オフショアジギングは大型の青物や根魚が釣れる人気のカテゴリー。ただ、ビギナーにとってはタックルのゴツさと価格、そして船に乗るという時点で若干敷居が高い…。そのヘンの障壁を取っ払って手軽にしたのが『スーパーライトジギング』なのだ!! 今回はピュアフィッシング・ジャパン随一のマルチエキスパートアングラー・トモ清水さんにSLJ(スーパーライトジギング)における重要な動作、魚を誘い、喰わせる「ジグのアクション」について色々と教えて頂きました!



前回のおさらいはこちら

前回はスーパーライトジギングの伝道師・トモ清水さんに専用タックル必要性について解説して頂きましたが、今回は気になる実釣におけるアクションについて解説して頂きます。

スーパーライトということで繊細なアクションが必要なのでは…と考えてしまいそうですが、むしろその逆! 初心者もお子さんも女性もだれでも簡単なアクションで魚が釣れちゃうんです

落として巻いて適当にシャクっても魚が釣れる

ジグのアクションは? イサキと他の魚とのアクションの違いはありますか?

トモ清水「イサキに関しては、本当にただ巻き&フォールの繰り返しです。ただ、前回お伝えした通りイサキは中層をテリトリーにする魚なので、ある程度タナを合わせてやる必要があります

例えば船長さんから『水深30m、15mくらいまでベイトとイサキの反応あり』とのアナウンスがあれば、ジグを20mくらいの深さまで落とす。そこから水深10mくらいまで巻き上げ、再び20mくらいまでフォールさせます

なぜイサキの反応がある15mより上の、10mまで巻き上げるのですか?

トモ清水「これはフィッシュイーター全般に言えることなんですが、ベイトの濃い水深よりも一歩抜け出すようにルアーを巻くと、追ってくる可能性が高いんです。この習性を利用して、ワザと5mくらい突き抜けた水深までジグを巻くことで、イサキの追尾欲にさらに火を点けようというやり方です」

タナをつかみ、習性を利用してバイトに導く

イサキはエサとなるベイトを追って中層にいるが、表層の青物などが食い散らかしたイワシなどが落ちてくるのを待ち構えていることも。だからこそ群れから逃げるように上昇する動き、そして表層からフォールしてくる動きの両方に積極的にバイトしてくるのだ。

他の魚を狙う場合も一緒ですか?

トモ清水「特にターゲットを決め打ちしないならば、一旦ボトムまでフォールさせてからのただ巻きはもちろん、ビギナーにありがちなギクシャクとしたジャークでも、割と簡単に魚が釣れてしまいます

この辺りもスーパーライトジギングの魅力のひとつで、小難しく考えなくても、何かしら魚が釣れる。だからこそ、オフショアビギナーにはオススメなんです!!」 

ただ巻きで反応が悪ければワンピッチ!

画像: ただ巻きで反応が悪ければワンピッチ!

まずはただ巻きとフォールの繰り返しから。それでも反応が悪い場合には、ワンピッチジャークを試してみよう。

トモ清水「ワンピッチの場合は、微弱メタルのようなセミロングタイプの方がダートしやすく、リアクションバイトも誘いやすいです

ジグのカラーは…自由で!!

画像: ジグのカラーは…自由で!!

トモ清水「目安としては朝夕&ローライト時はゴールド系、日中はブルピンやシルバー系が平均的に実績は高いですが、一番は自分だけの『自信カラー』を見つけることです。使い続けられるカラーがあるのは大きな武器です!」

イサキの習性ならではのフックセッティング

画像: イサキの習性ならではのフックセッティング

フッキングのイメージは『カットウフグ』の釣りに近い
イサキという魚は逃げるベイトを吸い込んでガブリ!…ではなく、自らの身体をベイトにぶつけるようにして叩き、怯んだところにバイトする。この習性を利用してフッキングの確率を上げるのが、写真右2つの『上下フックセット』。ジグにアタックしてきたイサキの身体に、フックを絡ませるようなイメージだ。

使用しているジグはコチラ↓↓

画像3: スーパーライトジギングの釣り方のコツは? 落として巻いて適当にシャクるだけでOK! トモ清水が徹底解説!
アブガルシア(Abu Garcia) メタルジグ ルアー ショアスキッドジグ40g SSSHRSJ40-BPK ブルーピンク
入り数:1
¥540
2020-08-07 14:59
画像4: スーパーライトジギングの釣り方のコツは? 落として巻いて適当にシャクるだけでOK! トモ清水が徹底解説!
アブガルシア(Abu Garcia) メタルジグ ルアー ショアスキッドジグ60g SSSHRSJ60-GRG グリーンゴールド
入り数:1
¥646
2020-08-07 15:02


SLJに外道はない!

新たなターゲットであるイサキをはじめ、青物や根魚などあらゆる魚種を狙うことが出来る「SLJ(スーパーライトジギング)」

タックルも軽くて操作もしやすく、初心者や女性、お子様でも気軽にチャレンジが可能!魚の引きも楽しめて、釣れるのも美味しい魚ばかりといい事ずくめな新たなオフショア(船)ルアーゲームなのです!

最盛期を迎える今、是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

関連記事はコチラ




This article is a sponsored article by
''.