長崎県平戸をホームに、これまで多くの3kgオーバーをキャッチしてきた林さんの春イカ攻略のテクニックをご紹介!春特有のシャクリはもちろん「テンションフォールでのスローな誘い」がキーポイントとなる!この奥義見逃すべからず!!!!


教えてくれるのは“3kgオーバー捕獲実績多数”な九州の豪腕エギンガー!

画像2: 春のでかイカは『3回シャクリ&PE0.8号テンションフォール』が効く!林剛玄流エギング超絶奥義!!

【Profile】
林剛玄(はやし・ごうげん) 
熊本県出身、広島県在住。長崎県平戸エリアに通い、モンスターハントの理論を磨いた。現在はサイズ関係なく価値のある1杯を狙うスタイルがメイン。スポンサーはヤマガブランクス、カンジインターナショナル、アワビ本舗。

フォールが短くなるからこそ、そこに一点集中!

平戸エリアで大型イカの高い実績を持つ林さん。林さんにとってやはり春は特別で、限られたワンチャンスを逃さないために、さまざまな工夫を凝らしている。春イカを攻略する上で林さんが気をつけていることは、まずはシャクリの回数だ。

春のシャクリは3回までですね。何回もシャクリすぎると、イカが追ってこなくなるんです。大きいイカほど動きに俊敏さがなくなってきますし、産卵するのに体力を温存していますからね。なので、シャクリは飛ばしすぎなくてもOK。シャクリは3回を基本に、1回目を強くしたり、3回目を強くしたりとバリエーションを交えて見せていきます。3回と決めても、シャクリの幅は意外と多いですよ」

画像3: 春のでかイカは『3回シャクリ&PE0.8号テンションフォール』が効く!林剛玄流エギング超絶奥義!!

春のシャクリは3回まで!そこにバリエーションを加えるべし!!

春イカの体力に合わせ、シャクリ回数は3回まで。シャクリすぎは禁物だ。3回連続シャクリをベースに、1回目を大きくしたり、3回目を大きくしたりとバリエーションをつけていくことでイカを飽きさせないようにすることができる。

シャクリの回数が少ないと、フォール時間も短くなってしまうと思うのですが・・・。

フォール時間が短いからこそ、むしろフォールにしっかり集中できます。春イカは大きいので、エギを抱き込むようにバイトしてきます。そのアタリを見逃してしまうと、エギが横抱きのママになって、走られて途中で離される、ということも春はとても多いです。

なので、シャクった後はエギに違和感を与えず、ラインの動きに集中することラインに出るちょっとした変化も見逃さないつもりで、アクション後のフォールに集中してください。シャクリ回数を増やしてフォール時間を長くしても、今度は集中力が続かなかったりするんですよね」

林さんのメソッドを具現化するエギ「プロスペック3.5号(カンジインターナショナル)」

画像: 林さんのメソッドを具現化するエギ「プロスペック3.5号(カンジインターナショナル)」

アングラーの意図通りに動いてくれる忠実な相棒

アングラーの思いのままに動かすことができる基本に忠実なエギ。ノーズが細めのオーソドックスなボディで、エギ自体の身体能力が高いモデルだ。テーブルターンなど細かい動きも得意。林さんはオールシーズン、ほぼ3.5号を使用する。

画像: アングラーの意図通りに動いてくれる忠実な相棒

春のでかイカはピンク&ゴールドが高実績

林さんが春にオススメするのがピンクに下地ゴールド系のカラー。

「春先の笹濁りに強い色ですね。水中では水に馴染んで、ナチュラルさも出てくる。アングラーからも見やすいですよ」

画像4: 春のでかイカは『3回シャクリ&PE0.8号テンションフォール』が効く!林剛玄流エギング超絶奥義!!
カンジインターナショナル(Kanji International) クリックス プロスペック 3.5寸 #05(スギピンク/ゴールド)
クリックス プロスペック 3.5寸■自重(g):19■全長(号):3.5●スリムシェイプが生み出すレスポンス抜群のアクションと、スペシャルフックのコンビネーションによる抜群のフッキング性能
¥1,056
2020-04-22 15:40

アワビシートはイカのアタリを深くしてくれる

アワビ特有の人工的ではないフラッシングが、イカの捕食スイッチを入れてくれる。イカのバイトからエギを守ってくれる役割も。九州ゴードングリーンは林さんのオリジナルカラーだ。(※このカラーは既に廃盤となっております。見つけたら即買いをおすすめしますっ!!)

次回はテクニックのさらなる詳細をお届け致します!乞うご期待!!



この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.