スタンダードなキャストの精度はバス釣りにおいて重要である。しかし、状況によってはテクニカルなキャストが要求され、それが釣果を左右することもしばしば。故にあらゆる投法をマスターすれば、釣果上昇は約束されるだろう!今回はあのミラクルジムこと村田基氏の正統後継者であり、デュオプロスタッフとして近年活躍の幅を広げてる酒井俊信さんのキャストテクをご紹介!



画像2: ミラクルジム正統後継者が教える!誰でも簡単且つメリットだらけの『フリップキャスト』とは?

【Profile】
酒井俊信(さかい・としのぶ)
幼少期にグランダー武蔵に啓示を受け、あの村田基さんを師と仰ぐプロアングラー。そのトリッキーかつ正確無比なキャストで難攻不落なバスを陥落。潮来つり具センター勤務。

酒井俊信×フリップキャスト

画像: 酒井俊信×フリップキャスト

「実はフリップキャストはそう難しくないんです。なぜなら…」

酒井「バス釣りの基本、オーバーヘッドキャストができる人なら、誰でも簡単に習得できるはず。なぜなら上か下かの違いだけですから」

一見難しそうに見えるフリップキャストだが、よーく考えればまさにその通り!

酒井「まずは目標に対してまっすぐ構える。で、下方向へ振ってルアーの重みが乗ったらリリースです」

「フリップキャストができたら応用編として、スパイラルも!」

画像: 「フリップキャストができたら応用編として、スパイラルも!」

酒井「フリップを覚えたら、応用編として竿先をクルッと回して投げるスパイラルキャストもぜひ」

酒井さんは小〜中学生時代には習得済み。

酒井「釣れない時にマト当てゲームとかでよく遊んでましたね」

練習は裏切らない。

オカッパリ派必見!華麗なフォーム以上のメリットがそこにある!

メリット:「他のキャストができなくてもコレならできる状況は必ずある!」

酒井「狙ったピンスポットに落とせる、着水音を抑えられる、それにヤブコギしてバックスイングのスペースがなくても足場さえあれば投げれます」

メリットは様々だが、特に陸っぱりの特効薬だ。

酒井「あと、回収してすぐにモーションに入れるので手返しもいいし、さらに(以下略)」

いいこと尽くしのキャストなのだ!

画像: メリット:「他のキャストができなくてもコレならできる状況は必ずある!」


酒井「霞ヶ浦水系の護岸沿いを狙う時にも便利ですよね」

数歩進んでフリップ、また数歩進んでフリップ。

酒井「正確かつスピーディーです」

フリップキャストの“コツ”とは?

「ヒジは肩の位置まで上げる。モーションはそこからスタート」

酒井「お店のお客さんにお教えする時、皆さん『竿先が下に当た(って折れ)るのが怖い』と、投げる最中にカカトが上がってテンプラキャストになってしまうんです」

それを防ぐには?

酒井「構える時、まずはヒジを肩の高さまで上げる。そこから始めてくださいね」

画像: 酒井 「ヒジを肩まで上げれば、7フィートの竿でも竿先が下に当たることはないですよ。最初は短めの竿の方がやりやすいかもですね」

酒井「ヒジを肩まで上げれば、7フィートの竿でも竿先が下に当たることはないですよ。最初は短めの竿の方がやりやすいかもですね」



この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

酒井俊信に関する記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.