「スピード感が必要な現在のバス釣りにはハードベイトが欠かせない」と語る金森隆志さんのオカッパリ攻略法とは? 今回はギル編。見た目はみなリアルなギルだが、使い方、動き方、魅せ方はどれも異なる3種類だ。
画像1: 「出しどころはすべて違う!」 絶対王者・金森隆志の選ぶ『ギル系プラグ』3選! 【岸釣りハードベイト選】

【Profile】
金森隆志(かなもり・たかし)
陸王のタイトルを3度も手にした岸釣りコンペティターの絶対王者でありながら、2016年には艇王の座も勝ち取ったマルチアングラー。1999年に並木敏成プロに触発され、知識ゼロから釣りを始め、徹底した現場主義を貫き、濃密な練習の末今に至る。ハードベイトによるパワーゲーム主体のスタイルを得意とするが、現在はフィネスやサイトまでも高次元でこなす。レイドジャパン代表。



三者三様。似ているようでまったく違う動きと出番

「プレッシャーが高ければ高いほど、特にリザーバーやため池ではブルーギルを偏食するケースが多い。ギル系プラグを3つピックアップしたのは、どれも異なる特徴があってどれも欠かせないからです」とは金森さん。そんな彼が選ぶルアーは…?

ブルシュータージュニア(デプス)

鋭いS字で巻いて仕掛ける

画像: 鋭いS字で巻いて仕掛ける

【スペック】
●全長:130mm ●重量:2ozクラス

金森「巻けばS字を描くけど、極端にいうとクルクル回る感じ。短く鋭くターンするってことは、ボディで水をすごく押すということ。ギル系ってサイトでアプローチすることが多いけど、濁ってる時に巻いて使うことが多いですね」

画像: グリグリっと素早く巻いて止めて、を繰り返すのが基本だという。

グリグリっと素早く巻いて止めて、を繰り返すのが基本だという。

金森「動く時は強烈に動かして、突然ピタッと止める感じです。短距離をすばやく鋭くターンして、強い水押しでアピールします」

ジョイントゾーイ(THタックル)

見せて食わせて、I字でも食わせる

画像1: 見せて食わせて、I字でも食わせる

【スペック】
●全長:93mm ●重量:36.5g

鬼才・濱田禎二さんが本物のブルーギルから型取りしたという超リアルな逸品。

金森「クリアな水域で出番が多いです。ボトムの岩などに置いて、バスが寄ってきたらピュッと動かしてリアクション的に食わせる。ゆっくり、I字的に真っすぐ引くのもいいですね」

画像2: 見せて食わせて、I字でも食わせる

ボトム放置からのリアクション、またはI字引きで活躍。ブレードやテールのスカートといったパーツもバスを惹きつける要素なのだろう。

画像2: 「出しどころはすべて違う!」 絶対王者・金森隆志の選ぶ『ギル系プラグ』3選! 【岸釣りハードベイト選】
ティーエイチタックル(T.H.Tackle) ジョイントゾーイ #F(復刻) 野池ギル
サイズ:93mm
ウェイト:30g
タイプ:フローティング
¥4,378
2020-07-10 19:44

ギルロイドジュニア(イマカツ)

巻いても止めても強烈な釣獲性能

画像1: 巻いても止めても強烈な釣獲性能

【スペック】
●全長:135mm(ブーツテール装着時) ●重量:1.8ozクラス

金森「ブーツテールの水押しが強いので、早巻きするとバスにスイッチが入って猛烈な勢いで食ってきます。ボトムに置いてもよく釣れますが、三原チューンがマストです。これは三原に聞いてください(笑)」

画像2: 巻いても止めても強烈な釣獲性能

フラットテールとブーツテールの2タイプが存在。金森さんは水押しの強いブーツテールを愛用しているという。

画像: 昨年の陸王で三原直之さんがキャッチした50アップ。護岸沿いに浮いてきたバスにエイトトラップを繰り出すという、その瞬間を的確に捉えた1尾だ。

昨年の陸王で三原直之さんがキャッチした50アップ。護岸沿いに浮いてきたバスにエイトトラップを繰り出すという、その瞬間を的確に捉えた1尾だ。

画像3: 「出しどころはすべて違う!」 絶対王者・金森隆志の選ぶ『ギル系プラグ』3選! 【岸釣りハードベイト選】
イマカツ ギルロイドJr.バッファローホーンフック 3Dリアリズムギルロイド ジュニア3D琵琶湖グラスギル
イマカツ ギルロイドJr.バッファローホーンフック 3Dリアリズムギルロイド ジュニア3D琵琶湖グラスギルです。
¥12,460
2020-07-10 19:46

お次はカナモの選ぶ『クランクベイト・シャッド』特集!

金森隆志の【岸釣りハードベイト選】シリーズはこちら






This article is a sponsored article by
''.