幻のメコンオオナマズを求めてドラハンチームが向かったのはベトナム。往復22,000円のベトジェットエアに乗り込み、ほぼノープランだったが母なるメコン川にたどり着いた一行は、手を変え品を変え場所を変えたがノーフィッシュ…。さあどうなる3日目!?

その1を読んでない人はこちらをどうぞ↓



3日目。大渋滞を経て、釣り堀に到着

ガイドのウェンさんの運転で、ホーチミン中心街から約30キロ離れたピンチャン地区にある釣り堀へ。朝も昼も晩もスクーターとクルマで渋滞しまくりの道をひたすら移動していく。

釣り堀の情報は、「ベトナム100倍速」というブログを運営されている釣り好き日本人、朝日さんからゲット。ありがとうございました。

画像: 目的地の釣り堀はホーチミン中心街から30キロほど。ナビでは所要時間は1時間ほどと出ていたが…。

目的地の釣り堀はホーチミン中心街から30キロほど。ナビでは所要時間は1時間ほどと出ていたが…。

画像: 街から離れていくと、こんな感じで川というか水路というか、潮来の水郷地帯のような景色になってきた。

街から離れていくと、こんな感じで川というか水路というか、潮来の水郷地帯のような景色になってきた。

画像: 途中に見つけた雑貨屋さんでは釣りエサも販売していた。これはたぶんミルワーム。

途中に見つけた雑貨屋さんでは釣りエサも販売していた。これはたぶんミルワーム。

画像: 道端で売ってたロンガン。皮をむくとプリプリした白い実が美味。

道端で売ってたロンガン。皮をむくとプリプリした白い実が美味。

俺と上岡くんは前日に一応魚を釣っているけど、テッペイさんは丸ボウズ。だけど釣り堀だからなんとかなるでしょ、ってことで大荷物を広げて準備スタート。

朝日さんによると、ここはナマズとライギョが釣れるらしい。大きめの池が6~7つあって、移動は自由。ルアー釣りでもエサ釣りでもOKとレギュレーションはゆるめだ。

画像: 3日目は郊外の釣り堀へ。ルアー釣りをする人とエサ釣りする人がひとつの池に混在していた。料金はなんと1人1日200円!

3日目は郊外の釣り堀へ。ルアー釣りをする人とエサ釣りする人がひとつの池に混在していた。料金はなんと1人1日200円!

数分ごとに起こる激しいボイルの正体は・・・!?

「ジャバジャバジャバジャバ!!」

準備をしていると、池のあちこちで水面が沸き立つ。地元アングラーに混じってルアーをキャストしていた上岡くんが1尾目を掛けた直後、テッペイさんにも俺にもヒットした。

画像: 70センチクラスの見事なナマズ。地元では「カチャー」と呼んでいるらしい。ロッドはメガバス×ルアマガソルトのコラボ『ブチヌキ』。スピニングロッドだけど実はベイトリールでもイケるのだ。

70センチクラスの見事なナマズ。地元では「カチャー」と呼んでいるらしい。ロッドはメガバス×ルアマガソルトのコラボ『ブチヌキ』。スピニングロッドだけど実はベイトリールでもイケるのだ。

画像: テッペイさんは85センチのアルビノカチャー。「ものすごい引きだった!」。

テッペイさんは85センチのアルビノカチャー。「ものすごい引きだった!」。

画像: 黒目がちのカチャー。ロッドはいつものパックロッド・ワイルドサイド68M(レジットデザイン)だけど、全然問題なし。

黒目がちのカチャー。ロッドはいつものパックロッド・ワイルドサイド68M(レジットデザイン)だけど、全然問題なし。

ボイルした周辺にルアーを投げまくると、ガツンという衝撃とともに猛烈なファイト。

だけど100%スレ掛かりだった。カチャーは肉食ではないようで、ルアーが邪魔なのかすごい勢いで体当たりしてきた。

画像: 「ボイル」という言葉がぴったりで、水が沸騰するかのように数分おきにカチャーが水面で暴れていた。何を食っているかは謎。

「ボイル」という言葉がぴったりで、水が沸騰するかのように数分おきにカチャーが水面で暴れていた。何を食っているかは謎。

「あ~、気持ちいい」。靴を脱ぎ、靴下を脱いでレジャーシートに座り込んだテッペイさんが隣の池にバイブレーションをキャスト。

「お? 食った食った!」。

上がってきたのは…。

画像: サイズは小ぶりだが、カリブラにヒットしたベトナム産のライギョ。「釣れてホッとしたせいか、お腹が減ってきたよ(笑)」。「じゃあお昼ごはん頼みますね」と、ウェンさん。ホント気が利くガイドさんだ。

サイズは小ぶりだが、カリブラにヒットしたベトナム産のライギョ。「釣れてホッとしたせいか、お腹が減ってきたよ(笑)」。「じゃあお昼ごはん頼みますね」と、ウェンさん。ホント気が利くガイドさんだ。

「まだやり残したことがある」。ボウルを手にしつつ、テッペイさんは言った

メコンオオナマズを釣るべく、国内外の練りエサを入手していたドラハンチーム。残念ながら本命はキャッチできなかったが、カチャーでカタキを取ろうということに。

「ベトナムのエサは、ケーキみたいな匂いがするぞ」と、ボウルに入ったエサを素手でこねるテッペイさん。吸い込み釣り歴35年以上というだけに、手際よく仕掛けを池に投げ込んだ。

画像: 日本とベトナムの練りエサを準備したドラハンチーム。メコン川のカタキは釣り堀で討つ!

日本とベトナムの練りエサを準備したドラハンチーム。メコン川のカタキは釣り堀で討つ!

画像: 吸い込み仕掛けを投入したら、あとはアタリが来るのを待つだけ。テッペイさんが赤いTシャツなのは、汗だくで着替えたから。

吸い込み仕掛けを投入したら、あとはアタリが来るのを待つだけ。テッペイさんが赤いTシャツなのは、汗だくで着替えたから。

画像: 運転手兼ガイド兼通訳のウェンさんはハンモックで休憩中。ギャラはワゴン車とガソリン代込みで1日1万円程度だった。

運転手兼ガイド兼通訳のウェンさんはハンモックで休憩中。ギャラはワゴン車とガソリン代込みで1日1万円程度だった。

「チリンチリンチリン!」。テッペイさんが竿先に取り付けた鈴が鳴り響く。「そろそろかな…」と言いつつ渾身の力でフッキング! 

画像: 怪魚用に設計されたデプス・ヒュージカスタム3ピースが弧を描く! そしてテッペイさんが竿をあおるたびに「チリンチリンチリン!」と鈴の音が。ここはベトナム。

怪魚用に設計されたデプス・ヒュージカスタム3ピースが弧を描く! そしてテッペイさんが竿をあおるたびに「チリンチリンチリン!」と鈴の音が。ここはベトナム。

画像: 見事、吸い込み仕掛けでカチャーをキャッチ。日も傾いてきたので、お開きとすることに。

見事、吸い込み仕掛けでカチャーをキャッチ。日も傾いてきたので、お開きとすることに。

ひとまずミッション達成。しかし予想外のトラブル…

夕食後に街をブラついていると、1台のスクーターが猛烈な勢いで逆走してきたかと思うと、なんと上岡くんのアイフォンをひったくっていった。ドラハンチーム、万事休す!

画像: とりあえず警察署へ駆け込んだが、どうなることやら。あと1日で帰国なんだけど…。

とりあえず警察署へ駆け込んだが、どうなることやら。あと1日で帰国なんだけど…。

その3へつづく…。

関連記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!






This article is a sponsored article by
''.