どんな釣りもわかりやすく丁寧に教えてくれるビギナーの味方『ヒロセマン』こと広瀬達樹さんがエギングの基本をご紹介! 産卵期前の春先は大きなアオリイカが狙えるグッドシーズン! この記事でエギングの基礎をしっかり覚えてフィールドに繰り出してみよう! 今回は初めてのエギングにおすすめなポイントを広瀬さんに教えていただきます。



前回のおさらいはこちら!

前回はこれから「エギングをはじめてみたい!」というビギナーにむけて、ヒロセマンおすすめのタックルをご紹介させて頂きましたが、いよいよ今回からは実践編!
タックルを揃えたところで「いざ!エギングへっ!!」といきたいところだが、初めて行く場所ってどんなところがいいのか、また行く時間帯などについても色々と教えて頂きました!

初めてのエギングなら“漁港”がおすすめ

前回はエギング初心者におすすめのタックルについて教えていただきましたが、次のステップとして実際にエギングに行くのであればどのような場所が初心者に適していますか?

広瀬「一番わかりやすいのが、潮通しのいい漁港周り。アオリイカはアジやイワシを捕食するので、それらが多いところがエギングスポットです。漁港にイカが吐いた黒いスミ跡があれば、そこはイカが釣れた証拠。まだ釣れるイカが残っている可能性があります」

アジ釣りで有名な場所はエギングでも有望な場合が多い

画像2: 初めてのエギングは“潮通しの良い漁港”に行くべし! ヒロセマンのエギング超入門!!(ポイント編)

エギングに適しているのは潮通しのいい漁港。アジやイワシなど、イカのエサとなる魚が多い場所が良い。アジングやサビキ釣りをしている人がいれば、その漁港は豊かな証拠だ。

画像3: 初めてのエギングは“潮通しの良い漁港”に行くべし! ヒロセマンのエギング超入門!!(ポイント編)

釣れたイカが吐くスミ跡が残っていれば、そこはイカが釣れたことを示している。そのスミが湿っていたりすれば、釣れてそこまで時間が経っていない。スミ跡がある場所は有望。(漁港や堤防をきれいに保つためにも、釣った後は墨を流しましょう)

※漁港では船や漁業関係者の迷惑にならないように心掛けましょう。地域や場所によっては釣り禁止エリアもあるので釣りが可能か事前に確認しおきましょう。

ロックフィッシュが釣れるところはイカも釣れる可能性が高い!?

画像: オオモンハタ

オオモンハタ

広瀬「普段ロックフィッシュがよく釣れる場所とアオリイカが釣れる場所は割とリンクしています。ロックフィッシュでも色々な魚種がいますが、「オオモンハタ」が釣れる場所は有望じゃないかと。

オオモンハタはロックフィッシュの中でも魚食性が強いハタで、ハタ類はカニやエビを食べているイメージが強いと思いますが、オオモンハタはベイトフィッシュ好きで、ベイトに付いてときには回遊するくらいロックフィッシュの中でも浮いている魚です。だからオオモンハタが釣れる場所は、アオリイカも釣れる可能性が高いんです」

画像: 写真のような場所は期待大!

写真のような場所は期待大!

広瀬「ベイトが豊富で潮通しが良く、それなりに根がある場所が該当します。ロックフィッシュでもどの魚が釣れるかによってアオリイカの可能性が高い低いはあると思いますが、オオモンハタやマハタが釣れるところはイカもいる可能性が高いと思います」

エギング初心者は日中から釣りを始めるべし!

エギングは夜間と日中、どちらが釣りやすいのでしょう?

画像: エギング初心者は日中から釣りを始めるべし!

ヒロセマン「ビギナーの方には、エギの動きがよく見えて、イカが追ってきても目で確認できる日中のほうがやりやすいと思います。イカを見ながら釣りをするサイトフィッシングもできますし。また、日中でも夜でも、潮が動いているタイミングを狙うことが大切ですよ」

エギングは夜でも昼間でも釣りをすることができる

画像4: 初めてのエギングは“潮通しの良い漁港”に行くべし! ヒロセマンのエギング超入門!!(ポイント編)

アオリイカはデイでもナイトでも釣りが成立。ビギナーの場合は、周囲をしっかり確認でき、エギの動きを見ながら釣りができる昼間の釣りからはじめよう。夜は常夜灯まわりなどがおすすめ。

さらに詳しいポイントの解説は下記動画をチェックしよう!!⇩⇩

画像: ゼロから始めるエギング入門 VOL.2「ポイント選び」 釣れるポイント選びの基本を解説! www.youtube.com

ゼロから始めるエギング入門 VOL.2「ポイント選び」 釣れるポイント選びの基本を解説!

www.youtube.com

次回はエギングで最も重要なイカを誘うアクション“シャクリとフォール”について徹底解説! エギングビギナーの皆様、Don't miss it!!



広瀬達樹さん(ヒロセマン)に関する記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.