孤高のコンセプトと釣り具離れしたデザイン性で、カリスマ的な支持を集めるDRT。ルアー、ロッドのみならず人気が高いのがリールのカスタムハンドルだ。高精度、高剛性が生み出す、最高のフィーリングは一度使うと手放すことはできなくなるほどだとか。前回はVARIAL(バリアル)シリーズの各モデルについてDRT代表・白川友也さんに解説して頂いたが、今回はハンドルのさらなるカスタムパーツとして人気の「ハンドルノブ」についても引き続きお話を伺った。


画像2: DRTカスタムハンドル「VARIAL」の性能を引き出す“こだわりのノブ”を一挙ご紹介!

【Profile】
白川友也(しらかわ・ともや)
滋賀県在住。バンドマン時代などを経て2007年にDRT(当時はディビジョン)を設立。最初はほぼロッドのみの展開だったが、5年後にはワープ90というクランクベイトを皮切りにルアーにも進出。シャトル、タイニークラッシュなどで一躍人気メーカーとなる。アングラーとしては岸釣り、バスボートの両刀使い。

前回のおさらいはこちら!

形もカラーもいろいろ。“着替えるよう”に付け替えられ、機能性も高められるノブ

ノブのカラーリングやハンドルの形状など、デザインも他社とは一線を画していますね。

白川「まず、バリアルという名前がスケートボードの回転系トリックの名前からきているのですが、デザインに関しては、クルマの世界から持ってきていますね。といっても、レース系やVIP系とかにはあまり興味がなくて、アメ車、日本の旧車、ヨーロピアン系が好きなんです。

ノブは形もカラーも、素材感も含めて気軽に変えられるようなラインナップにしています。スニーカーを履き替える感覚で、リールのカラーなどに合わせていろいろ変えてもらえたらと思いますね。これも、クルマのホイールやタイヤを変えるカスタムがヒントになっています」

画像: 形もカラーもいろいろ。“着替えるよう”に付け替えられ、機能性も高められるノブ

ファットからスリム、ブラックからパステルまで、豊かなバリエーションを誇るVARIALノブ。秘密の素材は水を吸わず、濡れるとさらにグリップするのだ。

VARIAL(バリアル)ノブシリーズを一挙解説!!

VARIALスリムノブ

白川「95mmと100mmに標準装備されているスリムノブ。VARIALを作ったときの最初のノブで、一番標準的。握るというよりも軽くつまんでフィットしやすいです。シャトルやタイニークラッシュに合わせたデザインです」

VARIALファットノブ

白川「スリムノブを経て、これはクラッシュ9やジョーカーのクランキングなど、巻き抵抗の強いルアーを使う際の必要性を感じて、ノブ自体を太くしました。150gまでのリップ付きビッグベイトはすごく楽になります」。

VARIALノブファット-J

白川「もともとのコンセプトはジャイアントベイトの高速巻き用。オリジナルのファットノブでもいいのですが、高速で巻いているときも感度が欲しかった。なので、指が点で接触するように表面をギザギザにして、ちょっと硬い感触にしています」

VARIALノブスリム-J

白川「なるべくコンパクトに、軸に近くなるようなデザイン。中層スイミングの感度を上げる狙いで87ミリに標準装備しています。手返しのよいショートキャストの釣りでも邪魔になりにくく、使いやすいと思います」



VARIALノブフラット

白川「カリフォルニアのマイク・ギルバートとコラボで作ったノブです。彼の手書きのラフをDRTで設計して作りました。指の当たる面積が広いので力が入るし、軸と指が近いので感度も高いです。僕も丸型に慣れていたのですが、今使っているリールのノブの9割はフラットです」

VARIALウッドノブ

白川「これはウチの竿袋やウェアを作ってもらっているカレントワークスさんとのコラボで作りました。ウッドノブは福祉作業所で働く障害者の方々が全部削っています。まだ試作の段階ですが、ギターのサンバーストカラーとかハンドメイドルアー的に遊んでいます。そして実は軽量です」

次回は、なんと!DRT代表・白川氏の私物リールのカスタムラインナップをお披露目しちゃいますっ!!! 乞うご期待!!

この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.