2019年末から2020年初頭にかけて、DAIWAから注目のNEWタイプベイトリールが相次いでリリースされた。そのうちのひとつ、沢村幸弘さん監修のスーパーベイトフィネス機『スティーズAIR TW』を、タックルについてのうんちくを語らせたら業界で右に出る者はいない“テッペイ”が詳細レポート!!
画像1: 【ザ・インプレ】DAIWAテクノロジーの結晶『スティーズAIR TW500XXH』はやっぱりすごかった! ルアマガ名物ライター・テッペイの徹底レビュー!!

【Profile】
横沢鉄平(ヨコザワ・テッペイ)
20年以上プロライター兼プロアングラーを生業としてきた男。その割には、メーカー契約ゼロ。それを逆手にとって、一般ユーザー目線の辛口インプレを売りにしている。インプレ中も釣る気満々なのだが、釣果は…。



軽い、飛ぶ、操作しやすいの三拍子揃った、エキスパート向きの最高峰ベイトフィネス!

ベイトリールの最高峰「スティーズ」に待望のベイトフィネス専用モデル「AIR」が登場。135gという驚愕の軽さ、28mmという最小口径のG1ジュラルミンAIRスプール、新型フィネスハンドルノブ、マグネシウム合金のマシンカットボディなど、DAIWAの技術の粋を結集。1gのルアーをも投げることを想定して開発された。

画像: ●ギア比:9.1●最大ドラグ力:3.5kg●自重:135g●ナイロン糸巻量:8lb-45m●最大巻上長:80cm/ 1回転●ボール/ローラーベラリング数:12/1●価格:68,000円(税抜き)

●ギア比:9.1●最大ドラグ力:3.5kg●自重:135g●ナイロン糸巻量:8lb-45m●最大巻上長:80cm/ 1回転●ボール/ローラーベラリング数:12/1●価格:68,000円(税抜き)

画像: STEEZ AIR TW Impression|Ultimate BASS by DAIWA Vol.214 www.youtube.com

STEEZ AIR TW Impression|Ultimate BASS by DAIWA Vol.214

www.youtube.com

チェックPOINT①外観デザイン/スプールの赤は回転数のレッドゾーン

画像: [BIRDEYE VIEW]

[BIRDEYE VIEW]

画像: [LEFT SIDE VIEW]

[LEFT SIDE VIEW]

画像: [RIGHT SIDE VIEW]

[RIGHT SIDE VIEW]

マットフィニッシュのガンメタボディ。メタリックレッドのスプールには個性的なブランキングが施されている。そして、全体的にコンパクトな印象を与えるのが、小型のハンドルノブだろう。メカニカルブレーキは、基本的に調整しないことを前提としたデザインだ。

チェックPOINT②回転・巻き心地/自重も軽ければ、ハンドル回転も軽い

画像: チェックPOINT②回転・巻き心地/自重も軽ければ、ハンドル回転も軽い

軽い、そしてパーミングしやすいので、ロッドとの一体感が半端ない。9.1という超高速ギヤだが、その回転は極めて軽やかだった。短めのハンドル、小さめのノブは、好みが割れそうだが、リールから離れた位置でハンドルをいじるより、この方がいいかもしれない。

チェックPOINT③キャストフィール

キャスティング

画像: キャスティング

ブレーキ設定10で、スモラバもシャッドも気持ちよく遠投できた。ドライブクローラー4.5inノーシンカーなど、超ライトなフィネスリグもブレーキ設定14なら楽勝。ロッドとの一体感があるので、サイドキャストやバックハンドなどトリッキーな技も決まる。

ピッチング

画像: ピッチング

ピッチング性能が想像以上によく、トラブルがないだけではなく、だいたいオーバーヘッドの80%くらいの距離が出せる感覚だった。通常なら投げにくいダウンショットリグも、スムースにピッチングできた。今回8ポンドラインだったが、6~5lbも試したい。

チェックPOINT④ブレーキ/最適な設定が、最高のキャストを生む

画像: チェックPOINT④ブレーキ/最適な設定が、最高のキャストを生む

万能的なブレーキ設定は10。でも、キャストフィールがいいのは8、9くらい。向かい風の時や、超ライトリグの場合は14くらいまで強めることになる。ルアーによってこまめに設定を変える必要がある。ダイヤルの数字が小さすぎて、俺には読みにくかった。老眼か?

チェックPOINT⑤ドラグ/無段階調節のアルティメットドラグ

画像: チェックPOINT⑤ドラグ/無段階調節のアルティメットドラグ

アルティメットトーナメントドラグを装備。これは他のすでに紹介しているジリオン10やタトゥーラSV TWと同じ仕様だが、この『スティーズAIR TW』が最もレスポンスのいい効き方をしていたように思える。調節時にクリック音がない無段階調節なので、微細な設定が可能だ。

チェックPOINT⑥総合的使用感/エキスパートが使うべきベイトフィネス

画像: チェックPOINT⑥総合的使用感/エキスパートが使うべきベイトフィネス

ベイトフィネス専用機として申し分ない。圧倒的に軽くて包み込みやすいので、操作性は抜群。そして、感度も卓越していて、スピニングとはまた違うレベルで異変を感知してくれる。ただ、ブレーキ設定がズレていると、軽いトラブルもありうるので、気を付けたい。

チェックPOINT⑦価格/値段相応の価値はあるけれど、予算が…

市場価格は現在60,000円前後。さすがフラッグシップの新製品、いい価格だ。タトゥーラが3台買える。その価値はあるけれど、正直ベイトフィネスにここまで金をかけられないという人もいるだろう。俺もその一人だ。あとは個人の財力の問題になってくるね。

画像3: 【ザ・インプレ】DAIWAテクノロジーの結晶『スティーズAIR TW500XXH』はやっぱりすごかった! ルアマガ名物ライター・テッペイの徹底レビュー!!

確かに優秀なベイトフィネスリールだ! でも、俺の財力ではまだまだ手が届かない。タトゥーラAIR熱望。

画像4: 【ザ・インプレ】DAIWAテクノロジーの結晶『スティーズAIR TW500XXH』はやっぱりすごかった! ルアマガ名物ライター・テッペイの徹底レビュー!!
ダイワ(DAIWA) ベイトリールスティーズ AIR TW 500XXH 2020モデル
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転): 80
ギヤー比: 9.1
自重(g): 135
最大ドラグ力(kg): 3.5
標準糸巻量 ナイロン(lb-m): 6-45、8-45
ベアリング (ボール/ローラー): 12/1
ハンドル長さ(mm): 80
ハンドルノブS交換可/ 淡水専用
次世代ベイトフィネス フィネスを極めた超小口径AIRスプール搭載。
¥57,500
2020-03-27 19:19


この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.