いよいよショアジギングシーズン到来! ショアジギングといえば欠かせないのが、そう「メタルジグ」。現在あらゆる釣具メーカーから多くのメタルジグがリリースされており、種類や重さ、形状も様々。初心者はどれ選べばいいのか分からないのが悩みどころ。今回はそんなビギナーにうってつけなメタルジグ「ジャックアイ(ハヤブサ)」シリーズをご紹介致します。


“もっと簡単に、もっと釣れる”がコンセプトの『ジャックアイ』シリーズ。

画像1: “もっと簡単に、もっと釣れる”がコンセプトの『ジャックアイ』シリーズ。

ハヤブサのジャックアイシリーズは誰でも簡単に使いこなせてよく釣れるというのがコンセプト。パッケージから出してそのまま投げることができ、小〜中型回遊魚を狙うにはぜひ持っておきたいジグになっている。

画像2: “もっと簡単に、もっと釣れる”がコンセプトの『ジャックアイ』シリーズ。

重さは20、30、40、60gの4種類をラインナップ。これらの重さがあれば全国のいろいろなフィールドで、ターゲットやベイトの大きさ、潮の流れの速さに合わせてローテーション可能だ。

ここからはジャックアイシリーズの中核を担う3種類のジグを徹底解説!

ジャックアイエース

画像: ジャックアイエース

飛距離に特化したオールマイティキャスティングジグ

後方重心で優れた遠投性能が売りのジャックアイエース。マズメ時のサーチや高活性の魚を探して行くときに使用したい。アクションは強めでアピール力は強め。平均点の高い、トータルバランスのいいジグだ。

画像: 飛距離に特化したオールマイティキャスティングジグ

フォールからのワンピッチジャークで全層を探る

基本アクションはボトムまで沈めてからのワンピッチジャーク。軽いアクションの入力でメリハリのある動きを演出できるので、操作はイージー。フォールが速めなので全てのレンジを効率よく探ることが可能だ。

画像2: 初めてのショアジギング用メタルジグはこれで決まり!「ジャックアイ(ハヤブサ)」シリーズ
ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイ エース FS415 20g 【ネコポス配送可】
商品名 ジャックアイ エース FS415 20g 商品説明 ■ぶっ飛び「リア重心エアロボディ」 ■だだ巻きハイアピール「ふらふらウォブリング」 ■バーチカルとスライドを不規則に発動「トリッキーフォール」」 ■バイトを誘発「左右非対称ホログラム」 ■本体カラーとマッチ「SABIKIアシスト」 ■サビに強い「タフティンコートフック」 ■強靭塗装「6種アルティメットコート」 商品詳細 ■サイズ:20g ■発売日:2019年7月 注意事項 - 検索キーワード ハヤブサ 釣り フィッシング 青物 ヒラメ マゴチ フラットフィッシュ シーバス カマス ショアジグ ショアジギング ジグ ルアー メール...
¥ 691
2020-08-19 19:07


ジャックアイマキマキ

画像: ジャックアイマキマキ

ただ巻くだけで魚を寄せるブレード付きモデル

その名前の通りアクションはただ巻くだけなので誰でもすぐに使いこなせる。狙った層を、横方向に探りたい場合はこれをチョイス。表層をスピーディーにチェックできるので、魚が高活性の時や上ずっている時にで使うことが多い。

画像: ただ巻くだけで魚を寄せるブレード付きモデル

ただ巻きにストップを入れて変化を加える

カウントダウンで探りたいレンジまで沈めて、あとは巻くだけ。スローからファストまで、魚の活性に合わせていろいろな巻き速度を試していく。一瞬巻く手を止めるストップ&ゴーも効果的なので、こちらも織り交ぜて誘おう。

画像3: 初めてのショアジギング用メタルジグはこれで決まり!「ジャックアイ(ハヤブサ)」シリーズ
ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイ マキマキ FS417 20g 【ネコポス配送可】
商品名 ジャックアイ マキマキ FS417 20g 商品説明 ■誰でもカンタン「投げて巻くだけ」 ■キラメキで誘う「ホログラムスピンブレード」 ■カーブフォールでもブレードが効く「フラッシュフォール」 ■バイトを誘発「左右非対称のホログラム」 ■本体カラーとマッチ「SABIKIアシスト」 ■サビに強い「タフティンコートフック」 ■強靭塗装「6層アルティメットコート」 商品詳細 ■サイズ:20g ■発売日:2019年7月 注意事項 - 検索キーワード ハヤブサ 釣り フィッシング 青物 ヒラメ マゴチ フラットフィッシュ 太刀魚 タチウオ シーバス ハタ ロックフィッシュ ショアジグ ショ...
¥ 782
2020-08-19 19:09

ジャックアイグロッキー

画像: ジャックアイグロッキー

移動距離を抑えてじっくり誘えるスロー系ジグ

活性が落ちた状態なので、ボトム付近をしっかり狙えるスロー系ジグ。例えば、日中の深いレンジに単発でいる魚などに有効。前後シングルフックで根掛かりは少ない。他のジグとのローテーションにぜひ持っておきたい。

画像: 移動距離を抑えてじっくり誘えるスロー系ジグ

細かいジャークでボトムをネチネチ誘う

ボトムまで沈めたら、ハンドル1/3回転ほどのワンピッチジャークで細かく探っていく。フォールへの移行が早くスローに落ちていくので、低いリフトでも長時間魚に見せることができる。潮の動きが弱いときにも使いやすい。

ジャックアイ3種が揃えば、防波堤や磯、サーフなどあらゆるシチュエーションに対応することが可能!

次回はショアジギビギナーに最もおすすめなシチュエーション「堤防」での釣り方を徹底解説! 乞うご期待!!

画像4: 初めてのショアジギング用メタルジグはこれで決まり!「ジャックアイ(ハヤブサ)」シリーズ
ブッ飛びスロージグ ジャックアイ グロッキー 20g ケイムラアカキン FS416 ハヤブサ
遠投性能×スロー。低活性時のボトムレンジを狙い撃ち アクションさせた時の動き、フォール時、ただ巻き時全てにおいて弱ったベイトを演出します。遠投性能に優れたコンパクトボディに加え、木の葉が舞い落ちるようなスロージグらしいフォールアクションは、青物はもちろん、根魚や真鯛まで幅広く魅了します。また、根が荒いエリアでも根掛かりしにくいフックセッティングで、磯やゴロタサーフ等活躍の場が幅広く、シチュエーションごとに攻略することができます。バリエーションライブリーイワシケイムラブルピンイワシケイムラアカキンケイムラアカミドキンライブリーアジケイムラピンキーセクシーゴールデンライブリー流血シルバーシル...
¥ 693
2020-08-19 19:25

関連記事はこちら!




This article is a sponsored article by
''.