どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。ハヤブサの『アジまっすぐ』はジグヘッドとしては"異形”。しかしワームのセットが非常に楽、かつ掛かりの良さもあいまって、初心者からベテランにも幅広く使ってもらいたい傑作ジグヘッドだ。


まっすぐ刺せてフックの性能を100%引き出せるアジング専用ジグヘッド

「夜の釣りの暗い中や、寒い冬で手がかじかんでジグヘッドにまっすぐワームが刺しにくい、そういった悩みを解消するためにこのまっすぐキーパーを作りました」

そう語るのはハヤブサ開発課の市橋さんだ。

画像: アジまっすぐ(ハヤブサ)

アジまっすぐ(ハヤブサ)

【スペック】
●重さ:0.3、0.5、0.75、1、1.25、1.5、2g ●フックサイズ:6、8、10 ●入数:4個 ●価格:オープン

かねてからハヤブサは人気ジグヘッド『メバルまっすぐ』を販売。群を抜いた『刺しやすさ』『掛かりやすさ』で人気を博し、すでに定番商品となっていた。これをアジングに特化させたのがこの『アジまっすぐ』だ。

やはり目を惹くのはフックとは別に存在する『まっすぐキーパー』。ワームはこちらにマウントする設計となっており、手軽でカンタンにセットできるだけでなく、むき出しのフックがアジの口を直撃! フックの性能を100%活かし、小さなバイトさえ逃すことはない。

画像: マウント例。ワームは『アジクルー ニードルストレート2.5インチ』。キーパーに刺すだけで完成。

マウント例。ワームは『アジクルー ニードルストレート2.5インチ』。キーパーに刺すだけで完成。

細かく刻んだウェイト&フックサイズ

0.2g、0.25gと細かく設定されたウェイトラインナップも特徴だ。この0.2gの差を実現するには工業的に非常に高度な技術を要するのだという。その努力もワームに応じた細かなローテーションを可能とするため。釣り人が要求する性能になんとか答えようとするハヤブサの執念の結実だ。

おかげでジグ単からキャロまで、様々なフィールドコンディションに対応できる商品となった。フックサイズも3種類用意されており、使用するワームに応じて適切なマッチングを探すことができる。

ワームはキーパーに突き刺すだけ!

文字通り、ワームを差し込むだけで誰でもまっすぐにセッティングできるのがまっすぐキーパー。ワームが曲がっていると本来の設計理念を活かせず、釣果は激減してしまう。

画像: ワームはキーパーに突き刺すだけ!

小さなワームでも刺しやすいので、ワームセッティングの煩わしさから解消される。かじかんだ指でも扱いやすいのもナイトゲームの多いアジングにとって嬉しい利点だ。

ヘッドにも注目! ラインを通しやすいビッグアイ

ヘッドは砲弾型で、スイミングさせたときの姿勢が安定しやすいように設計。ヘッドとワームの一体感が上がるように設計されており、ワームの性能を十全に引き出す。アイを大きくすることでラインを通しやすく、スナップの使用にも対応している。

画像: アイは大きめに設計。風が強いときや疲れ目のときには非常にありがたい。

アイは大きめに設計。風が強いときや疲れ目のときには非常にありがたい。

画像: アジングワームがぶすりとセット簡単なキーパー付きジグヘッド『アジまっすぐ(ハヤブサ)』
ハヤブサ(Hayabusa) アジング専用ジグヘッド アジまっすぐ FS215 #8-1g
サイズ:#8
重さ:1g
入数:4本
¥357
2020-07-22 15:08

関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.