ショアジギングといってもそのときの回遊次第で釣れる魚種は様々。単にメタルジグを投げて巻いてくるだけでも釣れるけど、それぞれ狙い方は少しずつ違う。そのコツをマルチアングラーとして知られる渡邉さんが徹底解説!今回はマヒマヒの名前でもお馴染み、全国各地に生息する夏を代表する回遊魚の釣り方をご紹介致します。


教えてくれるのは房総半島のマルチアングラー

【Profile】
渡邊長士(わたなべ・たけし)
千葉県出身在住。房総半島全域を知り尽くし、その時期の旬の魚を狙っている超マルチなアングラー。様々な釣りに詳しいが、なかでもショアジギングは超ライトな魚種からパワフルなヒラマサまで熟知している。

ショアもオフショアも!夏の定番人気ターゲット「シイラ」

画像: ショアもオフショアも!夏の定番人気ターゲット「シイラ」

夏のショアジギングの代表的なターゲットであるシイラ。日本のみならず全世界の熱帯、温帯海域に広く分布。日本においては初夏から秋にかけて沿岸部で見かけられ、最大2mを超すサイズのものまでいる。ルアーへの反応も良く、ヒット時にはジャンプも多く、エキサイティングなファイトが楽しめる。

沖の潮目や漂流物へルアーを遠投し、なるべく速く巻いて追わせよう!

シイラを釣るコツを教えて下さい!

渡邉「シイラはズバリ!“とにかく速く巻く”ことです!」

スピード重視ということですか!?

渡邉「外洋から回ってくる魚なので、沖の潮目とか流木などの漂流物に付いていて、サーっと逃げるベイトを追っかけています。見切られる前に喰わせるような感じで、速く巻いて興味を引かせるんです」

ガーッと巻くだけでOKなんですか?

渡邉「自分は軽くロッドアクションを加えています。イメージ的にはジャカジャカ巻きですね。ロッドを巻くスピードに合わせて軽く~上下させる感じです」

やはり…表層だけで良いですよね?

渡邉「中層やボトムにもいます。まずは表層をスリム系のジグでジャカジャカ巻き。それからレンジを入れて探っていきます。あとは扁平型のジグを水面で滑らすように巻いてくるスキッピングも効果的ですね」

画像: 沖の潮目や漂流物へルアーを遠投し、なるべく速く巻いて追わせよう!


渡邉的!シイラ用おすすめメタルジグ!

投技ジグ30~40g(カルティバ)

画像3: シイラを釣るコツは潮目に向かって“遠投&速巻き”!【渡邉式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】

飛距離と巻きスピード重視のスリム系
空気抵抗が少ないスリム系ジグは、飛距離に優れる。沖のポイント狙いのシイラには最適だ。また、巻きスピードが速くてもアクションが安定!

画像4: シイラを釣るコツは潮目に向かって“遠投&速巻き”!【渡邉式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】
オーナー(OWNER) メタルジグ WJB-30 投技ジグ 97mm 30g イワシ #23 31977 ルアー
主な対応魚種:ブリ カンパチ ヒラマサ カマス サバ タチウオ アジ カマス
サイズ:97mm / 重量:30g
カラー:イワシ #23
品番:No.31977
¥841
2020-08-13 13:57

ファントムⅲ28~40g(DAIWA)

画像5: シイラを釣るコツは潮目に向かって“遠投&速巻き”!【渡邉式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】

スキッピングが得意な扁平ボディ
表層をチャチャチャ…っと跳ねて滑るようなスキッピングもシイラには効果的。それに適しているのが水を切って沈みにくい、扁平型のジグだ。

画像6: シイラを釣るコツは潮目に向かって“遠投&速巻き”!【渡邉式!ライトショアジギング魚種別釣り分けテク!】
ダイワ(DAIWA) メタルジグ ファントムIII 28g CHシルバー ルアー
自重(g):28
フックサイズ:#1/0
フックタイプ:ショアジギ シングルフック
¥880
2020-08-13 14:11

この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はコチラ⇩⇩




This article is a sponsored article by
''.