ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は「元祖ヒラメハンター」として日本全国のサーフを渡り歩きながら、画期的な釣法やヒットルアーを生み出し続ける大人気アングラー「ホッティー」が選ぶ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


年中無休!日本一多忙なヒラメハンター!!

【Profile】
堀田光哉(ほった・みつや)
静岡県在住。日本全国のサーフを知り尽くすヒラメハンター。画期的な釣法とルアーを生み出し続け、サーフシーンを牽引する第一人者。その知識と探究心でテクニックは日々進化を続けている。

堀田光哉が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『熱砂ウィングビーム80HS(シマノ)』

画像: 堀田光哉が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『熱砂ウィングビーム80HS(シマノ)』

ウィングヘッドで良く泳ぎ大遠投可能!

シンキングペンシルのような形状だが、ウィングヘッドによってバタバタと泳ぐウォブンロールアクションを発生。この強い波動で魚へアピールし、広い範囲で誘っていける。さらに、このヘッドが安定した飛行姿勢を生み出し、ミノーなのに100mクラスの遠投力を持つ。



“唯一無二”のルアーが今年のMVPです

堀田「ボク的には間違いなく昨年の一番はウィングビーム
今まで知る限りこんなルアーは無かったよね。既存にないルアーということで選びました」

見た目はシンペンぽいですが?

堀田「でもミノー…というか新ジャンルだよね。元々はスピンビームのでかいのを作ろうとしてこれに行き着いた経緯があって、鉛じゃなくプラでこの形へしたんです。でも引いていたら横になったのでウィングを付けた」

ウィングがすごく特徴的ですね。

画像: “唯一無二”のルアーが今年のMVPです

堀田「これがすごいワイドなウォブリングを出すんです。バタバタ…と、アピールしながら誘ってくれて、しっかり引き抵抗があるから誰でも流れなどを感じやすい

良いトコ取りですね!

堀田「しかもウィングヘッドで飛行姿勢の安定感が抜群。ミノーなのに超遠投ができるんです。遠くを撃てるミノーなので、すごく釣果を出してくれたんですよ」

画像: 堀田 「強い波動を出すアクションで魚を誘い、さらに熱砂シリーズ最少プラグなのにアピールと遠投力があります」

堀田「強い波動を出すアクションで魚を誘い、さらに熱砂シリーズ最少プラグなのにアピールと遠投力があります」

画像: マゴチにも好反応!!

マゴチにも好反応!!

堀田光哉の“裏”T.O.Y.『ビーチウォーカー ウェッジ95 S(デュオ)』

画像: 堀田光哉の“裏”T.O.Y.『ビーチウォーカー ウェッジ95 S(デュオ)』

堀田「惜しくも次点となりましたが、こちらも今までにないサイズ感のシンペンということで昨年非常に活躍しました。まず、小さくても良く飛んでくれること。さらに速いピッチのロールアクションがヒラメに効いてくれました。扱いやすいので誰でも使いやすいルアーです」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.