「スピード感が必要な現在のバス釣りにはハードベイトが欠かせない」と語る金森隆志さんのオカッパリ攻略法とは? チャター編でカナモが選んだのはレイドジャパンの新作『マックスパワー』2種。それぞれ「強さ」「スピード」特化の“尖った”チャターだ。
画像: 金森隆志が今、投げたいチャターベイトは“パワー”と“スピード”それぞれに振り切った特化型2タイプだ! 【岸釣りハードベイト選】

【Profile】
金森隆志(かなもり・たかし)
陸王のタイトルを3度も手にした岸釣りコンペティターの絶対王者でありながら、2016年には艇王の座も勝ち取ったマルチアングラー。1999年に並木敏成プロに触発され、知識ゼロから釣りを始め、徹底した現場主義を貫き、濃密な練習の末今に至る。ハードベイトによるパワーゲーム主体のスタイルを得意とするが、現在はフィネスやサイトまでも高次元でこなす。レイドジャパン代表。



「強さ」と「スピード」に振り切ったレイドジャパンの自信作

一見したところ、ありがちなチャター系。だが一方は「強さ」、もう一方は「スピード」を最重要視した新作だ。どちらもブラシガードが搭載されているのは、障害物へのタイトな攻めを前提としているからだ。

カナモのチャターは「速さ」と「強さ」の2極振り!

画像1: カナモのチャターは「速さ」と「強さ」の2極振り!

金森「プロトタイプのチャターで釣り込んでいくと、波動の強さとスピードに特化した2タイプが必要という結論に至りました」

画像2: カナモのチャターは「速さ」と「強さ」の2極振り!

音と波動でアピールするタイプパワー、速さでバスをだまし切るタイプスピード。両者ともにブラシガードが装着されているので、障害物周辺をためらうことなくトレースできる。

音と波動で強烈にアピール

マックスブレード・タイプパワー

画像: マックスブレード・タイプパワー(レイドジャパン)+サカマタシャッド5インチ(デプス)

マックスブレード・タイプパワー(レイドジャパン)+サカマタシャッド5インチ(デプス)

金森「どんなスピードでもしっかり水を押して泳いで、ブレードがヘッドに当たってサウンドを発生させる。回復傾向のバスが捕食モードにある場合や荒れた時は特に効果的ですね」

画像: マックスブレード・タイプパワー

リトリーブすると大きめのブレードがヘッドに当たってサウンドを発生。同時に激しくバイブレーションして広範囲のバスにアピールする。

チャター史上最弱ピッチが最大の特徴

マックスブレード・タイプスピード

画像: マックスブレード・タイプスピード(レイドジャパン)+サカマタシャッド5インチ(デプス)

マックスブレード・タイプスピード(レイドジャパン)+サカマタシャッド5インチ(デプス)

金森「特にカスミ水系の場合、アフターから回復期に護岸沿いでエビを食う個体が多い。そんな場合はシャッドのような弱波動が効くんだけど、シャッドだと水面直下を探れない。チャターらしからぬ弱波動で、素早く巻いて使えるのがタイプスピードです」

画像: マックスブレード・タイプスピード

上部がスパっと平らになったヘッドと、小ぶりなブレードが生み出すシャッドプラグのような弱波動。水面直下から30センチ前後を素早く攻略できる。

カナモの【岸釣りハードベイト選】シリーズはこちら






This article is a sponsored article by
''.