シャロークランク『飛鳥』をはじめ、全ルアージャンルで数々の名作を生み出してきた日本が世界に誇るルアーデザイナーにしてトップトーナメントアングラー、加藤誠司さんが新たなクランクの開発に着手している!! という情報を聞きつけて、ご本人からほんの少しだけお話をうかがいました!!
画像1: 天才ルアーデザイナー・加藤誠司のシステムクランク理想形『ウイングレットクランク(仮)』に期待しかない!! 【ジャッカルNEWクランク】

【Profile】
加藤誠司(かとう・せいじ)
手がけたルアーは数知れず、世界屈指のルアーデザイナーにして第一線で輝き続けるトーナメントプロ。15年より国内最高峰JBトップ50と米国B.A.S.S.オープンの両国ダブルエントリーという離れ業を継続。真剣勝負の場を開発現場の最前線として活用しているだけに、生み出されたルアーの完成度は究極到達点と言えるだろう。19年のB.A.S.S.セントラルオープンでは、年間ランキング12位に着けている。



ストレスフリーでぶっ飛ぶシステムクランク全5モデル

「アングラーにとって飛ぶルアーは大きな武器になる」。こう語るのは、米国トーナメントB.A.S.S.でセントラルとイースタンの2つのオープンで鎬を削る加藤誠司さん。

年間釣行日数250日を超える氏が改めて感じたストレスフリーで飛ぶことの優位性を形にしたディープクランクこそ『ウイングレットクランク(仮)』なのです。

サイドの上反るリップが回転を抑制して飛距離UP

画像2: 天才ルアーデザイナー・加藤誠司のシステムクランク理想形『ウイングレットクランク(仮)』に期待しかない!! 【ジャッカルNEWクランク】

コフィンリップに意匠アリ! リップの両サイドを反らせることで、飛行時に発生するボディの回転を抑え、安定した遠投性能を発揮するのだとか。はるか彼方にクランクを運ぶため、同クラスのモデルに比べ、さらに深いレンジへ瞬時に到達することも可能にしているそうです。

画像: ●全長:未定●重量:未定●タイプ:フローティング●潜行深度:2m+、3m+、4m+、5m+、7m+●カラー:未定●価格:未定●発売:未定

●全長:未定●重量:未定●タイプ:フローティング●潜行深度:2m+、3m+、4m+、5m+、7m+●カラー:未定●価格:未定●発売:未定

仕様や発売時期はまだ未定ですが、プロト段階ですでに、潜行深度別に5モデルをラインナップしてシステム化が着実に進行中。

加藤さんの頭のなかから、最終的にどんな答えが出てくるのか? 今から楽しみですね!!



この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.