他社とは一線を画す超硬度ガラスレンズを採用することで、全天候を想定した釣りという過酷な使用下で存分に耐え得ることを証明し続ける偏光グラスの金字塔。それが「ティムコ・サイトマスター」。今季、いよいよ20年の節目を迎える名機の系譜が辿り着いたのは、“超撥水”というネクストステージ。さらに実戦力を増したNEWレンズ『SWR』の実力とは。


究極テクノロジーが実現する真の耐久性

我々が楽しむバスフィッシングにおいて、いや釣り界全体において“偏光グラスの代名詞=サイトマスター”であることにもはや異論の余地はない。水中の見やすさは今さら言うまでもない。

何よりの強みはそのレンズ素材。他に類を見ない独自の『ガラス』マテリアルを採用することで視界の明るさを保ち、眼への負担を限界まで低減した使用感は定評。さらには優れた耐久性を誇り、初期性能を常にキープすることから、ユーザーの熱い支持を受け続けている。

元来、強度に定評のあるサイトマスターレンズが次なる着地点として求めたのは『超撥水』というレンズ機能。バスフィッシングは雨天を辞さず行われるスポーツ。雨粒が視界を遮ることなく高パフォーマンスを持続させる、新たなファンクションを身に付けることに成功したのだ。

それが『SWR(Super Water Repellent)』と呼ぶ、超撥水かつタフさを兼ね備えた新たなレンズ。その真価は如何に。ティムコ・大津清彰氏に訊く。

大津「撥水性能のメカニズム、その根本はレンズ表面の摩擦係数に起因。肉眼では見えないミクロの世界でも凹凸を極限まで減らして水分の付着を防ぐ超撥水コーティングが施されています」

撥水性能の比較

通常のコートレンズ

視界を遮る大粒の雨は降雨時の天敵…
拭き取ってもまた付着する雨粒。視界を遮られ続け、終いには偏光グラスを外すことに至った経験は誰にでもある。もうその不安はない。

SWRレンズ

レンズ自体が超撥水効果を発揮!もう撥水剤を塗布する必要はない!
真空蒸着と呼ぶ特殊製法により、超撥水コートが施された2020NEW・SWRレンズ。ミクロ単位で極限まで凹凸のない鏡面に仕上げられたレンズ表面は、摩擦係数を大幅に低減することで水分の付着を防止。表面効果によって弾かれ霧状となった雨粒は、風圧で即座に除去。もう視界を遮ることはない。

磨き抜かれた鏡面は、個体はおろか液体さえも表面に定着することを防ぐ。レンズが正面から受ける風圧により、即座に細かな雨粒も弾き落とし視界を確保。

大津「同時に耐キズ性能も、従来よりもさらに向上。特殊な蒸着加工によって成型された滑らかなレンズ表面は、摩耗テストで圧倒的な結果を見せたばかりか、表面に付着する砂埃や脂汚れなども驚くほど簡単に拭き取れます」

耐キズ性能の比較

スチールウールを500グラムの加圧で擦り続ける実験の結果…
調理後の鉄板を強く擦り、汚れを落とすスチールウールで強度テスト。耐久性で定評な通常コートレンズでも1000回へと達すると、表面にキズが生まれる。ティムコは通常の使用では想定外となるテストを敢えて行った。

画像: 通常のコートレンズ。画像左が強度テスト300回後、そして画像右が強度テスト1000回したもの。

通常のコートレンズ。画像左が強度テスト300回後、そして画像右が強度テスト1000回したもの。

極限まで凹凸のない鏡面仕上げは優れた耐キズ性能という副産物も!
キズとは、表面に引っかかりがあるからこそ生じるもの。眼に見えないごくごく微かな凹凸でも、それが引き起される要因となる。SWRレンズは、通常のバスフィッシングでは起こり得ない自体を想定したテストでも優れた耐キズ性能を発揮していることは明らかだ。

画像: こちらはSWRレンズ。画像左が強度テスト300回後、右が1000回したもの。ほとんどキズはない。

こちらはSWRレンズ。画像左が強度テスト300回後、右が1000回したもの。ほとんどキズはない。

超高強度かつ超高精度な鏡面仕上げだからこそ、超撥水性能のみならず耐キズ性能というシナジーも生み出したのだ。
巷では10年モノとの呼び声高いサイトマスター。対して、今度のSWRは一生モノ。そう呼んでもいいだろう。



SWRレンズ搭載新モデルがこちら!

2タイプ×2カラーのフレームに各9レンズ、計36モデルが一挙!

スタイリッシュなフォルムはもちろん、釣りにおける優れた機能性に心血が注がれるサイトマスター。新たな超撥水レンズ『SWR』は今季登場の2モデル(各2色)への搭載が発表された。

ロトンド』は遮光性と防風性を高める8カーブ採用のゴーグルタイプ決定版。

ロトンド(ブラック/マットブラック)

画像: ブラック(※レンズカラー:ディープブラウン)

ブラック(※レンズカラー:ディープブラウン)

スペック
●ブリッジ幅×レンズ横幅×レンズ縦幅×フレーム幅:17×64×40×170mm
●カーブ:8カーブ
●レンズカラー:全9色
イーズグリーン、ディープブラウン、ライトローズ、ラスターオレンジ、LB/シルバーミラー、LG/シルバーミラー、スーパーライトブラウン、スーパーライトグレー、スーパーセレン ※全てSWR
●価格:各3万6000円(税抜き)
●発売:7月予定*ケース、クリーニングクロス付き

一方の『エノルメ』は超大型6カーブレンズを搭載することで遮光性に大幅に向上。

エノルメ(ブラック/マットブラック)

画像2: 偏光グラスの金字塔「サイトマスター」より“超撥水且つ傷に強い”NEWレンズが登場!その名も『SWR』

●ブリッジ幅×レンズ横幅×レンズ縦幅×フレーム幅:19×58×44×163ミリ
●カーブ:6カーブ
●レンズカラー:全9色
イーズグリーン、ディープブラウン、ライトローズ、ラスターオレンジ、LB/シルバーミラー、LG/シルバーミラー、スーパーライトブラウン、スーパーライトグレー、スーパーセレン ※全てSWR
●価格:各3万6000円(税抜き)
●発売:6月予定*ケース、クリーニングクロス付き

いずれもフィット感に優れる各ギミック搭載で釣りへの集中力を高める。偏光レンズカラーは実に各9色。お好みの1本が見付かるだろう。

この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!

偏光グラスについてもっと知りたいなら




This article is a sponsored article by
''.