ルアーマガジン・ソルト読者投票によるその年の人気タックルを決めるランキング企画「タックル・オブ・ザ・イヤー(T.O.Y.)」。もちろん、雑誌や動画など、各種メディアで活躍するプロアングラー達にもT.O.Y.が存在する! 今回は東京湾ボートフィッシングガイドとしてシーバスやクロダイをメインに、キャスティングやジギングでの青物、ティップランエギングとあらゆるボートルアーゲームに精通するエキスパートが選んだ2019年最も印象深かったルアーをご紹介!


東京湾のボートフィッシングガイドといえばこの御方!

画像2: 遠藤正明2019年ベストルアー! 大人気バス用ビッグミノーは“シーバスでも効果絶大!!”『アシュラ O.S.P ルドラ130S(O.S.P)』

【Profile】
遠藤正明(えんどう・まさあき)
横浜新山下シーバスガイド&チャーターボート「アイランドクルーズ(icfc)」のチーフキャプテン。その人当たりの良さと明るいキャラクターで抜群の人気を誇る船長だ。

遠藤正明が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『アシュラO.S.Pルドラ130S (O.S.Pinc.)』

画像: 遠藤正明が選んだ2019年“俺のT.O.Y.ルアー”『アシュラO.S.Pルドラ130S (O.S.Pinc.)』

バス用ルアーがソルトでも“寄せ&喰わせ力”を発揮!

ブラックバスをメインターゲットとして開発されたミノーだが、寄せる力と喰わせる力を両立させた設計がシーバスにもマッチ。軽快なトゥイッチとフルフラットボディによるフラッシングで、とくにハイプレッシャーエリアでの大型キャッチ率が高い。

画像: ルドラ、ヴァルナで狙う東京湾ボートシーバスゲーム【遠藤正明】 www.youtube.com

ルドラ、ヴァルナで狙う東京湾ボートシーバスゲーム【遠藤正明】

www.youtube.com


左右へ飛ばして気付かせてから止める!

遠藤「定番ではありますが昨シーズンはルドラのSとSPが良く釣れていました。とくにSの、ボクのオリジナルカラーではありますがダブルチャートコノシロが効きましたね」

画像: アイクルダブルチャートコノシロ PTS86

アイクルダブルチャートコノシロ PTS86

どんな場所で釣れていたんですか?

遠藤羽田周辺から河口部の沖。そんなオープンエリアのデイゲームで70up、80upが出ていました」

良いサイズばかりですね!

遠藤「晩秋から年末にかけて、その周辺にはコノシロが集まっていて、それを喰いに5~6kgはあるコンディションの良いシーバスが狙えるんです。たぶん河口なのでプランクトンといったエサが豊富で、それをベイトフィッシュが喰いにきているんだと思います」

どう釣っていくんですか?

「ただ巻きでもストップ&ゴーでも釣れますが、ジャークして左右へバンバン飛ばしていって、気付かせては止めて…を繰り返しいくとバカでかい個体がドーン!と喰ってきます。それで安定して釣れているのがルドラなんです」

画像: 遠藤 「年末でもオープンエリアでのデイゲームですごく良く釣れていました。80cm6kgといったブリッブリのシーバスを手にすることができましたよ!」

遠藤「年末でもオープンエリアでのデイゲームですごく良く釣れていました。80cm6kgといったブリッブリのシーバスを手にすることができましたよ!」

遠藤正明の“裏”T.O.Y.『プロレックス ライブトラウトスイムベイト(DAIWA)』

画像: 遠藤正明の“裏”T.O.Y.『プロレックス ライブトラウトスイムベイト(DAIWA)』

スレたコノシロ付きに効果絶大!

遠藤「前まではスイムベイトって釣れないって思っていたんですが、知り合いの船長が横で90UPを掛けてから考えが変わりました。コノシロに付いているシーバスがスレてきたら、これを投げてみてください。おすすめはズバリJPスペシャルのコノシロカラーです!」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.