12日間という短期集中連載で話題となった(?)伊藤巧さんがジャンル・メーカーノーリミッドでおすすめルアーを紹介する「TAK CHOICES 5」。見逃してしまった人のために、ダイジェストでまとめてみました! H-1グランプリからTBC、陸王に艇王そしてアメリカと、あらゆる場所で釣勝つことのできる秘密に迫ります!
画像: 伊藤巧のオススメハードルアーオールジャンル 12選 伊藤巧の「TAK CHOICES 5」

【Profile】
伊藤巧 (いとう・たくみ)
もはや説明不要のスーパーヤングアングラー。TBCでの活躍を皮切りに、H-1グランプリや陸王・艇王を制覇! その勢いでとうとう世界に飛び出し、今なおその活躍は止まらない!! ベイビーフェイス&優しい口調、時折飛び出すドS&過激発言のギャップがたまらないというファンが後を絶たないとか!? ちなみにタイトルは某DVDの雑パロです。



プロップベイト編

レイダウンミノー ウエイクプロッププラス[ノリーズ]

画像: プロップベイト編

【スペック】
●全長:112mm ●重さ:14.9g ●タイプ:フローティング ●カラー:全14色

2017年の艇王・新利根川戦で沢山釣ったのがこのルアーです。
僕の中ではワームに釣り勝てるトップウォーターであり、5~6月のトーナメントに勝ちたいならこれを持っていく、というくらい多用しています。

何がいいかというと、プロペラがフックとぶつかるクラッチ音で、そのカチカチカチという音が不規則に出るのが強みです。そしてリップがついているので手前にも来にくい。

それに加えてウェイトが16グラムくらいあるので、カバーの際に落としこめるだけのキャストアキュラシー性能にも優れています。

だから、優しいトゥイッチで動かしてあげれば、アシの壁とか縦ストとか、とにかくシャローの変化をネチネチと誘うことができるんです。

また、例えば倒れこんだアシの奥からでもリップによって躱してくることができます。

つまり、ダブルフックのウッド系トップウォーターに匹敵するくらいのカバー回避性能があるにも関わらず、トレブルフックを3つ搭載してフッキング性能は抜群なんですよ!

トップウォーター編

ジョイントフカベイト[ノリーズ]

画像: トップウォーター編

まだ発売していないのですが、この動きを見た時に、「ああやばい世界があるんだな」と思ってしまいました。

フカベイトにも相当衝撃を受けたのですが、これはその10倍ヤバイ。

まるで小動物が泳いでいるかのようなアクションに、全く食わなさそうなバスがいともたやすく食ってしまうというのを経験しています。

ブレードの左右への揺らめきによってテールが動くのですが、それがメインボディにぶつかった時の動きが複雑すぎてルアーとは思えない。まるで小動物を引いているかのようなイメージを持つルアーです。

今年中には発売できると思うのですが、一家に一個以上持っていないといけないルアーになるだろうと思います(笑)。

シャッド編

クワセシャッドD62SP[ノリーズ]

画像: シャッド編

【スペック】
●全長:62mm ●重さ:7.3g ●タイプ:サスペンド(ラトル) ●カラー:11色

廃盤なのでもう手に入らないのですが、ベイトフィネスで投げやすいうえにめちゃくちゃ釣れます。

見た目はエビですがエビを食っているバスだから釣れるわけではなく、普通のシャッドとして使えます。

使い方的には、ハードボトムだろうがウッドカバーだろうが気にせず投げるだけ。

カバーの回避能力も高い。なのにオープンウォーターで速巻きしても食わせられる。というところが気に入っています。

しかもそれでいて非常に投げやすいサイズというのが、他には無い魅力だったりもします。

ちなみにフェイントベイトというシリーズですが、僕はフルペイントを愛用しています(笑)。

ミドルダイバークランク編

ショット オーバー2[ノリーズ]

画像: ミドルダイバークランク編

【スペック】
●全長:62mm ●重さ:16g ●タイプ:フローティング(ローサウンド) ●カラー:37色

投げやすい。良く潜る。安定して引ける。アピール力もばっちりと、一番好きなミドルクランクがオーバー2です。

広く探れるというのが大きな武器になるルアーなので、よく飛びつつ根掛らずにリップラップなどをバーっと通せるコレが活躍する場面は非常に多いです。

カバーに絡めてもいいし、リップラップに絡めてもいい、オープンウォーターで使ってもいいと、広範囲を探れるサーチ力と集魚力を兼ね備えたクランクベイトですね。

ボートだけでなく、オカッパリでちょっと深いところの護岸の壁際を引いてくるのにも向いています。アクションは弱めですがボディは大きいので、濁りが入っているときに使うのがいいかなと思います。

ジャークベイト編

タダマキ112[ノリーズ]

画像: ジャークベイト編

【スペック】
●全長:112mm ●重さ:18.4g ●タイプ:サスペンド(サイレント) ●カラー:33色

タダマキはその名前の通りクランキングミノーなのですが、僕は特にオカッパリではジャーク&ポーズで使っていて、釣果もかなり出ている信頼感のあるルアーです。

もちろん、本来の使い方通りにただ巻きでミノーシルエットのクランクベイトとして使うのもいいのですが、水を掴むリップだからこそ、ジャークしたときにグイグイとレンジに入り込んでくれるんです。

例えば消波ブロックのエッジから魚を浮かせたい時など、移動距離を少なくしてしっかりとアピールしてサスペンド中のポーズで食わせることができるんです。この辺もオカッパリと相性がいい理由ですね。

また、他のジャークベイトには無いアピール力の高さも魅力的で、マッディウォーターやちょっと水中が荒れて存在感が欲しい時にもいいと思います。

フラットサイドクランク編

シャロースモーキンシャッド 初期型(改)[スタンフォードルアーズ]

画像: フラットサイドクランク編

大学2年のころからシャロースモーキンシャッドマン(笑)になりそのころから集め続けていましたが、当時はただ釣れるからという理由で使っていました。その後、H-1グランプリなどで詳しい人たちに教わり、シャロースモーキンシャッドの歴史を学びました。

ちなみに現時点でシャロースモーキンシャッドは60個ほど持っています(笑)。

その中でも二つしか無い初期型のシャロースモーキンシャッドです。

リップ形状が違っており、ボディ素材のシダーウッド合わせてノタノタとした強めのアクションなのですが、それをよりブラッシュアップさせるために、桑形教生さんに改造してもらった超一群のシャロースモーキンシャッドです。

春の低水温期にも活躍するのですが、5月ごろのスポーニング絡みの季節にも使うし、秋にも使いますね。

H-1グランプリをはじめ、色々なところで投げているのでボディがボロボロなのですが、釣ったバスは数知れず。そのぐらい愛用しています!!




This article is a sponsored article by
''.