via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
最低限の装備と荷物で釣りを楽しめるのが陸っぱりスタイルの魅力! とはいえ、いろいろなシチュエーションを想定すると、どうしてもタックルは多くなりがち。そんな時に心強いのが高機能なバッグ類!! 今回おすすめするのは昨年、創立25周年を迎えトラウトやソルトウォーターウェアでは絶大な人気を誇り、デザインや機能性にも優れ高品質なフィッシングギアをリリースし続ける「パズデザイン」の収納力とカスタマイズ性に優れたオカッパリバッグをご紹介致します。


PSLヒップバッグⅢ(パズデザイン)

画像: PSLヒップバッグⅢ(パズデザイン)

使用感を元にコンパクト&大容量を実現

使用する際にデッドゾーンになるスペースを研究。その部分を削ることで、内容量はそのままに釣りの動作に干渉しにくいコンパクト設計を実現している。サイドパッドはループ状で、プライヤーホルダーやランディングネットなども装着可能。

【スペック】
●カラー:ブラック、ブラック/ホワイト、ブラック/グリーン ●寸法:31×17×12cm ●価格:6,800円(税抜)

メインポケットはしっかり大容量!

メインポケットには145×205×40mmサイズのルアーケースが2つ、約161×91×33mmの小型ルアーケースが2つ、小型のエギケースも1つが余裕で入るかなりの大容量。多魚種を狙いたい、ルアーがついつい多くなりがちのオカッパリアングラーには非常に有り難い! ルアーの選択肢が多いバスフィッシングにもうってつけ!! 内側のポケットも3箇所配置しており、車のキーやスマートフォンなどもしっかり収納出来る。

画像: メインポケットはしっかり大容量!

サブポケットかなりの収納力があり、145×205×40mmサイズのルアーケースが1つ、約161×91×33mmの小型ルアーケースが1つ入る。メインポケットにはハードルアー、サブポケットにはワームなどの使い分けも楽々こなせる。



様々なカスタマイズが可能な両側のサイドパット

バッグ側面には両サイドともに拡張性の高いサイドパットを配置。腰への負担を軽減しながら、プライヤホルダーやランディングネットを装着してもしっかりとした強度を保つ。左側にはドリンクホルダーを付けられるアタッチメントもある。

同社からリリースされている「プライヤー&グリップホルダーⅡ」を装着すればプライヤーとフィッシュグリップを同時に収納可能! 使用する際には是非とも購入したいアイテムである。

装着イメージ

画像: 装着イメージ

左右どちらにの肩にもかけても使いやすいショルダーバッグ。最適化されたサイズ感で非常に動きやすく、ベイエリアのシーバスやチニング、ライトゲーム、エギング、ブラックバスと様々なオカッパリゲームに使いやすい!

同社のスタッフブログには詳細のレポートも掲載しているので是非ともチェックして頂きたい!⇩⇩

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!




This article is a sponsored article by
''.