルトルアーのネックでもある価格自体もかなり抑えられています

ゼオ95Sに関しては1270円(税抜き)! 9.5cm、28gのシンキングペンシルでサーフでのヒラメやマゴチ、はたまた大型河川でのシーバスゲームにも有効です! 飛距離もしっかり出て、リーリングした際にも巻抵抗が手元に伝わり、初心者の方にも扱いやすいです



森田「ラウ60は830円(税抜き)。メタルジグと同じく鉛を鋳造して作られたフルメタルボディのバイブレーションです!でコンパクトで、よく飛び、沈みも早く、強波動! ウェイトは港湾部やサーフなどでも使用出来る28gとなっています」

森田「今までリリースされたエクリプスの中でもスゴイ特化したシリーズとは違い、スタンダードかつリーズナブルでお手軽るなルアーこそが「ハウルーラ」シリーズということになります」

なるほど!本当に誰でも扱いやすいスタンダードなシンキングペンシルとバイブレーションというわけなんですね!

森田「そうです!そして次回作には「ハウルーラ ギブ70S」という7cmのスタンダードミノーも既に控えています」

画像: 解説して頂くのはトラウトやナマズなどにも精通するあのお方

森田「この3つがあれば東京湾からちょっとしたサーフまで使いやすいですね。リーズナブルだからといってクオリティーが落ちているわけでは決してありません! カラーラインナップもエクリプスの人気カラーを採用しています!

シーバスフィッシングなどにおいて、どうしてもビギナーのネックになってしまうのが「ルアーの販売価格」。ロッドやリール、またはゲームベストやウェーダーそしてルアーと、全て揃えるとかなり高価になってしまい、入門者にはコストが厳しいのが現実である。

ハウルーラシリーズはそんなビギナーに向けた、リーズナブルかつ使いやすく釣れるルアーとなっている。

約2年ぶりとなるエクリプスのNEWルアーシリーズ、ソルトアングラーの皆様は要チェックされたし!




This article is a sponsored article by
''.