突然ですが、ルアマガではバス釣り用ビッグベイトのダウンサイジング版のことを「マイクロビッグベイト」という名称でカテゴライズすることになりました。それにしてもマイクロなのにビッグとは? デプスのCEO、奥村和正さんによれば「いくら小さくてもビッグベイトはビッグベイト」…どういうこと?


そもそもはトラウトベイトですから

デプスの奥村さんは、既に2008年の時点でスライドスイマー115というマイクロビッグベイトを世に出していた。このジャンルのパイオニアだ。そんな彼のマイクロビッグベイト論とは?

奥村和正、かく語りき。

画像1: バス釣り用ビッグベイトも小型化の時代! デプスCEO・奥村和正さんの見解は?【マイクロビッグベイトの魅力】

【Profile】
奥村和正(おくむら・かずまさ)
世界中のビッグバスハンターたちを魅了する「DEPS」。そのCEOにしてデザイナー。Bカスタム、デスアダー、ブルシューターなど、手がけた傑作ルアーは数知れない。日本を代表するデカバスハンターの一人でもある。

奥村「そもそもビッグベイトの根源はカリフォルニアのトラウトベイト。それは何ぞやというと、ニジマスをそのままデフォルメしたルアーなんです。つまり、クリアーウォーターでバスの視覚に訴えるルアーですね。シルエットがルアーらしくない。もろに魚」

画像: 2020年発売予定のタイニーブルドーズ。その造形美は釣り人の視覚にも強く訴えかける。

2020年発売予定のタイニーブルドーズ。その造形美は釣り人の視覚にも強く訴えかける。

奥村「ビッグベイトって、魚をフルコピーしたものに近いジャンルだと思うんです。ジャークベイトはいくらでかくしてもジャークベイト。魚の形にはなってない。だからビッグベイトは小さくしてもビッグベイトなんですよ(笑)」

もう、これ以上の説明は不要だと思えるほどの完璧な解釈だ。

画像: タイニーブルシューター(デプス)

タイニーブルシューター(デプス)

【スペック】
●全長:100mm ●自重:1oz ●価格:2,800円(税抜き)

画像2: バス釣り用ビッグベイトも小型化の時代! デプスCEO・奥村和正さんの見解は?【マイクロビッグベイトの魅力】
デプス タイニーブルシューター #13キンブナ
デプス タイニーブルシューター (ブラックバスワーム)≪デプス ブラックバスワーム≫
¥9,340
2020-08-23 9:11

奥村「ビッグベイトを使うのに足踏みしている人が、手持ちのタックルでも使えるビッグベイトがタイニーサイズ。ビッグベイトの魅力を知るきっかけになって欲しい」

奥村さんはそう語る。ブルシューターはジャークベイト的に、ブルドーズはクランク的に使ってみるべし!

マイクロビッグベイトは馬鹿にできない
実は小さな巨人なのだ

奥村「ビッグベイトは、最終的には見た目で食わせるルアーです。僕の今までの経験上では、デカければデカいほど魚を引き付ける要素がある」

一方で、当然のことながらデカいほど釣れるというわけではない。魚の気を引きやすいとはいえ、それは食わせに持ち込めるかどうかとは別の問題なのだ。そこでマイクロビッグベイトの出番となる。

奥村「食わせる部分にフォーカスを当てると、サイズ感も大事なんですね。例えば、春にスライドスイマーの250で全く反応がないとき、175にサイズを落とすと軽く反応あって、115にしたら一撃で食ってきたという経験があります。それ以来、常にその3サイズは持って行ってます」

画像: スライドスイマー115(デプス)

スライドスイマー115(デプス)

【スペック】
●全長:115mm ●自重:22g ●タイプ:スローシンキング ●本体価格:3,000円

昨年ABSモデルになったスライドスイマー115。発泡素材と比べてより重心を1か所にまとめたので、動きに切れがある。サイレントキラーはもともと115がなかったが、ABS化によって浮力がアップして、製品化された。

画像3: バス釣り用ビッグベイトも小型化の時代! デプスCEO・奥村和正さんの見解は?【マイクロビッグベイトの魅力】
deps(デプス) NEW スライドスイマー 115 #05 ヤマメ
デプス NEWスライドスイマー 115 (バス・トラウトルアー)■TYPE:SLOW SINKING ■LENGTH:115mm■WEIGHT:22g■発売年:2020年8月≪デプス バス・トラウトルアー≫
¥3,300
2020-08-23 9:07

関連記事はこちら






This article is a sponsored article by
''.