老舗眼鏡チェーン「メガネの愛眼」より、2013年に発足された釣り専用偏光グラスブランド「STORMRIDER(ストームライダー)」。ブランド発足以降、多くのアングラーに支持されている同社より、さらにカジュアル方面に特化した『STR』シリーズが登場!価格、性能、そして日々の暮らしの中で使えるデザインで、偏光グラスの可能性をさらに押し進める。


『STR』の半分が女性モデルでラインナップ!?

2013年に発足したストームライダー。そのコンセプトは次の通り。

藤岡「当時の釣り用偏光グラスは二極化していて、ハイエンドモデルか、とても安価なモデルの2種類です。そこで、その中間の価格でもっといろいろなアングラーに使ってもらえる偏光グラスを目指して、ストームライダーを立ち上げました。メガネ業界で培った掛け心地、耐久性、軽さなどを活かしつつ、値段を抑えていきました」

そう語るのは開発担当の藤岡氏。リリースすると、ストームライダーの偏光グラスは一気に全国のアングラーに浸透した。

藤岡「リールやロッドも低〜中価格帯が歓迎されているように、ストームライダーのこのちょうどいい価格帯がアングラーのニーズにぴったり合ったのでしょうね。ハイエンドはいくつも持てないけど、この価格なら、状況に合わせたレンズのローテーションも可能になってくると」

そして、ストームライダーから、さらにコスパを高めたセカンドラインが、『STR』だ。

藤岡「ストームライダーはスポーティーなデザインが特徴でしたが、STRはもっとカジュアルに。釣りだけじゃなく、他のアウトドアやタウンユースでもシームレスに楽しむことができる偏光グラスですね。価格は定価で10,000円に設定

お店では10,000円でお釣りがくると思います。今年にリリースするモデルは、眼のよい鳥の名前で統一し“水中をしっかり見る偏光グラス”というイメージにしました。また、STRは男性だけでなく、女性にも掛けやすくなっているのもコンセプトのひとつです。6種類のうちに、その半分がレディース用になっていますよ」

注目の『STR』シリーズはこちら!

画像1: 注目の『STR』シリーズはこちら!

イーグル STR-1007

存在感のあるフロントデザインでサイドの遮光性もGOOD
全体的に大きめのデザインで、掛けた時の存在感は抜群。サイドには覆うようなフードもあって、遮光性が高く見やすい。さらに、埃や雨などの侵入も防ぎやすくなっている。

【スペック】
●フレームカラー/レンズカラー:4種類 ●価格:10,000円(税抜き)

画像2: 注目の『STR』シリーズはこちら!

オウル STR-1008

顔をしっかり覆うレディースモデル
柔らかいデザインのレディースモデル。レンズの中央部にテンプルを設けることで、小顔にしっかり合った掛け心地が特徴だ。フェイスラインを覆うようなゴージャスなデザインになっている。

スペック
●フレームカラー/レンズカラー:4種類 ●価格:10,000円(税抜き)

画像3: 注目の『STR』シリーズはこちら!

ホーク STR-1009

釣りを気軽に楽しむためのストリートスタイル
ファッションコンシャスを目指したモデルで、ストリートスタイルが最大の特徴。ドライブをして釣り、そのままショッピングと、釣りと日常を繋ぐのがこのホークだ。

スペック
●フレームカラー/レンズカラー:4種類 ●価格:10,000円(税抜き)



画像4: 注目の『STR』シリーズはこちら!

シーガル STR-1010

女性らしさをイメージした抑えめカラーリング
レディースモデルとしてフレームの色味を抑えており、釣りだけではなく様々なアウトドア、散歩などにも使ってもらえるモデル。STRで最も女性らしい1本だ。

スペック
●フレームカラー/レンズカラー:4種類 ●価格:10,000円(税抜き)

画像5: 注目の『STR』シリーズはこちら!

クロウ STR-1011

顔をしっかり覆う見やすさ重視の8カーブ
8カーブでフェイスラインにしっかりフィットし、遮光性は抜群。ハイカーブでありながらノーズパットが付いているのは珍しく、ストレスのない掛け心地を実現している。

スペック
●フレームカラー/レンズカラー:4種類●価格:10,000円(税抜き)

画像6: 注目の『STR』シリーズはこちら!

ロビン STR-1012

メタルパーツを使用したトレンドのレディースモデル
メタルパーツを配置した現在のトレンドを意識したデザイン。いい意味で偏光グラスらしくないデザインで、日常使いにもぴったり。オールドスクールスタイルの釣りにも使えるモデル。

スペック
●フレームカラー/レンズカラー:4種類●価格:10,000円(税抜き)

この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

偏光グラスについてもっと知りたいなら




This article is a sponsored article by
''.