ヤマシタのエギ王シリーズは使い手を選ばない基本性能の高さが魅力。シリーズ各モデルの個性を把握すれば、さらなるデカイカと邂逅できる日も間近だ。そこで、同社のエギングマイスターである川上さんに、それぞれの特徴と使い方を教えていただいた。今回は“まずはコイツで間違いなし”な先発投手、『エギ王LIVEサーチ』について解説いただきます。


画像1: まずはこのエギを投げろ! “アオリイカ探査能力特化”『エギ王LIVEサーチ』を徹底解説!!【川上英佑】

【profile】
川上英佑(かわかみ・えいすけ)
釣り具メーカーヤマリアの社員であり、同社のフィッシングマイスター制度のエギ部門でマイスターを取得。初心者にもわかりやすい解説には定評がある一方、非常に高度なエギングゲームの展開も得意とするアングラー。現在、各メディアで活躍の幅を広げている。

圧倒的先発率! 全てはこのエギから始まる!!

エギ王LIVEサーチ

画像: 3.5号 ノーマル オーシャンブルー

3.5号 ノーマル オーシャンブルー

アオリイカ探査能力に特化したハイアピールモデル

アオリイカの生態や特性を研究した上で、最も効果的なサウンド、光、そしてアクションを追求。広範囲からターゲットを探り出す能力を鍛え上げたモデル。フィールドに立ち、最初にキャストするエギとして最適だ。

【スペック】
●2.5号(10.5g・約5秒/m) ● 3号(15.5g 約3.3秒/m) ●3.5号(21.5g 2.8秒/m) ●3.5号シャロー(20g 約4.5号/m) ●3.5号ディープ(23.5g 約1.8秒/m)

広範囲のイカを引きずり出すサーチ力!

画像: 川上さんのエギングゲーム戦略上、LIVEサーチは欠かせないモデルだ。

川上さんのエギングゲーム戦略上、LIVEサーチは欠かせないモデルだ。

川上さんがハイアピールなエギ王LIVEサーチを使うシチュエーションは、どんなときですか?

川上「LIVEサーチの能力が活かされるのは、やはりオープンエリアです。広大なフィールドの中からアオリイカを探し出す必要があるような状況です。季節にもよりますが、ゲーム展開の中で最初に選ぶエギである場合が多いという認識です」

最初に投げるエギとは?

川上「LIVEサーチはアオリイカを探す能力も高いですが、当日の状況を把握するための情報収集能力も高い。その日の活性や潜んでいる場所、レンジなど。このエギをキャストすることで得られた情報を元に、次の展開を組み立てていく、先発エギとして最適なエギというイメージですね」

しかし、アピール力の強さはスレやすさにも繋がるという。

川上「例えば私なら、回遊待ちの場合はエギ王LIVEサーチよりも、エギ王LIVEを選びますね。サーチはアピール力が強い分、回遊待ちのような1つの場所で使い続けるという点では、スレやすいという側面もあるんで」



とことんこだわったラトルサウンド!

エギ王LIVEサーチの探査能力を最大限引き出すための操作法を教えてください。

川上「ラトルが入っているというのが、このエギの最大の特性でもあるので、サウンドをしっかりと発生させるということを意識して使います」

画像: とことんこだわったラトルサウンド!

水中では、音は全方位に拡散するため、レンジや方向に関係なく、広範囲からアオリイカを引き出すことが可能となる。

川上「アオリイカの研究の中で、最も聴き取りやすいのが600Hzという結果があります。そこで、LIVEサーチはのラトル音はこの周波数になるように、ボディ素材には白いボーン素材を採用しています。クリアのABS樹脂だと、望む周波数が得られなかったからです。ちなみに余談ですが、サーチにはケイムラの設定がないのも、クリアのABS樹脂が使えなかったからなんです。そこまでして、サウンドにはこだわりました」

エギ王LIVEサーチはマヅメ時に強い!

画像: 暗いマヅメ時にはラトル音のポテンシャルが最大限発揮される。

暗いマヅメ時にはラトル音のポテンシャルが最大限発揮される。

実際にエギ王LIVEサーチを使っていて、特に実績の高いシチュエーションはありますか?

川上「これはもう、ローライト時ですね。具体的には、朝・夕マヅメ時です。光量が少ないと、視覚的なアピール力は下がります。サーチにはラトル音という武器がありますから、ラトル非搭載のエギとの差が如実に現れるんです。同行者がエギ王LIVEサーチを使い、私がラトル非搭載エギを使い続け、釣果に差を付けられるということが何度もありました」

『エギ王LIVEサーチ』に詰まったコダワリ

画像: 音・光・動きでテンポよく誘う「エギ王LIVEサーチ」 2019年リニューアル! www.youtube.com

音・光・動きでテンポよく誘う「エギ王LIVEサーチ」 2019年リニューアル!

www.youtube.com

●サーチラトルを内蔵!

ボディ内には複数のラトルが入っており操作時にサウンドを発生。その音はアオリイカの可聴領域の600Hzにチューニングされている。

●発光色490グロー採用!

ボディ側面には、水中でイカが見やすい490nm(ナノメートル)の波長で発光するグロー塗料が塗布され、視覚的アピールを向上させている。

●フォール速度はエギ王LIVEより速い!

ラトルボールが入っている分、エギ王LIVEよりも重量がUPしているため、沈下速度がUP。ポイントを素早く探っていくことが可能。

●3.5号のみ「シャロー・ディープ」を選択可能!

最も使用頻度が高いサイズである3.5号には、ノーマル以外にシャローとディープの2つのタイプを選択可能。状況に応じた使い分けが可能だ。

●蓄熱布「ウォームジャケット」搭載!

蓄熱性を持つ特殊な布を採用することで、熱というアピール性を装備。温度に敏感なアオリイカを効果的に誘える。

画像2: まずはこのエギを投げろ! “アオリイカ探査能力特化”『エギ王LIVEサーチ』を徹底解説!!【川上英佑】
ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王 LIVE サーチ 3.5#031 オレンジレッド 608274
カラー:031 オレンジレッド
ウエイト:21.5g
サイズ:3.5号
沈下速度:約3.3秒/m
テープ:赤
サーチラトル:イカの聴覚を研究してたどり着いた、イカの聞き取りやすいラトル音で強力アピール。
490GLOW:イカの視覚特性に基づいた「いかが見やすい発光色」でイカに強烈アピール。
ちょい早フォール:LIVEの軽快ダートはそのままに、沈下速度を少し早めた設計で効率よくイカを探る、
¥946
2020-06-24 14:47

現在ルアマガソルトYOUTUBEチャンネルにて、川上さんの夏イカ攻略動画も絶賛公開中!!

画像: 【前編】釣れてる時こそエギを換えろ! 大型アオリイカを釣るためのエキスパート実践テク www.youtube.com

【前編】釣れてる時こそエギを換えろ! 大型アオリイカを釣るためのエキスパート実践テク

www.youtube.com
画像: 【後編】釣れてる時こそエギを換えろ! 大型アオリイカを釣るためのエキスパート実践テク www.youtube.com

【後編】釣れてる時こそエギを換えろ! 大型アオリイカを釣るためのエキスパート実践テク

www.youtube.com

関連記事はこちら






This article is a sponsored article by
''.