フィッシュグリップやリール用カスタムパーツなどでお馴染みの「スタジオオーシャンマーク」からカスタムスプールシリーズ「ノーリミッツ」のNEWモデルをリリース! 今回リリースされるのは、2018年よりスピニングリールの規格が変更となったDAIWAのLT番手対応モデル。シーバスゲームにぴったりのサイジングで、飛距離と防水性、ドラグ性能が売りだ。このアイテムを、ルアマガソルトのインプレ企画、タックルハンターネオのふたりが現場で試してきました!


インプレするのはこの2人!

画像: 左)釣り好きライター「ジューゴ」 右)ルアマガソルト広告担当「イマムー」。今回のインプレッションを担当。

左)釣り好きライター「ジューゴ」 右)ルアマガソルト広告担当「イマムー」。今回のインプレッションを担当。

リプレイスする価値アリの、ハイスペックスプール

●NL 18EX4000SS(DAIWA 18イグジスト用)

画像1: ●NL 18EX4000SS(DAIWA 18イグジスト用)
画像2: ●NL 18EX4000SS(DAIWA 18イグジスト用)

●NL 18EX3000SS(DAIWA イグジスト用)

画像: ●NL 18EX3000SS(DAIWA イグジスト用)

【SPEC】
4000S ●糸巻き量:PE1.5-150m/PE1.0-200m ●適合モデル:18イグジスト/19セルテートLT4000 ●カラー:3色 ●価格:1万4500円(税抜き)
4000SS ●糸巻き量:PE1.0-150m/PE0.8-200m ●適合モデル:18イグジスト/19セルテートLT4000 ●カラー:3色 ●価格:1万4500円(税抜き)
3000S ●糸巻き量:PE1.5-150m/PE1.0-200m ●適合モデル:18イグジスト/19セルテートLT3000 ●カラー:3色 ●価格:1万4000円(税抜き)
3000SS ●糸巻き量:PE1.0-150m/PE0.8-200m ●適合モデル:18イグジスト/19セルテートLT3000 ●カラー:3色 ●価格:1万4000円(税抜き)

対応するモデルはDAIWAの18イグジスト&19セルテートで、サイズはLT3000とLT4000番モデルをラインナップ。飛距離アップ、防水性能のアップ、2種類のドラグ性能がこのアイテムの特徴。デザインは切子・千鳥模様で仕上げており、今までの穴開きデザインではないものの、薄肉加工により軽量化がされている。



特徴1 マルチカットスプールリング
ライントラブルを大幅に低減。さらに、飛距離もUP!

画像: ライントラブル低減、飛距離UP、防水性能、選べるドラグパワーと、多くの機能を持つ

ライントラブル低減、飛距離UP、防水性能、選べるドラグパワーと、多くの機能を持つ

スプールリングのテーパー角度を可変カットで仕上げている。こうすることで、キャスト直後の勢いよく放出されるラインに若干の抵抗感が加わり、放出ラインが整流されライントラブルを軽減。スプールから放出されるラインの勢いが弱まるキャストの中盤から後半では、ループが膨らんでいくことで可変カット面との接触が減少。 放出されるラインとスプールの放出抵抗は最小限となり、後半にかけて伸びるようなキャスティングが可能になる。

特徴2 カセットドラグによる防水性
ウェーディングの釣りでも安心して使用可能!

画像: リール自体の防水性能とカスタムスプールの防水性で、ウェーディングでの使用も高い信頼性を保持

リール自体の防水性能とカスタムスプールの防水性で、ウェーディングでの使用も高い信頼性を保持

スプールに独自のカセット機構を設け、その内部にドラグワッシャーをセット。ワッシャーの浸水を完全に防ぐことで、本来のドラグ性能を長時間に渡って発揮する。一般的なドラグ設計では、浸水した場合にドラグワッシャーが濡れてしまい、ドラグ性能が低下してしまうのだ。

特徴3 ドラグ調律別でS(パワー)、SS(スムース)の2タイプから選べる!
自分のスタイルや使用ルアーで細かく対応!

画像: 2つの、異なるドラグ調律をラインナップ。自分のスタイルに合わせて選択可能

2つの、異なるドラグ調律をラインナップ。自分のスタイルに合わせて選択可能

異なるフェルト素材とグリース粘度で調律した、S(パワー)SS(スムース)という2種類のドラグ設定でラインナップ。S(パワー)は、滑り特性に粘り要素を持たせ、力強いフッキングとファイトが可能で、太めのラインとマッチ。SS(スムース)は、素早い初動とフラットなドラグ滑りにより繊細なファイトが可能な細いライン向きだ。4000 番、3000 番ともにSはPE1.5-150m設計、SSはPE1-150m設計になっている。

カスタムハンドルも新たにリリース!

●NO LIMITS 18EX4000S/3000-AC30C58、63

画像: ●NO LIMITS 18EX4000S/3000-AC30C58、63

【SPEC】
●アーム長:58、63mm●適合モデル:18イグジスト、19セルテートLT3000〜4000●カラー:3色●価格:1万5000、1万5500円(税抜き)

超剛性・高感度の全積層36トンカーボンのカスタムハンドル。大きな曲げ角度を持ったデザインでありながら、曲がりや捻りに強いのが特徴だ。ハンドルリベットには超々ジュラルミンA7075T6、リールにつながるハンドル軸には合金チタンTB340 を採用し、強度と軽量化、感度をアップ。採用振動減衰にも拘り、高感度で海中の情報をアングラーに伝達させる。

●セット例1

画像: 18イグジストLT4000-C(DAIWA)& NO LIMITS 18EX4000S、NO LIMITS 18EX4000S/AC30C58

18イグジストLT4000-C(DAIWA)&
NO LIMITS 18EX4000S、NO LIMITS 18EX4000S/AC30C58

●セット例2

画像: 19セルテートLT3000(DAIWA) &NO LIMITS 18EX3000SS、NO LIMITS 18EX3000SS/AC30C63

19セルテートLT3000(DAIWA)
&NO LIMITS 18EX3000SS、NO LIMITS 18EX3000SS/AC30C63

実際に投げ比べて飛距離をチェック!
誇張ではなく、本当に飛距離の伸びを実感!

最初に純正のスプールでキャスト、次に同条件でスプールだけ変えたものでキャストしてみた。それではふたりの感想をどうぞ。

今村「純正のスプールでは、上級モデルということもあって全く不満のない飛びでした。それでSOMのスプールに変えてみると、これが驚き、3〜5mくらい飛距離が伸びてますね。放出されるラインがスプールエッジに当たる抵抗感がほとんどない感じで、後半に伸びているのがわかります。これ、雑誌だからって大げさに言っているわけじゃないですよ!」

画像: カスタムスプールと純正スプールを投げ比べると、前者が明らかに飛距離が伸びると実感

カスタムスプールと純正スプールを投げ比べると、前者が明らかに飛距離が伸びると実感

西村「1キャスト目から、実際に飛距離が伸びているのが実感できました。キャストの前半から後半まで、ルアーの飛行姿勢が安定していて、綺麗な放物線を描いて飛ぶ印象を受けましたね。スプールを変えるだけでここまで変わるとは思いませんでした。距離の違いが分からなかったら分からないって正直に言おうと思ってましたが、これは本当に飛んでいますよ!

画像: カスタムハンドルは感度抜群で、ルアーの挙動や潮の流れの変化も感じることができた。ラウンド形状のノブは握りやすく、ルアーのリーリングがとてもしやすかった

カスタムハンドルは感度抜群で、ルアーの挙動や潮の流れの変化も感じることができた。ラウンド形状のノブは握りやすく、ルアーのリーリングがとてもしやすかった

今村「バイブレーションやミノー、小型の軽量ルアーと、いろいろ投げましたが、どれもしっかり飛距離が伸びていますね。価格は1万4000〜1万4500円。純正の替えスプールと同じくらいだし、替えスプールの購入を考えているなら、これを試してみるのはいいんじゃないでしょうか」

西村「ドラグ性能が2種類あるのも、SOMのこだわりを感じられていいですね。自分は太いラインに対応するSモデルを使っていたのですが、遠投した先のバイトをしっかりフッキングできて、バラさないでキャッチできたのでよかったです。SSのドラグはどうでした?」

今村「すいません、釣れなかったのでインプレできませんでした…」

画像: ウェーディングのデイゲームで、バイブレーションでシーバスをキャッチ! バラシやすいバイブレーションでも、しっかりフッキングできて取り込むことができた。

ウェーディングのデイゲームで、バイブレーションでシーバスをキャッチ! バラシやすいバイブレーションでも、しっかりフッキングできて取り込むことができた。

今回のインプレッション&純正・カスタムスプールの投げ比べを動画&ルアーマガジンソルト本誌でチェック!

画像: DAIWA 18イグジスト用カスタムスプールに換装したら、ルアー飛距離が伸びた! 使用インプレ! youtu.be

DAIWA 18イグジスト用カスタムスプールに換装したら、ルアー飛距離が伸びた! 使用インプレ!

youtu.be

ドラグ性能や防水性は、さらなる長期のインプレが必要なところだが、飛距離に関してはかなりの違いを実感。このスプール、本当に凄いぞ…。このインプレの様子は、ルアーマガジンソルト2020年7月号に掲載、そしてルアマガソルトのYoutubeでも配信中なので、こちらもチェック!

この記事が掲載されているルアーマガジンソルトはこちら!




This article is a sponsored article by
''.