晩秋から冬にかけて沖で過ごしていたアオリイカたちは、春になると産卵のために接岸してくる…そう、春のエギングは浅場へと入ってくる親イカがメインターゲット! オカッパリからデカイカが狙える恰好のシーズンなのです。今回は世界中にエギングの楽しさを広める伝道師であり、確かなテクニックと分かりやすい解説でお馴染みのエギングマイスターに春エギングのオススメカラー3色を選んでいただきました!


解説して頂くのは日本が誇るアカデミックエギンガー!

【Profile】
川上英佑(かわかみ・えいすけ)
学術的なアプローチも駆使してエギングに挑み続けている、ヤマリアのエギングブレーン。YAMASITA Maria認定の、卓越した釣りの技術を持ち合わせた社内スタッフ『フィッシングマイスター』でもある。

第1位! ブルーポーション

画像1: エギ王ライブ(ヤマシタ)

エギ王ライブ(ヤマシタ)

一生に1本しか選べないなら、このカラー!!

川上「まずは日中だと紫外線発光のケイムラ系カラーが圧倒的に有効で、これは早春でも春イカのピーク時でも、基本的には変わりません。発光アピールだけでなく光を透過するのでハイプレッシャー時に強く、春イカの時期にありがちな人口密度の高いフィールドでも一歩抜きん出ています。または何杯か釣った後、そのフィールドに見切りを付けるための目安を判断する『クローザー』としても使います。一生に1本しか選べないなら、間違いなくコレです!」

第2位!カクテルオレンジ

画像: エギ王K(ヤマシタ)

エギ王K(ヤマシタ)

ナイトゲームには赤テープの存在感が必須!!

川上「一方のナイトゲームにオススメなのがコレ。赤テープが一番のポイントで、光量が少ない状況でも鈍い光を放ち、シルエットが出やすいので存在感をアピールできます。背中はオレンジとピンクの混合色で、ほんの少しでも灯りがあれば水面付近まで昇ってくるとアングラーから見やすい。ナイトゲームにありがちな、足元にエギがあるのに思いっ切りシャクってしまってブッ飛んでくる…なんてトラブルも防ぎやすいです」



第3位!チラツキイワシ

画像2: エギ王ライブ(ヤマシタ)

エギ王ライブ(ヤマシタ)

フラッシング&発光で、デイもナイトもお任せ!!

川上「ホログラムシートをカッティングして貼り付けた『デザインホロ』を採用して、ベイトフィッシュのウロコから放たれるフラッシングを演出できます。しかもイカの眼が捉えやすい490グローをボディカラーに加えているので、デイゲーム、ナイトゲームのどちらにも通用するカラーになっています。日中のニゴリの中でも490グローのボディ発光で存在感をアピールすれば、ナチュラルベイト系にもかかわらず目立ち度は高いです」

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

川上さんに関する記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.