3月に入り温かい日が続き、全国各地で春バスの釣果が聞こえ出した今日この頃。今回全国のルアマガ読者から春に実績のあるルアーを募集し、その投稿をもとに春ルアーを集計。実際に釣果の上がっているベスト10をピックアップ! トップから巻き物、話題の新作モデルまで、幅広く支持されているのが分かる。これを持っていれば春バスに出会えること間違いなし!?


ワイルドハンチ(モード/エバーグリーン)

画像: ワイルドハンチ(モード/エバーグリーン)

世代を超えて愛されるジャパンメイドクランクの名作

発売以降、人気が衰えることのないクランクベイトのロングセラーシリーズ。霞ヶ浦・北浦などをメインに、マッディなフィールドでの実績が多くランクイン。また、寄せられた釣果にはグッドサイズが多かったのも見逃せない。春のビッグワンを狙って信じて投げられる信頼のクランクだ。

ハイピッチャーシリーズ(O.S.P.)

画像: ハイピッチャーシリーズ(O.S.P.)

場所を選ばず投げられるコンパクトスピナーベイト

野池から河川、大規模フィールドまで、場所を選ばずよく釣れていたスピナーベイトがハイピッチャー。絶妙なサイジングとクセのない使い心地が支持されて、どんなランキングにも必ず上位になるモデルだ。もちろん春にも実績は高く、ボックスには忘れず忍ばせておきたい。

ポンパドールシリーズ(ジャッカル)

画像: ポンパドールシリーズ(ジャッカル)

楽しく使ってよく釣れる水面狂騒者

一部マニアの嗜好品のような扱いだった大きめのクローラーベイトを、一般アングラーの実戦武器にまで浸透させたのがポンパドールだ。ゆっくり巻くだけで楽しい音色を奏で、水面を割るバスの迫力のバイトシーンを味わうことができる。主に野池やリザーバーでの釣果投稿が多かった。

マッシュボブ(ジャッカル)

画像: マッシュボブ(ジャッカル)

ボトムをガンガン攻められる脅威の根掛かり回避性能

マッシュボムの強みはその根掛かり回避性能で、消波ブロック帯やゴロタ場などをガンガン攻めることができる。ボトムに当たってからの身を翻すようなエスケープアクションが最大のバイトチャンス。ソフトベイトでは味わえない、クランクベイトならではのバイトをぜひ体感してみよう。

i×iシャッドシリーズ(メガバス)

画像: i×iシャッドシリーズ(メガバス)

奇跡のコラボで生まれた名作フラットサイドシャッド

ボールベアリングを採用した重心移動システムにより、飛びにくいとされる扁平ボディでありながら爆発的な飛距離を生み出す。当然、強風下でも使いやすい。フラットサイドの明滅アクションは春に強烈にハマるシチュエーションがあり、すでに各地で好釣果が報告されている。



レゼルブシリーズ(ディスタイル)

画像: レゼルブシリーズ(ディスタイル)

クレバーなバスを騙す小魚系小型クローラー

水面に横になって浮く小魚をイミテートした大胆なデザインしたレゼルブ。数匹の小魚が水面でもがくようなアクションで、スレたバスにも口を使わせる。水温の高い時期のイメージがあるが、春にも実績は高い。クリアなフィールドからの釣果報告が目立った。

TNシリーズ(ジャッカル)

画像: TNシリーズ(ジャッカル)

春といったらこれ、実績抜群の超定番バイブ

抜群の飛距離で広範囲をサーチできるTNバイブは、特に春の実績が高い。野池のボトムレンジを巻いたり、琵琶湖のウィードを切りながら巻くのにもぴったり。サイズ・ウェイト展開やサウンドバリエーションが豊富なのも嬉しい。根掛かりに強いので、ハードボトムも恐れず投げられる。

デラクーシリーズ(ジャッカル)

画像: デラクーシリーズ(ジャッカル)

ボウズ逃れだけじゃない野池の秀才ルアー

サイズを選ばずバスを反応させられるテールスピン系ルアーで、厳しいときのお助けルアー的存在だ。巻くだけでイージーに釣れるので、ビギナーアングラーにもオススメ。その実力は侮れず、ハマれば他を圧倒するヒットパターンになることも。野池での50アップの釣果報告もあった。

レベルバイブシリーズ(レイドジャパン)

画像: レベルバイブシリーズ(レイドジャパン)

よく飛びよく釣れる次世代の野池の覇者

今や野池バイブの代名詞とも言える存在になったレベルバイブ。やはり、釣果報告も野池からが圧倒的に多かった。全国のどこにでもあるような野池がレベルバイブの仕事場。思い切り遠投してボトム付近を引いてくるだけで、その釣れっぷりが味わえるはず。あとはリフト&フォールも忘れずに。

ダッジ(レイドジャパン)

画像: ダッジ(レイドジャパン)

春に水面でビッグバスを出すならダッヂ

釣れるトップとして不動の地位を確立したダッジは、当然春でもよく釣れる。やはりビッグバスの報告が多く、リザーバーでロクマルキャッチの投稿も寄せられた。スローに焦らすように巻いてくるため、水温の上がり切っていない春のタイミングでもバスを水面までおびき寄せやすい。

この記事が掲載されている『ルアーマガジン』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.