2020年のシマノ新製品には、たまたま全く同じ糸巻量で、はっきりと3つの価格帯に分かれていて、それぞれが個性豊かな話題リールというインプレにうってつけの3台がある。『SLX DC』、『メタニウム』に続き、今回登場するのは『カルカッタコンクエストDC100』。昨年、200がフルモデルチェンジして世の耳目を集めた同シリーズのコンパクトモデルだ!!

インプレするのはこのお方!!

画像1: シマノ『カルカッタコンクエストDC100』は本当に“巻き専用機”なのか? 2020新作ベイトリール徹底レビュー!

【Profile】
横沢鉄平(よこざわ・てっぺい)
自称「業界唯一のプロフェッショナル・インプレライター」。24年間のライター生活で、手掛けたインプレ記事は数知れず。ルアマガ本誌のインプレ不定期連載『バスタックル3Gインプレッション』だけでも50回を超えるので、まんざら嘘でもない。契約メーカーゼロは無駄じゃなかった?



コンクエストDCに待望の100番を追加! ハードルアー使いなら見逃せない1台

2019年に登場して、好評を博しているカルカッタコンクエストDC200 の100番台バージョン。MGLスプール、I-DC5搭載で、ライトなプラグもバックラッシュなしで遠投可能。そして何より比類なき精密さを誇る駆動系によって、気分良く巻くことができる。DC200に惚れ込むユーザーが絶対に欲しいはずのスーパーサブだ。

画像: コンクエストDCに待望の100番を追加! ハードルアー使いなら見逃せない1台

●ギア比:5.6●最大ドラグ力:4.0㎏●自重:240g●ナイロン糸巻量:12lb-100m●最大巻上長:58cm/ 1回転●ボール/ローラーベラリング数:12/1●価格:67,000円(税抜き)※写真はDC100 RIGHT

チェックPOINT①外観デザイン/DC200のデザインを継承!

画像: [BIRDEYE VIEW]

[BIRDEYE VIEW]

画像: [RIGHT SIDE VIEW]

[RIGHT SIDE VIEW]

画像: [LEFT SIDE VIEW]

[LEFT SIDE VIEW]

画像: [REAR VIEW]

[REAR VIEW]

画像: チェックPOINT①外観デザイン/DC200のデザインを継承!

[FRONT VIEW]

2019年にリリースされたDC200のダウンサイジング版だが、デザインも素直に継承されている。2つの円を組み合わせたようなA側カバーに、DCのブレーキレバーがタイマーのようなデザインとなっているB側カバー。このレバーは間違いなく調節しやすい。

チェックPOINT②回転・巻き心地/「クラッチ故障?」かと思うほど軽い巻き心地

画像: チェックPOINT②回転・巻き心地/「クラッチ故障?」かと思うほど軽い巻き心地

非常にコンパクトだし、握った感触に金属特有の剛性感がある。だからホールド性がいい。

ハンドルを巻くと、混じりけのない円滑な回転。これはNEWメタニウム以上。抵抗の小さいルアーを巻いたら、クラッチが空回りしているかと思うほど、回転が軽かった。

チェックPOINT③キャストフィール

キャスティング

画像: キャスティング

遠投能力は素晴らしく、ほぼNEWメタニウムと同じだった。どちらもバックラッシュしないし、安全なので、あとはブレーキの利き方の好みだと思う。

個人的にはSVSのほうが好みだけど、精神的な安心感はDCのほうが上。よく飛ぶルアーだとラインが足りなくなる勢いだ。

ピッチング

画像: ピッチング

DCのブレーキ設定が若干強めなので、ピッチングのときはダイヤルを1にしてみた。すると、これが奏功したのか、それともMGLスプールのおかげなのか、いい感じで低弾道ピッチングが決まった。

金属製だがコンパクトなボディなので、片手で振っても辛くない。

チェックPOINT④ブレーキ/番号通りのブレーキ力をかけてくれる

画像: チェックPOINT④ブレーキ/番号通りのブレーキ力をかけてくれる

全長13cm、重量20gのミノーを結び、強風モードのWから始めて、4から1まで順番に試した。ブレーキが弱まるにつれ着実に飛距離は伸びた。

トラブルはないが、1だと若干リスクが上がることを実感。2か3なら安心して超遠投できたので目安になると思う。クランクベイトでも同様の結果に。

チェックPOINT⑤ドラグ/ウェットではなくドライな感触を受けた

画像: チェックPOINT⑤ドラグ/ウェットではなくドライな感触を受けた

ドラグが出ていくときにカチカチと乾いたクリック音が出て、テイストはドライだ。

調節がしやすくて、固着もなく、特に問題はない。

フルロックはしないが、パンチングでもしない限りは十分なパワーだ。

チェックPOINT⑥総合的使用感/ビッグベイトにもぴったりだったDC100

画像: チェックPOINT⑥総合的使用感/ビッグベイトにもぴったりだったDC100

よく飛ぶし、バックラッシュしないし、巻き心地は極上。

金属ボディは重いけれど、実は精神的な安定感をもたらすので、巻き心地を向上させる。やはりクランクなどの巻きモノやトップに使いたい。

一定速を維持して引くのが得意なので、50gクラスのビッグベイトにも適している。

チェックPOINT⑦価格/100番の丸型でDCというのは価値が高い

ネット販売の相場では5万6千円前後。SLX DCとNEWメタニウムをまとめて両方買える価格だ。これは決して安くはない。

でもこのサイズの丸型リールで、しかもDCブレーキ搭載となると唯一無二の存在。カルカッタ系は10年は使えるから、損はしないと思う。

画像3: シマノ『カルカッタコンクエストDC100』は本当に“巻き専用機”なのか? 2020新作ベイトリール徹底レビュー!

12lb以下で投げて巻く釣りならこれがいいね。14lb以上は、200番台じゃないとラインが足りないな。

画像4: シマノ『カルカッタコンクエストDC100』は本当に“巻き専用機”なのか? 2020新作ベイトリール徹底レビュー!
【28日はハッピーデー♪最大8千円オフクーポンプレゼント!】シマノ カルカッタ コンクエスト DC 100 RIGHT(右)
際立つ強靱さ、遠投力、対バックラッシュ性能。マキモノを征するコンクエストDCに、待望の100サイズ登場!細やかなブレーキセッティングが可能なI-DC5を搭載し、対バックラッシュ性能が飛躍的に向上。新たにW(ウインド)モードを設けることで強風への対応力も強化しました。軽く立ち上がり、低弾道で伸びやかな飛びを実現するマグナムライトスプールとの相乗効果で遠投力とキャスタビリティがアップ。空気抵抗の大きいマキモノ系ルアーも強風下で楽に遠投できます。高剛性の冷間鍛造ボディに組み込まれたマイクロモジュールギアはローノイズで滑らかな巻きごこちを実現。NEWローラークラッチによって回転抵抗が低減され、巻...
¥ 58,960
2020-04-28 15:56


この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.