『ルアーマガジン』誌で毎年年末に開催している読者投票企画「T.O.Y.(タックルオブザイヤー)」。実際に道具を買っている読者が選んだ商品は何なのか。それこそ、ある意味「1番釣れる」道具ということも言えるかもしれません。2019年を通してもっとも支持を集めたバス釣りスピニングリールランキング発表です!

"T.O.Y. タックル・オブ・ザ・イヤー"とは?
『ルアーマガジン』と『ルアーマガジン・ソルト』にて、その年に最も信頼できるタックルを読者の皆様から募集。時代の流行りや風潮を読み解くこともできる、1年間を総括する人気ランキングなのだ!
※投票は『ルアーマガジン 2019年8月号』『同 2020年1月号』、『ルアーマガジンmobile』アンケートの集計結果に基づきます。
貴重なご意見ありがとうございます!



2019年スピニングリール部門

ハイグレードモデル有利と言われるスピニングリール部門。
ミドルクラスの雄「NEWストラディック」が、並み居る同門モデルとの上位対決を制し、デビューイヤーでT.O.Yに輝いた!

ベイトリール部門はこちら!

【1位】ストラディック STRADIC【シマノ】

【390pt】新登場!

生まれ変わったストラディックはクラスを凌駕するハイスペック

初代ストラディックの登場から4年目の2019年リリースされた「NEWストラディック」には、フラッグシップモデル「ステラ」の血統が息づいている。マイクロモジュールギアⅡとサイレントドライブがもたらす巻き心地、優れた耐久性を持つHAGANEギア、遠投力向上させるロングストロークスプールなど、そのスペックはハイエンドモデルに迫る仕上がりだ。

画像2: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) リール 19 ストラディック C3000HG
ギア比: 6.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg): 3.5/9.0
自重(g): 225
スプール寸法(径/ストローク)(mm): 47/17
糸巻量:ナイロン(号-m) 2.5-180、3-150、4-100/ フロロ(号-m) 2.5-160、3-130、4-100/ PE(号-m) 1-400、1.5-270、2-200
最大巻上長(cm/ハンドル1回転): 89
ハンドル長(mm): 55
ベアリング数 BB/ローラー: 6/1
¥18,700
2020-03-19 14:39

【2位】19ヴァンキッシュ Vanquish【シマノ】

【312pt】新登場!

画像3: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:145~220g ●ギア比:4.6~6.4 ●最大巻き取り長:58~101cm ●糸巻き量:2lb-80m~4号-170m ●最大ドラグ力:3~11kg ●ベアリング:11/1~13/1 ●価格:57,000円~59,800円(税抜き)

軽さ、強さ、飛距離を兼ね備えたクイックレスポンスシリーズの新たなる盟主

徹底的な軽量化、HAGANEボディとHAGANEギアによる剛性UP、約4%の飛距離向上をもたらすロングストロークスプール搭載をすることで、大幅な戦闘力アップを果たした。145gの軽さを誇る1000Sを筆頭に、シリーズすべてがもたらす軽快な使用感は、フィネススタイルをメインとするアングラーから絶大な信頼を集める。

画像4: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SHG
ギア比:6.1
C2000SHG:ライトソルトから渓流トラウトまでなんでもこなせる。#1000HG系のスタンダードモデル。
自重(g):145
実用ドラグ力(kg):2.0 / 最大ドラグ力(kg):3.0
スプール寸法 (径/ストローク)(mm):43/13.5
ナイロン糸巻量(lb-m):3-125、4-100、5-75 / フロロ糸巻量(lb-m):3-110、4-85、5-65 / PE糸巻量(号-m):0.6-150、0.8-110、1-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):82
ハンドル長(mm):45
ベアリング数 (BB/ローラー):11/1
¥43,600
2020-03-19 15:13

【3位】18ステラ STELLA【シマノ】

【288pt】前年6位

永遠に巻き続けていたくなるシルキーフィールを体感せよ

シマノの至宝・ステラが3位にランクイン。ギアの歯面一つ一つの設計をこだわった、軽やかかつ滑らかな巻き心地は他の追随を許さない。ボディ(ローラークラッチ)部とラインローラー部に撥水処理を施すXプロテクトが、ステラの真髄ともいえる滑らかなリーリングフィールを守り続ける。

画像6: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) リール スピニングリール 18 ステラ 2500SHG
ギア比:6.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
自重(g):205
スプール寸法(径/ストローク)(mm):47/17
ナイロン糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70
フロロ糸巻量(lb-m):4-130、5-100、6-80
PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):89
ハンドル長(mm):55
¥63,064
2020-03-19 15:11

【4位】16ヴァンキッシュ Vanquish【シマノ】

【240pt】前年1位

画像7: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:155~240g ●ギア比:4.3~6.4 ●最大巻き取り長:57~99cm ●糸巻き量:2lb-170m~5号-115m ●最大ドラグ力:3~11kg ●ベアリング:11/1~13/1 ●価格:54,500円~58,800円(税抜き)

19モデルの登場後も愛用者の多い名作スピニング

昨年まで2年連続でTOYに輝いていた名機は、軽さと強さ、そして巻き心地という要素を高い次元で実現させた、シマノ・クイックレスポンスシリーズの代名詞的モデル。昨年に後継モデルが登場したが、16モデルも実力は一級品。

【5位】18カルディア CALDIA【DAIWA】

【204pt】前年24位

画像8: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:170~315g ●ギア比:4.8~6.2 ●最大巻き取り長:60~105cm ●糸巻き量:2.5lb-100m~30lb-150m ●最大ドラグ力:5~12kg ●ベアリング:6/1 ●価格:22,100円~29,700円(税抜き)

軽さと強さを両立させたDAIWAスピニングリールの中核モデル

LT(ライト&タフ)コンセプトにより、各部の軽量化とギアシステムの強靭化を実現したミドルクラスの中核をなすモデル。さらにマグシールドやATDなどの高性能機構を採用しながらも、実売でおよそ2万円というプライスも大きな魅力。

画像9: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 2000 カルディア(2018) LT2000S
スピニングリールサイズ:2000
主な用途:アジング メバリング
自重(g):170 最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):2.5-200、3-150、4-100 PE(号-m):0.4-200、0.5-170、0.6-150
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):68 ギヤー比:5.2
ハンドル長さ(mm):40 ハンドルノブ仕様:I型
ベアリング(ボール/ローラー):6 / 1
¥17,168
2020-03-19 15:43


【6位】セオリー THEORY【DAIWA】

【180pt】前年2位

画像10: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:155~335g ●ギア比:4.8~5.7 ●最大巻き取り長:60~101cm ●糸巻き量:2lb-150m~20lb-200m ●最大ドラグ力:2~8kg ●ベアリング:7/1 ●価格:31,000円~38,000円(税抜き)

ミドルクラスの評価軸となる軽さと機能性を実現

2017年デビュー時に、2500番台で185gというハイエンドを凌ぐ軽量化を果たし、いまだに高い人気を誇る中位モデル。巻き出しの軽さをもたらすエアローターやマグシールドの防水構造など、数々の機構を搭載している。

画像11: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2508PE-H (2500サイズ)
スピニングリールサイズ:2500
使用できる釣法:エギング アジング メバリング タイラバ
主なターゲット:ブラックバス トラウト アジ メバル アオリイカ シーバス ヒラメ マゴチ タチウオ マダイ
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):5-160、6-120
自重:190g
ギア比:5.6 巻取り長さ:84cm(ハンドル1回転あたり)
最大ドラグ力:7kg
ハンドル 長さ:55mm ノブ仕様:I型 ハンドルノブS交換可
付属品:リールバッグ/調整ワッシャー/RCSスプール対応用ワッシャー
¥22,404
2020-03-19 15:46

【7位】17コンプレックスCI4+ COMPLEX CI4+【シマノ】

【174pt】前年3位

バスフィッシング専用機に要求される最新機構を投入!

高剛性で回転慣性の低いNEWマグナムライトローターや高い防水効果を持つコアプロテクトをはじめ、上位機種と遜色ない機構をふんだんに盛り込んだバス専用モデル。フィネスな釣りにマッチする操作感が、幅広く支持されている。

画像13: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
シマノ(SHIMANO) リール 17 コンプレックスCI4+ 2500S F6
ギア比:5.0
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
自重(g):185
スプール寸法(径mm/ストロークmm):46.5/14.5
ナイロン糸巻量(lb-m)/フロロ糸巻量(lb-m)/PE糸巻量(号-m):5-130、6-110、8-80/5-130、6-100、8-75/0.8-200、1-150、1.2-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):73
ハンドル長(mm):50
ベアリング数S A-RB/ローラー:9/1
NEWマグナムライトローター:ラインローラー側の肉抜きに成功。回転慣性が最大約14%低減。常識を覆す異次元の回転軽さを実現したNEW マグナムライ...
¥24,709
2020-03-19 15:50

【8位】18フリームス FREAMS【DAIWA】

【165pt】初登場!

画像14: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:185~330g ●ギア比:5.2~6.2 ●最大巻き取り長:64~105cm ●糸巻き量:2.5lb-100m~30lb-150m ●最大ドラグ力:5~12kg ●ベアリング:5/1 ●価格:16,300円~25,00円(税抜き)

LTコンセプトを体現するハイスペックエントリーモデル

DAIWAのスピニング思想「LT」から生まれたエントリーモデルであり、クラスを超える数々の機能を搭載。マグシールドやタフデジギア、ロングキャストスプールがもたらす、そのスペックはミドルクラスに迫る完成度を誇る。

画像15: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 2000 フリームス(2018) LT2000S-XH
スピニングリールサイズ:2000
主な用途:アジング メバリング トラウト
自重(g):190 最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量 ナイロン(lb-m):3-150 PE(号-m):0.4-200
巻取り長さ(cm):81 ギヤー比:6.2
ハンドルノブS交換可/ソルト対応
ベアリング(ボール/ローラー):5/1 マグシールド/ATD/エアローター/タフデジギヤ
¥11,103
2020-03-19 15:56

【9位】15ルビアス LUVIAS【DAIWA】

【151pt】前年8位

画像16: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:175~250g ●ギア比:4.8~5.6 ●最大巻き取り長:60~95cm ●糸巻き量:2lb-150m~8lb-200m ●最大ドラグ力:2~7kg ●ベアリング:8/1 ●価格:31,600円~35,200円(税抜き)

シリアスアングラーに愛され続けたロングセラーモデル

デビューは2015年ながら、軽量エアローターによる軽い巻き心地やライトラインに適したドラグ性能などを備え、いまだに愛用者の多いミドルグレードスピニング。今年、5年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、NEWモデルへスイッチ。

画像17: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ルビアス 2508PE-H (2500サイズ)
スピニングリールサイズ:2500
使用できる釣法:エギング タイラバ
主なターゲット:ブラックバス アオリイカ シーバス クロダイ タチウオ
標準巻糸量ナイロン(lb-m):5-160、6-120、標準巻糸量PE(号):0.8-150、1-120
自重:200g
巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):84cm
ギア比:5.6
最大ドラグ力:7kg
¥23,955
2020-03-19 17:31

【10位】ロキサーニ ROXANI【アブ・ガルシア】

【138pt】前年19位

画像18: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

【スペック】
●重量:206~261g ●ギア比:6.2 ●最大巻き取り長:83~100cm ●糸巻き量:4lb-100m~16lb-150m ●最大ドラグ力:3~5.2kg ●ベアリング:6/1 ●価格:14,000円~15,600円(税抜き)

レボシリーズの遺伝子をもつハイバリューモデル

アブ・ガルシアのフラッグシップスピニング「レボ」からフィードバックを受けた、戦闘力の高いエントリーモデル。釣りスタイルに合わせてドラグセッティングを変えられる、独自性の高い「2ウェイドラグ」機構を備える。

画像19: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】
アブガルシア (Abu García) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2500MSH
自重(g)226
ギア比:6.2:1
最大ライン巻き取り長(cm)87
最大ドラグ力(Kg)5.2
ラインキャパ(ナイロン、フロロ:m)12lb-120m
ラインキャパ(PE号:m)2号-150m
6ステンレスHPCRベアリング+1ローラーベアリング、うちピニオンギア部はソルトシールドベアリング搭載
AMギアリングシステム搭載
COGデザイン
¥8,538
2020-03-19 17:34

当部門11~30位までのランキング

順位得点メーカー商品名
11位133ptシマノ17アルテグラ
12位121ptDAIWAレブロス
13位114ptDAIWA15イグジスト
14位108ptDAIWA17イージス
15位101ptシマノストラディックCI4+
16位97ptDAIWA18イグジスト
17位93ptDAIWAレガリス
18位90ptDAIWA19セルテート
19位88ptシマノ13コンプレックスCI4+
20位85ptDAIWAスティーズ
21位79ptシマノ14ステラ
22位72ptシマノ15ツインパワー
23位66ptアブ・ガルシアレボMGX
24位60ptシマノバイオマスター
25位58ptDAIWAイグニス タイプR
26位56ptシマノナスキー
27位54ptDAIWAバリスティックFW
28位49ptアブ・ガルシアカーディナル2STX
29位44ptシマノ07ステラ
30位42ptシマノ15セドナ

お馴染みT.O.Y.ウォッチャー3人組のスピニングリール部門トーク

画像: 左から『ルアーマガジン』古川、戸村竜太さん、センドウタカシさん。メーカーさまからクレーム覚悟の言いたい放題でお届けいたします。

左から『ルアーマガジン』古川、戸村竜太さん、センドウタカシさん。メーカーさまからクレーム覚悟の言いたい放題でお届けいたします。

中堅モデルが大躍進、実用的で満足度高し!!

古川「正直なところ、この順位は意外でした。スピニングリール部門は、なんと初登場のストラディックが首位に輝きました」

戸村「2位はヴァンキッシュ、3位はステラ。スピニングリールの2大トップランカーを抑えて、エントリー/ミドルクラスモデルが1位になったのか」

古川「ストラディックは去年のサプライズ。フィッシングショーには出さず、HPでいきなり情報解禁&発売されたモデルです」

千藤「ストラディックはコストパフォーマンスに優れたモデル。いつか使ってみたいという憧れで投票するモデルではない。あくまで実用的な選択肢だね」

古川「つまり皆さん実際に買ったんでしょうね。手頃な値段で、見た目もカッコいい。しかもHAGANEボディ&ギアを採用するなど作りはとても堅牢です」

千藤「DAIWAは5位カルディア、6位セオリー。つまりヴァンキッシュとステラ以外はすべて現実的なセレクトです。ちなみに僕の注目は8位フリームス。これは僕のなかの神機…というか「これでいいです」というベースラインかな。ガイドはゲストのためにリールを用意するんですが、僕はこれを選びました。丈夫で普通に使える。重くないし、値段も高くない。ネジ切りタイプなので、のちのちハンドルも換えられる。「これで何か文句ある?」というレベルです。いうなれば、DAIWAのひとつの到達点ともいえる。初めてのスピニングにはフリームスをおすすめしたい。これを買えばしばらく使えますよ」

画像20: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

センドウタカシ「18フリームスは現代スピニングリールの指標。この値段でこの性能……もはや文句ない」

古川「カルディアとフリームスはLT採用ですね。LTになってDAIWAのスピニングは変わりました。小さくなって堅牢性が増した。とはいえ、LTでもイグジストは予算的に厳しい。だからこそカルディアとフリームスに票が集中したのかな!? イグジストは15が人気ですが、個人的に18は本当に最高傑作だと思ってる。まだ買えてないんですけどね(笑)」

千藤「リールには、いろんな流派がありますから(笑)。バス以上にトラウトの人たちのリールのコダワリはハンパない」

古川「タトゥーラが入らないのがふしぎ。それこそフリームスやカルディアよりちょっと背伸びしたい人が選びそうですけど」

千藤「確かに入ってない。派手なプロモーションがあったわけじゃないから、はじめたばかりの人は知らない可能性もある。タトゥーラはランク的にカルディアのちょい上。ルックスは抜群。真っ黒でカッコいい。性能も文句なし。そして10位には、ここでもロキサーニがランクインしたね」

古川「ロキサーニもカッコいい」

戸村「23位のレボMGXもよかったよ。アプのスピニングは本当にいいから試してもらいたい」

古川「そしていつでも入ってくる07ステラ。前年と同じ29位44ポイント。つまり同じ人たちが投票してる可能性が高い(笑)」

千藤「同じ道具を愛するマニア同士の揺るぎない結束(笑)」

古川「ちなみに僕も07ステラ派です。飛距離アップ&トラブルレスなAR-Cスプールを搭載した初めてのモデルです」

画像21: 2019年に1番人気のバス用スピニングリールはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

古川和弘「19ヴァンキッシュはこれから10年……いや15年は使える超高性能っぷりです(笑)」

戸村「画期的なモデルだった。あれから13年も経つのか……」

古川「9位のルビアスは今年モデルチェンジが発表されました。来年はランクアップが期待できそうです。個人的にはちょっとゴツくなった気がしますが、上位モデルのセルテートにも似たこのデザインを歓迎する向きはあるはず」

千藤「新ルビアスは大胆に軽量化してるんでしょ?」

古川「FC LT2500Sは155g。かなり軽いですね」

2019年度の他部門T.O.Y.はこちらから!




This article is a sponsored article by
''.