スタンダードなキャストの精度はバス釣りにおいて重要である。しかし、状況によってはテクニカルなキャストが要求され、それが釣果を左右することもしばしば。故にあらゆる投法をマスターすれば、釣果上昇は約束されるだろう!今回は「世界一フロッグをこよなく愛する男」と自負するバスフィッシング界のハイテンションエンターテイナー・ウッチーこと内山幸也さんのキャストテクをご紹介!



画像2: “キャストの8割がスキッピング!?”稀代のフロッグ野郎・ウッチーが教えるスキッピングテク

【Profile】
内山幸也(うちやま・ゆきなり)
フロッグタックル引っ提げて、ダーツに従い旅行脚。一糸乱れぬスキッピング、手にした獲物に魂の咆哮。それが 愛称“ウッチー”。イメージカラーは黄緑です。

内山幸也×スキッピング

画像: 内山幸也×スキッピング

「河原での“水切り”と同じ。平らな石の代わりにルアーです」

ウッチー「水面に石を投げる“水切り”って、幼心に楽しかったですよね。大人になっても、河原に行くとなぜかやっちゃいません? 上手くいくと楽しいですよね〜」

水切りは、老若男女を問わず人間の本能に響く。

ウッチー「きっかけはテレビで初めて見た並木(敏成)さん。その動作が超クールで『これはマネしたい!』と。でも、当時は習得に苦労しました…」

気分をアゲる“オトナの水切り遊び”!

メリット:「本当はノーバウンドが理想(笑)。でも、それが難しい時もあるし…」

ウッチー「バス釣りっていろいろファジーな部分が多いと思うんですよ」

生き物が相手だけに、時には強運が味方することも。

ウッチー「そんな中で、絶対的な差が出るのはキャスト! カバーのここぞって場所にルアーが入らないと喰わないことは多い」

では、スキップさせる理由とは?

ウッチー「バスのスイッチを入れるという話もありますけど…うーん、アレですね、気持ち良さ(笑)。トランス状態をキープできる。そこスゲー大事!」

だから内山さんは常にハイテンションなのか!?(笑)

画像: 内山 「上手く投げれたら楽しいじゃないすか! ねぇ?」画像は脳内麻薬が発生している状態のウッチーさん。

内山「上手く投げれたら楽しいじゃないすか! ねぇ?」画像は脳内麻薬が発生している状態のウッチーさん。

内山流スキッピング“三種の神器”

「竿は7フィート以下。短いほど水面を叩く心配もないですよ」

内山さんのフロッグ用タックルは上記画像の通り。ロッドはBLXのFRモデル各種を使用。そしてリールはSVスプールを搭載したDAIWAベイトリール。

内山「ルアーはフロッグとか、平らな部分の面積が広いものがスキップさせやすいですね」

平らな石が水切りでよく跳ねるのと原理は一緒。

内山「バウンドを覚えたら、ダイヤルを1つずつ弱めていけばさらに飛距離は伸びますよ」

スキッピングの“コツ”とは?

画像: スキッピングの“コツ”とは?

「単刀直入に言いますよ。“SVコンセプトのスプール”です!」

ウッチー「多くの方に教えましたし、誰よりも上達させてきた自信があるからこそブッチャケますけど、スキッピングは道具ありきです」

おすすめはSVスプールを搭載したDAIWAベイトリール

ウッチー「バックラッシュが怖いから竿を振り抜けない? 僕も最初はそうでした。でもね、ブレーキダイヤルをMAXにして、サイドから水面と平行に思い切って投げてみてください!」

画像: 「単刀直入に言いますよ。“SVコンセプトのスプール”です!」

ウッチーのスキッピング及びフロッギングテクニックは下記動画をチェックすべし!

画像: 内山幸也 実釣解説Technical Tactics in五三川編|Ultimate BASS by DAIWA Vol.157 www.youtube.com

内山幸也 実釣解説Technical Tactics in五三川編|Ultimate BASS by DAIWA Vol.157

www.youtube.com

この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

内山幸也に関する記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.