日本を飛び出し、今や世界で活躍するバスプロアングラー・伊藤巧さん。その強さの秘密ともいえる要素の一つが柔軟な思考。そう。伊藤巧さんはメーカーの枠に縛られることなく選んだ「本当に釣れるルアー」で、数多の勝利を掴んできているのだ! この企画では、そんな信頼するルアーたちを伊藤巧さんが紹介してくれるぞ!
画像1: 伊藤巧が驚愕した本当にヤバいルアーとは!? バスプロおススメの釣れるトップウォーター5選

【Profile】
伊藤巧 (いとう・たくみ)
もはや説明不要のスーパーヤングアングラー。TBCでの活躍を皮切りに、H-1グランプリや陸王・艇王を制覇! その勢いでとうとう世界に飛び出し、今なおその活躍は止まらない!! ベイビーフェイス&優しい口調、時折飛び出すドS&過激発言のギャップがたまらないというファンが後を絶たないとか!? ちなみにタイトルは某DVDの雑パロです。



TAK CHOICES 5 トップウォーター編

画像: 水面~水面直下で使用するルアーの総称がトップウォーター。バイトする瞬間を目にすることができるためファンフィッシングのイメージが強いが、実際は強力な武器としてトーナメントでも頻繁に使用されている。

水面~水面直下で使用するルアーの総称がトップウォーター。バイトする瞬間を目にすることができるためファンフィッシングのイメージが強いが、実際は強力な武器としてトーナメントでも頻繁に使用されている。

ギルトップ[ノリーズ]

画像: ギルトップ[ノリーズ]

【スペック】
●全長:80mm ●重さ:30gクラス ●タイプ:フローティング ●カラー:2色

アカシブランドとノリーズがコラボしたウッドボディのプラグです。

もともとは琵琶湖みたいなウィードレイクで使ってギルを食っているバスを引っ張り出すためのトップウォーターなのですが、僕はリザーバーの岩盤などの縦ストラクチャーで、優しくポコンポコンとトウィッチしながら誘って使っています。

特筆すべきは優しくトゥイッチをすることで、びっくりするほど簡単に頭を下げて水に入ってくれる。そしてそこからの浮上アクションが非常に艶めかしくて面白いんです。加えて、プロップとフェザーの根元のリングとのスクラッチ音もイケてます。

しかもダブルフックなのでカバーの奥にも入れられるなど、これにしかない良さがたくさんあって愛用しています。

ウォッシャー[ノリーズ]

画像: ウォッシャー[ノリーズ]

【スペック】
●全長:63mm ●重さ:25gクラス ●タイプ:フローティング ●カラー:17色

実はH-1グランプリの初年度A.O.Yを獲った時の第1戦牛久沼で、記念すべき1尾目を釣ったのがこのウォッシャーでした(笑)。

試合で勝つためにウッドトップは物凄く武器になるのですが、その中でもこれはボディは大きいのに、短い距離でテーブルターンを繰り返すことのできるルアーです。

ジッター系のカップがついているのですがテールがものすごく細いんです。これによって、トゥイッチした時にほとんど手前に来ないでテーブルターンをして、テールのプロペラが飛沫を上げてくれます。

これを繰り返すことで、ほとんど移動させることなく、左右へ180度近いテーブルターンをさせることができる。それがこのルアーの強力な武器なんです。

ウォッシャークローラー[ノリーズ]

画像: ウォッシャークローラー[ノリーズ]

【スペック】
●全長:83mm ●重さ:30gクラス ●タイプ:フローティング ●カラー:6色

ウォッシャークローラーの名前が付くルアーは他にフカフカやマッスルがありますが、僕は絶対にこれです。

ウィングのパワーはマッスルに比べて適度に弱く、ロールが激しいタイプのアクションです。そのため水を押すというよりも、一生懸命泳いでいる感じで水を逃がしつつウッドならではの水噛みで泳ぐのが神懸っています。

使い方は簡単で、カバーの際に入れてトゥイッチしてその場で誘うのもいいし、ただ巻きでウッドならではの水噛みで誘うのもいいです。

実際、僕はこれまで多くのビッグフィッシュをウォッシャークローラーで釣ってきていますよ!

ボルケーノグリッパー[ノリーズ]

画像: ボルケーノグリッパー[ノリーズ]

【スペック】
●重さ:3/8、1/2oz ●タイプ:シンキング ●カラー:17色

画像2: 伊藤巧が驚愕した本当にヤバいルアーとは!? バスプロおススメの釣れるトップウォーター5選
マルキュー ノリーズ ボルケーノ グリッパー 1/2oz 701(パールブルーシャッド)
自重:14.17g
¥1,287
2020-05-09 11:54

周りがプラグでこれだけワイヤーベイトというのは異色かもしれませんが、水面系のルアーとしては無類の自信があるルアーとしてバズベイトのボルケーノグリッパー、特に僕は1/2ozにレディバランス[ノリーズ]を組み合わせたものを使用しています。

このルアーの強さというのは、ブレードのパワーはもちろんあるのですが、その下にあるヘッドとレディバランスがデカいI字形として存在しているイメージと言えばわかりやすいかなと思います。

横に引っ張って広範囲を探るのはもちろん、カバーの際に入れてフワッと水面に浮かせて引く使い方でも釣れるルアーです。

七色ダムでの自己最大サイズを釣ったのもこのルアーなのですが、デカい魚の実績もありますよ。



ジョイントフカベイト[ノリーズ]

画像: ジョイントフカベイト[ノリーズ]

まだ発売していないのですが、この動きを見た時に、「ああやばい世界があるんだな」と思ってしまいました。

フカベイトにも相当衝撃を受けたのですが、これはその10倍ヤバイ。

まるで小動物が泳いでいるかのようなアクションに、全く食わなさそうなバスがいともたやすく食ってしまうというのを経験しています。

ブレードの左右への揺らめきによってテールが動くのですが、それがメインボディにぶつかった時の動きが複雑すぎてルアーとは思えない。まるで小動物を引いているかのようなイメージを持つルアーです。

今年中には発売できると思うのですが、一家に一個以上持っていないといけないルアーになるだろうと思います(笑)。

TAK CHOICES 5 他のルアーも要チェック!!




This article is a sponsored article by
''.