どれも同じようで、じつは個性的かつこだわりが詰まったジグヘッドの数々。カツオの一本釣りから着想を得た『サブマリンヘッド』は、カエシがないため釣れたアジを外すときに手間取らず、手返しを格段に早めることができるのだ。アジの回遊が明白であったり、時合いを逃せないタイミングなど、ここぞという時に使いたい“必殺技系”ジグヘッドだ。

カツオの一本釣りをヒントにした手返し重視ジグヘッド

『サブマリンヘッド』はアジが触れただけで掛かるデザインを追求したジグヘッド。シャンクに2ヶ所の曲がり角を設けることで、フッキングが決まった際にここでアジの口をホールド、バラシを軽減する仕組みになっている。

画像: サブマリンヘッド(ヤマリア)

サブマリンヘッド(ヤマリア)

【スペック】
●フックサイズ:#8、#6 ●ウェイト:0.3、0.5、0.75、1、1.25、1.5g(#8)0.5、0.75、1、1.25、1.5、2g(#6) ●入り数:5個 ●価格:オープン

『サブマリンヘッド』のテーマは“手返しの良さ”に尽きる。フックは掛けを重視したバーブレス仕様で、フッキング率を高めると同時に、釣り上げたアジの取り外しやすさもアップさせているのだ。

画像: “バケ”から着想を得たフックセッティング。ここぞというときにこそ使いたい必殺ジグヘッドだ。

“バケ”から着想を得たフックセッティング。ここぞというときにこそ使いたい必殺ジグヘッドだ。

フックの線径は細いものを採用、アジの口内に触れた瞬間に突き刺さる高い貫通力を誇る。

また、カエシがあるとフッキングしたときにアジの口にカエシ分の大きさの穴が開いてしまうが、バーブレスの場合はこの線径分のみ。ファイト中に穴が広がりにくく、バラしにくさに拍車がかかる。

画像: アジをたくさん釣るための“必殺”高速手返しジグヘッド『サブマリンヘッド(マリアジャパン)』
ヤマシタ(YAMASHITA) サブマリンヘッド 1g #8
自重:1g
フックサイズ:#8
最も重要とされる貫通力と手返し力を最大限まで追求したオリジナルバーブレスフック
スズ合金採用で比重が軽く、引き抵抗感を実現することで、操作性アップ
ストロー状の夜光パイプを装着し、バイトによるワームのズレを大幅に削減
暗がりで見えにくくても、ラインが結びやすいラージアイ採用
¥418
2020-08-24 17:46

HEAD:比重の軽いスズ製のオーソドックスな弾丸型

ヘッドはマテリアルに比重の軽いスズを採用することで体積を増やし、水流を受ける面積を大きくして使用感をアップさせている。

画像: ヘッド部分にはウェイトが刻まれており、ひと目でサイズが分かる。ラインアイも大きめで、夜間や冬場にもセットしやすい親切設計だ。

ヘッド部分にはウェイトが刻まれており、ひと目でサイズが分かる。ラインアイも大きめで、夜間や冬場にもセットしやすい親切設計だ。

また、上の面を平らにすることで浮き上がりにくく、下の面をラウンド型にすることで、フォール姿勢が安定するデザイン。

HOOK:2ヶ所の角でバレにくさをアップ

貫通力の高いバーブレスは向こう合わせになりやすく、軽いアワセでフッキングが決まる。シャンクの2ヶ所の曲がり角でアジの口をしっかりホールドするのでバラシも少ない。

画像: フックにはワームキーパー兼バイトマーカーも備える。

フックにはワームキーパー兼バイトマーカーも備える。

しかし、ストッパーであるバーブがない分抜けやすいので、ファイト中にラインテンションを緩めず、一定に保ち続けることが肝要だ。それだけを留意しておけば、カエシなしでも十二分のホールド能力を発揮してくれる。

関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.