東京湾のボートアジングが盛り上がりを見せている。近年、アジングメインの遊漁船も増え、激戦区で活躍するオカッパリアングラーたちも、安定感のあるボートフィッシングに勤しんでいるに違いない。そんな人気の釣りの楽しみ方を、ボートアジングのエキスパート・澤村智之さんに解説してもらった。


解説は澤村智之さん!

画像1: 東京湾のボートアジングならカンタンにアジ連発! 日中の“ボトムステイ”で釣果は約束されたも同然?

【Profile】
澤村智之(さわむら・ともゆき)
レジットデザインを始め、フィッシュアローやラッキークラフトのプロスタッフを務める。バスに始まり、シーバス、アジングとボートフィッシングを中心に様々な釣りを経験してきた。ここ数年はとくにデイアジングのあらゆる可能性を探りながら、時間のある限り出船している。

日中のアーバンエリアで楽しむボートフィッシング

澤村「ボートアジングはナイトゲームのイメージが強いと思いますが、ここ数年は、もっぱらデイゲームメインで楽しんでいますよ」

そう語るのはレジットデザインでプロスタッフを務める澤村智之さん。東京湾をホームグラウンドにアジやシーバスのボートゲームを楽しむエキスパートである。彼のアジングは、ここ数年デイゲームの割合が増えたという。

画像: 澤村さんのホームグラウンドである横浜エリア。ベイブリッジや工業地帯など、独特の空間の中で釣りを楽しんでいる。

澤村さんのホームグラウンドである横浜エリア。ベイブリッジや工業地帯など、独特の空間の中で釣りを楽しんでいる。

澤村「早朝から出船して、明るい時間帯に釣りをする。午前中で切り上げて、自宅に帰れば夕食の食卓に新鮮なアジ料理を振る舞える。健全ですよね。また、デイでも多角的に、効率的に戦略を練ることで、釣果も伴ってきます」

攻略のカギは“ボトムでのゼロテンションステイ”にあり!

澤村「ナイトゲームは表層からボトムまで様々なレンジを探りながら狙いますが、デイは基本的にボトムがメインになります。付き場がハッキリしているので、ある意味釣り方は絞れるんです」

澤村さんがオススメするのは“ボトムステイ”での釣りだ。

澤村「ただし、ボトムステイとはいえ落としてそのまま置けばいいわけではありません。チョンチョン竿を煽ってリグをアクションさせたり、前後に誘いも入れます。それと、ステイ時はゼロテンションを保つことも重要なんです」

ラインは張らず緩めず、ワームがゆらゆらと潮に合わせて自然に動くイメージ。

澤村「東京湾の、私がホームグラウンドとしているエリアでは、経験上この釣り方が一番釣果が安定していますね」

そう言いながら3投ほどでファーストフィッシュをキャッチしてみせた澤村さん。パターンを見つけると、外道を挟みながら立て続けにアジを釣り上げた。もちろん、ボトムエリアのゼロテンションメソッドで、である。

画像: 手早く底を取るため、澤村さんは1.5~2gのジグ単をよく使うという。

手早く底を取るため、澤村さんは1.5~2gのジグ単をよく使うという。

ボトムまで効率的に“沈めて誘う”

基本はジグ単体の釣りとなるが、“ボトムエリア”を攻略するシーンが多いデイアジング。素早く沈めて誘うことが重要になってくる。

澤村「ジグ単だけでも楽しめますが、キャロライナ、逆ダンなどの様々なリグを駆使することで、より効率的に探ってゆくことができます。僕も元々バスを楽しんでいましたが、バスアングラーの方も入りやすい釣りかと思います」

画像: 「シンカーを使ったフリーリグやバチコンを用いるという発想がデイでは重要になってきます」とは澤村さんの言だ。

「シンカーを使ったフリーリグやバチコンを用いるという発想がデイでは重要になってきます」とは澤村さんの言だ。

“奥の手”パワーフォーミュラ

ザクトクラフトの『酒盗パワーフォーミュラ』を使用することも。魚ホルモンを自然発酵させたものだ。

澤村「ワームを漬けておくだけでものすごい匂いで誘います。渋い状況下ではこれが有効なシーンも多いんです」

画像: “奥の手”パワーフォーミュラ

酒盗ワームの威力は編集部フルカワがすでに体感済み。どうしても釣りたいときは迷わず頼ってみよう。

画像2: 東京湾のボートアジングならカンタンにアジ連発! 日中の“ボトムステイ”で釣果は約束されたも同然?
ZacT craft(ザクトクラフト) 酒盗 フォーミュラ 甲殻類
内容量:20g×3
¥1,509
2020-08-07 16:09

ジグ単を基本としつつ、キャロライナやバチコンで効率的に!

東京湾では、基本はジグ単の釣りだけでも成立する。

澤村「私も最初はジグ単メインでした。でも、やはりボトムの釣りですからね。より効率的に、と考えるとフリーリグやキャロ、バチコンなど様々なメソッドが必要になってくるんです。最初はジグ単のみで問題ありませんが、ボートアジングを始めて次第に経験値が増えてくれば、おのずとリグは増えていくと思います」

これまでボートアジングの可能性を模索しながら、様々な釣り方を試行錯誤してきたという。そんな中で近年注目しているのが、大型個体の可能性だ。

澤村「最近は、すでに東京湾で営業する遊漁船さんは注目しているようですが、沖でギガアジが狙えることがわかってきました。時期も7月後半から9月くらいまでと限定的ですが、写真にもあるように結果も出始めてきています」

画像: 澤村さんの最大サイズはなんと44センチ! 通常はバースや橋脚周辺などを狙っていくが、大型は沖のブレイクに付いていることもわかってきたそうだ。

澤村さんの最大サイズはなんと44センチ! 通常はバースや橋脚周辺などを狙っていくが、大型は沖のブレイクに付いていることもわかってきたそうだ。

沖ということで、狙うレンジも35mまでとやや深くなってくる。こうしたエリアではベイトタックルによるバチコンが有効とのことだ。

これから盛り上がりを見せていくことは確実。東京湾アジングシーンに注目されたし!

関連記事はこちら






This article is a sponsored article by
''.