ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は北九州を拠点とし、自身のブランド「RUDIE'S」のデザイナーとしてルアー製作に励む傍ら、ライトゲームやロックフィッシュなどの釣りを得意とし各メディアで活躍中の九州を代表するマルチエキスパートアングラーの2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


尺メバルハンターであり、ロックフィッシュも得意とするマルチスペシャリト!

【Profile】
金丸竜児(かなまる・りゅうじ)
大手釣具メーカー勤務を経た後、自らルアーメーカー『RUDIE’S』を設立。得意とするライトゲーム用を中心に、数多くの個性的なアイテムを展開。特にグルーパー系ルアーは評価が高い。
 

金丸竜児が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ハタ喰い・魚子&根魚狩りジグヘッド(RUDIE’S)』

画像: 金丸竜児が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『ハタ喰い・魚子&根魚狩りジグヘッド(RUDIE’S)』

発光アイテムは前もって光らせておくのがキモ

金丸付属のラトルスティックは必ず装着します。程よいアピール力なので、装着してマイナスになることはないでしょう。ケミホタルなどの発光アイテムも装着できますが、使用する6~8時間前に光らせておくと、実釣時に違和感のない、ちょうど良い明るさになります

高活性な、しかも大きな魚を高確率で捕獲!!

金丸「完全に僕の個人的なイメージなんですが、シャッドテールワームはベイトフィッシュを比較的忠実に再現しているので、高活性な魚が喰ってくると思っているんです

そういう頭で使っているから使用頻度が高くなるし、実際昨年は良い釣果が出ていました。特に晩秋から冬に近付くシーズン終盤はまだ水温が高く、小型・中型のアカハタやキジハタが盛んにベイトフィッシュを追っているので、数釣りが楽しめます。逆に大型を狙いたいならば、産卵期に絡んだ春がオススメです

いずれも攻め方の基本はリフト&フォールで、テンションフォールを駆使して横方向の、ベイトフィッシュが無防備にスイミングしている様を演出してやります。この組み合わせで釣った最大魚は、アカハタの45センチ。かつてはアカハタは大きくなってもせいぜい40センチ止まりと言われていたんですが、ハタ喰い魚子は40アップを高確率で釣らせてくれる、頼れるワームになっています

画像: 金丸 「ハタ類は特にですが、マズメ時に喰いが集中します。こういう薄暗い時間帯は、ナチュラルに攻められる『 アカキン 』がオススメです」

金丸「ハタ類は特にですが、マズメ時に喰いが集中します。こういう薄暗い時間帯は、ナチュラルに攻められる『アカキン』がオススメです」



金丸竜児の“裏”T.O.Y.『ハタ喰い・蝦&根魚狩りジグヘッド(RUDIE’S)』

画像: 金丸竜児の“裏”T.O.Y.『ハタ喰い・蝦&根魚狩りジグヘッド(RUDIE’S)』

想定外のカップリングも有効!

金丸「根魚狩りジグヘッドはシャッドテールワームにウォブリングアクションを与えるために作ったんですが、クロー系ワームを付けてリフト&フォールやボトムバンプさせると、クローをバタつかせて良く動く&良く釣れる。正直、思わぬ『副産物』とでも言いましょうか(笑)」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.