バスフィッシングを要素のひとつとするストリート系ブランド『CHALLENGER』が文化の街・渋谷のストリート系セレクトショップ『CAPTAINS HELM』とコラボレーション! ポップアップショップ「Street Fishermans Store TOKYO」として8/16(日)までイベント開催中だ。



“バスフィッシング”と“ストリート”がひとつに交わるイベント開催中!

クルマやカスタムバイク、スケートボード、楽器。そして釣り。どれだけ年齢を重ねても男の遊び心を掴み続けて離すことのないカルチャーだ。それらを「アメリカン・ガレージ」というコンセプトにまとめあげ、その世界観を発信し続けてきたブランドがCHALLENGERである。

一方、CAPTAINS HELMはアメリカ西海岸をテーマとした渋谷区・千駄ヶ谷のセレクトショップ。「サーフ」「バイク」「ヴィンテージ」という言葉を軸足に取りつつ、独自のテイストで選び抜いたプロダクトを世に送り出してきた。

昨年の4月に開催されたCHALLENGERによるバスフィッシングのポップアップショップ「Street Fishermans Store TOKYO」は大盛況のうちに幕を閉じたが、本年は“ストリート”の価値観を共有するCAPTAINS HELMとコラボレーション。8/13(木)~16(日)の日程で現在開催中だ。取材を兼ねて編集部員が訪れてみたところ、多くのバスプロたちが…?

イベント詳細&限定アイテムはこちらで紹介

暑さの中でもイベントは大盛況!

CAPTAINS HELMの店先にはテントが張られ、その下ではイベント限定アイテムが販売されている。猛暑にもかかわらず今回も大盛況。開店前には店の前に行列までできていたそうだ。コラボレーションへの注目度の高さが伺える。

画像: CAPTAINS HELMの店先。イベント限定アイテムを求める多くの人で賑わっていた。

CAPTAINS HELMの店先。イベント限定アイテムを求める多くの人で賑わっていた。

画像: イベントブースの様子。ひっきりなしに人が集まる。

イベントブースの様子。ひっきりなしに人が集まる。

バスフィッシングに彩られた店内

店内にはイベント限定品のみならず、バスタックルも展示・販売されている。CAPTAINS HELM × CHALLENGERテイストに陳列されたタックルを目にすれば購入意欲をくすぐられること必至だ。

レイドジャパン

アブ・ガルシア

画像: アブ・ガルシアのブースではバッグやタックルボックスなどの小物を陳列。

アブ・ガルシアのブースではバッグやタックルボックスなどの小物を陳列。

deps

画像: depsからは『スライドスイマー』ほか、Tシャツやキャップ、ハットなども。

depsからは『スライドスイマー』ほか、Tシャツやキャップ、ハットなども。

ゲーリーインターナショナル

ジークラック

多くのバスプロたちもご来店…?

1時間ほどの滞在ではあったが、当然のことながら来る人来る人釣り人ばかり。その上今回のイベントには8社ものメーカーが協賛、それぞれのブースを構えている。したがって関係者たるバスプロの姿も数多く見受けられた。もしかして、行けば会える…?

画像: 今期よりismの取締役となった山木一人さんと、代表の杉山貞圭さん。各地で完売続出の「PULL」も陳列。

今期よりismの取締役となった山木一人さんと、代表の杉山貞圭さん。各地で完売続出の「PULL」も陳列。

画像: 亀山のスーパーロコ・川島勉さんは新作『スリークマイキー』を引っさげて登場。

亀山のスーパーロコ・川島勉さんは新作『スリークマイキー』を引っさげて登場。

画像: 内山幸也さんは手書きの看板とともに。ウッチーコーナーは扱いが雑?いえいえ、親しいからこそのネタですw。

内山幸也さんは手書きの看板とともに。ウッチーコーナーは扱いが雑?いえいえ、親しいからこそのネタですw。

編集部のおつかい

CAPTAINS HELMとCHALLENGERの期間限定コラボレーション。ルアマガ事業局でも「欲しい!」の声が数多。おつかいをして参りました。

画像: Tシャツもお買い上げ。171センチでMサイズがぴったり、といった様子です。

Tシャツもお買い上げ。171センチでMサイズがぴったり、といった様子です。

このほか様々な限定アイテムが販売中! Street Fishermans Store TOKYOは8/16(日)まで開催中。興味のある方、近場に立ち寄る機会がある方、絶対に逃したくないモノがある方はぜひ、お店まで足を運んでみて下さい!

【Street Fishermans Store TOKYO】
開催期間: 8/13(木)~8/16(日)12:00~20:00
場所: CAPTAINS HELM TOKYO(東京都渋谷区千駄ヶ谷2-37-8-1F)
問い合わせ: 03-6434-9381

関連記事はこちら






This article is a sponsored article by
''.