手軽に、そしてテクニカルに楽しめるアジング。その主戦場が漁港だ。「ただ釣り人が多すぎる、ってことありますよね。そういうときは磯やサーフ! イージーに釣れます!」。房総アジングの開祖が“脱・漁港”を提唱する。今回は磯とサーフのポイント選びについてご紹介致します。


教えてくれるのは旬な魚を狙いまくるスーパーマルチアングラー!

画像2: 磯砂アジングの決め手は“ベイト”にあり! 渡邉流ポイント選択術!!

【Profile】
渡邉長士(わたなべ・たけし)
10代からルアーでアジを釣りはじめ、そのキャリアは20年を超えるアジングのパイオニアの一人。生まれ育った房総半島をホームに旬のターゲットを追うソルトルアーフィッシングのエキスパートだ。

前回の復習はコチラ!

前回は渡邉さんに、アジングの定番ポイントとなる漁港ではなく、普段あまり知られていないサーフや磯でのアジングの魅力を語って頂いた。今回は全国でも共通する磯砂アジングのポイント選びについて教えて頂きました!

磯もサーフも釣り場選びはベイトフィッシュがマストの条件!

ルアーマガジンソルトの実釣取材で渡邉さんが選んだ磯は、漁港入口に隣接する外海に面したロケーションだ。

渡邉「磯といっても、堤防の先端のイメージです。マヅメで漁港を出入りする魚の通り道になるし、磯付近に居付くアジも多いです」

実釣前に港内でサビキ釣りをしている人に釣果を聞くと、アジの姿はなし。漁港から目と鼻の先の磯では1投目から4連続ヒット

画像: 磯もサーフも釣り場選びはベイトフィッシュがマストの条件!

渡邉「良くあることです。漁港は入ってきた魚しか狙えない。入ってこないこともある。磯は周辺に居付く魚も、回遊してきた魚も狙える。漁港と比べて時合いが長い傾向にあるのも磯の特長です」

渡邉的! おすすめ磯アジングポイント

画像3: 磯砂アジングの決め手は“ベイト”にあり! 渡邉流ポイント選択術!!

アジの実績のある漁港外側
アジの実績の高い漁港は、周辺にアジのストック量が多いから港内に入りやすい。外の磯に一歩踏み出せば、港内はアタリもないのにバタバタ釣れることは珍しくない。

渡邉「漁港の目の前に手付かずのアジがたくさん居る、という磯は全国どこにでもあるはずです!

画像4: 磯砂アジングの決め手は“ベイト”にあり! 渡邉流ポイント選択術!!

深場に隣接したシャローは大型の期待大
磯のワンドや入り江は、浅瀬にベイトフィッシュがさしやすい好スポット。

渡邉「青物が釣れるような潮通しの良い深場が隣接するシャローは、大型のアジが捕食で上がってきやすい。尺アジを狙って獲るなら深場が近い磯のシャローです

サーフの特長は?

渡邉「ベイトフィッシュは夜にシャローにさす。ナイトゲームになりますが、サーフも磯もポイント選びはベイトフィッシュがマストです

渡邉的! おすすめサーフアジングポイント

画像5: 磯砂アジングの決め手は“ベイト”にあり! 渡邉流ポイント選択術!!

意外なほどの浅瀬にアジはいる!
サーフでアジが釣れるのは、上記写真のようなシャロー。
渡邉「水深は2mもない。アジが付ける根や障害物があればベスト。潮が澄んでいれば少し波気があっても釣れます。砂が舞い上がって濁る底荒れをしたらNG

小規模サーフでは常夜灯があればベター
サーフは夜間に浅瀬にさしたベイトを捕食するアジを狙う。
渡邉「ヒラメを釣るような流れの速い広大なサーフより、湾状の穏やかで小規模なサーフのほうが、アジのエサになる小魚がたまりやすい。常夜灯があれば、ベイトフィッシュもアジも集まりやすいです」

画像7: 磯砂アジングの決め手は“ベイト”にあり! 渡邉流ポイント選択術!!

流れ込みがある小規模サーフも有望
穏やかな小規模サーフにある流れ込みは、小魚を寄せる要素になる。
渡邉「とくに早春は稚アユが接岸する時季で、流れ込みはアジを引きつけるファクターになります」

では、次はサーフで実釣を!

渡邉「その前に、まだ潮位が低いので同じエリアの磯がらみの漁港で、ベイトフィッシュやアジが居るかを確認しておきましょう。サーフは潮位が高いほうが、シャローにベイトフィッシュがさして、射程圏内に入りやすいですからね。アジが居ればライズも見られます」

漁港にアジが居れば、同じエリアの磯やサーフにも居る可能性が高いということになる。

渡邉「んっ!? ここでアタらない。ベイトフィッシュも居ない。三日前までは来るたびに必ず釣れていたんですけど…。昨日から吹く強い南風で海が変わりましたね。とくに外房南部は、強い南西風で水温が下がるんです」

近くにある、いつもは釣り人が絶えない漁港も人影はなし。

渡邉「こうなると、入ろうと思っていたサーフも釣果は期待薄ですね」

強風で波打際に立てるサーフは限られる。しかし、天候や風向きを見ながら上記のような磯やサーフのポイントを選べば高活性なアジを狙うことが出来るのだ!

高活性だからハードルアーも有効!

画像8: 磯砂アジングの決め手は“ベイト”にあり! 渡邉流ポイント選択術!!

実釣では極小スプーンの豆タン(DAIWA)にもヒット。
渡邉「磯やサーフのアジは活性が高いので、アピール力のあるハードルアーも効果的。ジグヘッドリグのようにワームがズレないので時合いで手返し良く撃てて、フグ対策にも有効です」

次回は磯アジ&砂アジ攻略ルアーをご紹介致します!



この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!

渡邉さんに関する記事はコチラ!




This article is a sponsored article by
''.