2019年、強靭なボディでありながら軽量さを兼ね備えたアルミモノコックボディを纏い、フルモデルチェンジを果たしたDAIWAスピニングリールの大人気モデル「セルテート」。その人気はソルトルアーマンをはじめ、バスアングラーをも唸らせた。そしてこの度、特別にアップグレードされた“カスタムボディ単体”がSLP WORKSより発売されることとなった!


セルテートカスタムボディ(SLP WORKS)

DAIWAのスピニングリールの新機構「LT(ライト&タフ)コンセプト」「モノコックボディ」を纏い高剛性と軽さを両立された名機『19セルテート』

画像: 19セルテート

19セルテート

そんなセルテートに"自分にフィットしたもの"を加えることができれば、さらなるパワーを手にすることが出来るのではないか、そんなセルテートファンに向けた待望のカスタムボディがSLP WORKSより遂に発売されることとなった

SLP WORKS(エスエルピー・ワークス)とは?

SLPとは「スポーツ・ライフ・プラネッツ」の略称であり、DAIWA製品のアフターサービス(修理・メンテナンスなど)センターでありながら、リールやロッドのチューンナップ・ドレスアップサービスをはじめ、リールのメンテナンスツールや、スプールやハンドル、ハンドルノブ、ベアリングなどのカスタムパーツやカスタムサービスも提供しているグローブライド社の子会社。

バスやソルトルアーはもちろん、磯釣りや投げ釣り、船用電動リールのパーツもとり揃っている。

今回販売されるカスタムボディには、その名の通り、スプール・ハンドル・ハンドルノブが付属しない、ボディ単体での販売形態

現在市販されているSLP WORKSのパーツを、ユーザー自身で揃え、好みにあったカスタムリールに組み立てていくのだ

SLP WORKSのセルテートカスタムボディは、スプールメタルにBB(ボールベアリング)を組み込み、本体表面をマットブラックにフィニッシュしたスペシャルカラー。

ローター&リアカバー部もブラックカラーで統一。象徴であるゴールドカラーのエンジンプレート部には、ハンドル軸にマグシールドBBも搭載されているのだ。

既存の19セルテートでは、初代カラーに立ち返るセルテートブルーとシックなシルバーの配色であったが、SLPカスタムボディではマットブラック×ゴールドという高級感溢れるカラーリングとなっている。

今回は同社のプロダクトリーダーを務める田島さんに色々とお話を聞いてきちゃいました!

画像8: DAIWAの大人気スピニングリール「セルテート」ファン必見!自分仕様にカスタマイズ可能な『セルテートカスタムボディ(SLP WORKS)』遂に発売!

【Profile】
田島直樹(たじま・なおき)
SLP WORKSのプロダクトリーダーであり、リール及びロッド関連のチューニングパーツやカスタムパーツなどを日々開発する敏腕エンジニア。趣味のキャンプにもかなりのこだわりをもっているとか。



13年越しのリバイバル!?

今回何故、セルテートのカスタムボディ販売に至ったのでしょうか?

田島実はセルテートのカスタムボディは2007年にも限定で販売していたんです。当時もスプールなし、ハンドルなしのボディカラーをレッドにしたモデルを2500番と3000番のボディ限定で販売していました。

当時はRCSのはしりで、レバーブレーキリールでもボディ単体を販売をしており、ソルティガでもパーソナルカラーの限定モデルを販売していました。今回はそのリバイバルといったところでしょうか

画像: 写真は2008年のDAIWA総合カタログに掲載されたセルテートカスタムボディ

写真は2008年のDAIWA総合カタログに掲載されたセルテートカスタムボディ

当時を知るセルテートファンには待ち望んでた嬉しいキャンペーンですね。

田島「そうですね、赤いセルテートもってたよ』という声も多く頂いてまして、昔を知るセルテートファンにはたまらないキャンペーンですよね。ボディカラーを赤でやろうかという話もあがったのですが、SLP WORKSのイメージカラーがブラックなので、今回はそのカラーにゴールドを据えたカラーリングを採用しました。

画像: 13年越しのリバイバル!?

田島「SLP WORKSでは、DAIWAのフラッグシップスピニングリールであるイグジストにおいては『セミオーダーシステム』といって、お客様自身でボディからスプール、ハンドル、ハンドルノブなどHP上でシミュレーションしながら好みのチューニングを希望してオーダーするサービスも行っています」

田島「今回発売するセルテートカスタムボディでは、ボディ単体での販売になりますので、市販されているお好みのパーツをお客様自身でご用意していただき、組み立てて頂く形となります

ファンには是非手に取ってもらいたい! 自分だけのオリジナル「セルテート」。

画像: ファンには是非手に取ってもらいたい! 自分だけのオリジナル「セルテート」。

今回のセルテートカスタムボディですが、どのユーザーに注視して販売されるものなのですか?

田島「実はDAIWAリールの中でもセルテートファンはかなり多くて、まずはセルテートが好きな方に手をとって頂けたらなと考えております

SLP WORKSは過去よりセルテートのカスタムは少しずつやり続けていました、2010年にリリースしたセルテートではエアローターに載せ替えたり、セルテート自体をモデルチェンジしたときにアップデートするような形をとってきたんです。しかし、セルテートユーザーにより満足していただけるように、新しい時代の新しいカスタムを提案したいと思い今回のカスタムボディを新たなリバイバルとしてリリースしたのです。

また現在発売されている18イグジスト用にリリースされた『SLPW EX LTスプール』というモデルがあるのですが、セルテートでも共通で使用できますので是非オプションスプールをお持ちのイグジストユーザーの方々にも、“特別なセルテート”を使って頂けたらなと考えております。

そして自分だけの組み合わせと言う点において、釣りをして楽しんでもらうのはもちろんなのですが、釣りに行くまでにも楽しんでもらう、所有感と満足度を感じて頂ければなと思います」

編集部・大木理想のチューンナップが実現!?

画像1: 編集部・大木理想のチューンナップが実現!?

今回実際に編集部・大木の理想とするカスタムを田島さんに組み立てて頂いた。

大木「えーと、スプールはやっぱりEXLTスプールのほうがデザインが好きで、ノブはヤマラッピさんもコルクノブ使ってたのでそれがいいですね」

画像2: 編集部・大木理想のチューンナップが実現!?

「意外と注文が細かいなぁ…(田島さん心の声)」

そうして完成したのがコチラ!↓↓

画像3: 編集部・大木理想のチューンナップが実現!?

カスタムボディは大木の主戦場とする小~中規模河川、港湾のシーバスゲームを想定した3000-XHSLPWをチョイス。

スプールはSLPW EX LTスプール3000S。PEライン0.8~1号を想定。

ハンドル部はRCSマシンカットハンドル 60mmSLPWパワーラウンドコルクノブの組み合わせ。

そしてハンドル逆側のハンドルキャップ部にはSLPWスピニングハンドルキャップ Sをセット。

画像4: 編集部・大木理想のチューンナップが実現!?

すでにここまで組み合わせた時点で気分は最高潮

大木「ヤバい、本気で欲しくなってきた…。個人的には15セルテートのデザインがめっちゃ好きだったのでそれに通づるものもありながらNEWセルテートならではの軽さと滑らかさもあって既に釣りに行かなくても良くなってきたかも…(笑)」

田島「只今先行予約受け付け中でして、8月31日までにオーダーを頂ければ、2つの特典がゲットできるキャンペーンも開催してます!」

2020年8月31日までのご予約で2つの特典が手に入るチャンス!!

①2022年9月末まで有効のオーバーホールカード(1回手数料無料)

②限定オリジナルケース獲得券(抽選20名様)

田島「上記特典付きの先行受注をご希望の方は、期間内にお近くの販売店様に、SLPセルテートカスタムボディ申込書をダウンロード&プリントアウトし、必要事項をご記入の上お申込みください」

※お申込書をもとに厳正なる抽選を行い、当選者を選ばせていただきます。尚、当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。期間を過ぎてもご注文いただけますが、特典はございません。予めご了承ください。

オーダーフォーム及びさらなる詳細は下記SLP WORKSセルテートカスタムボディ特設サイトをチェック!↓↓

次回実釣インプレにてその性能が解明される…!?

画像: 次回実釣インプレにてその性能が解明される…!?

田島さんに組み上げて頂いた大木仕様オリジナルカスタムセルテート、すでに組み上げた段階で大木の満足感は十分満たしたのだが、読者皆様であれば性能も気になるところでしょう…

ということで次回、 カスタムしたセルテートで実釣インプレを敢行! なんと取材に同席していた編集部・フクシゲも取材後、ちゃっかり田島さんにカスタムセルテートの貸し出しを依頼していた!(笑)

画像: フクシゲ 「自分もけっこうSLPのユーザーなんで、当然インプレするッス」

フクシゲ「自分もけっこうSLPのユーザーなんで、当然インプレするッス」

次回ルアマガプラス編集部員にてさらなる性能を秘めたカスタムセルテートの実釣模様をお届け致します。乞うご期待!!

関連記事はコチラ




This article is a sponsored article by
''.