もっとクランクベイトを使いたい。でも、「根がかりが怖くて投げられない…」というアングラーは多いのでは? そんなアナタにこそ使ってほしい釣れ筋シャロークランクがジャッカルから登場します!!


最近、クランクベイト投げてます?

みんな大好きクランクベイト。これぞ、バスルアーの代表格!!

の、はずなのに、近年、SNS等でクランクベイトの釣果を目にする機会が減ってきている気がします。

その一番の理由は、根がかりが怖いからだと断言しましょう(自分がそうなんで)。これがボートなら、各種根がかり回収機を駆使してサルベージ可能。シャロークランクなら、まずなくすことはありません。でも、オカッパリだとひるみがち。

だからといってこのご時世、なにもないオープンウォータークランキングで釣れるほど甘くない!

じゃあいったいどうすれば…?

その答えはとっても明快で、根がかりしにくいクランクベイトを使えばいいんです。

そこで頼りになるのが『ブロックリッパー』ですよ。

画像: 2020ジャッカル新製品『ブロックリッパーSR』

2020ジャッカル新製品『ブロックリッパーSR』

開発に携わったのは、いまやYouTuberとして大活躍中の岸釣リスト、馬場拓也さん。

画像2: 激シャロー上等!! オカッパリの達人が作った、オカッパリクランク『ブロックリッパーSR』で障害物周りをガンガン攻めよう!!

【Profile】
馬場拓也(ばば・たくや)
茨城県の北部出身だが、バスフィッシングを究めるべく霞ヶ浦水系が位置する南部へ移住して幾年月。元ショップ店員のキャリアを活かした現場発信のスキルとテクニックが共感を呼ぶ。愛称は“ババタク”。

馬場さん曰く、「オカッパリで直面する斜め護岸やシャローフラットに点在する石、沈みテトラの上っ面などを効率よくサーチできます」。

言うまでもなくそれは、根がかり回避能力に長けているからなんですね!

名は体を表す!!

そもそもブロックリッパーはすでにMRモデルが先行発売されていて、各地で実績を上げているのはご存知でしょうか。

名前のとおり、(消波)ブロックを巧みにかわしてくれる、これまで攻められなかったきわどい場所を積極的に狙っていける。そういうややこしい場所ってワームはひっきりなしに投入されるけれど、クランクベイトは誰も通さないから、得てしてすごくイージーに食ってきたりするんですよね。

画像: 上が『ブロックリッパーSR(プロト)』、下が昨年春に発売された『ブロックリッパーMR』。SRの潜行深度は0.8m、MRは1.5m。

上が『ブロックリッパーSR(プロト)』、下が昨年春に発売された『ブロックリッパーMR』。SRの潜行深度は0.8m、MRは1.5m。

根がからない理由は“ダックビル”にアリ!!

ブロックリッパーのリップは、コフィンに近いけれど、角のとれた“ダックビル”を採用。

障害物にコンタクトして躱した瞬間にルアーが障害物から離れ過ぎず、一瞬のバイトチャンスも逃さない進化型のリップなんですね。

画像: ジャッカル独自の“ダックビル”。同社の名作クランク、マッシュボブやDビルシャッドにも搭載されている信頼のリップです。

ジャッカル独自の“ダックビル”。同社の名作クランク、マッシュボブやDビルシャッドにも搭載されている信頼のリップです。

もちろん根がからない理由はボディの浮力を含めたトータルバランスにもあって、それは釣れる理由にも直結しています。

画像: ブロックリッパーSR:BIRDEYE VIEW

ブロックリッパーSR:BIRDEYE VIEW

画像: ブロックリッパーSR:BELLY VIEW

ブロックリッパーSR:BELLY VIEW

48mmという小ぶりなサイズ、そしてシャッドと一般的なラウンドクランクの中間的な派手すぎないウォブルアクションも『ブロックリッパー』の個性となっています。

狙うエリアや水深に応じて『SR』と『MR』を使い分けることで、オカッパリシャロークランキングの精度が高まることは間違いありません!!

発売時期のジャッカル社公式発表はまだですが、まもなく迎える春の巻き物シーズンに間に合ってほしいところですね!!



関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.