秋のエギングといえば小型の数釣り。好奇心旺盛な子イカが積極的にエギを追ってくる季節だ。しかし釣り人ならいつだって大物に夢を馳せるもの。近年のアオリイカは季節を問わず産卵する…という説もあり、それを裏付けるビッグサイズの釣果もある。今回はそんな「秋のデカイカ」の釣り方を林釣漁具製作所・餌木猿フィールドスタッフの“塾長”米田さんと谷口大輔さんに語っていただきます。


解説は“塾長”米田さんと“次世代エギンガー”谷口さん!

画像: 巨大アオリイカが秋にも釣れる! エギングに精通する“塾長”米田さんの「デカイカ」ハウツー!!

【Profile】
米田浩久(よねだ・ひろひさ)
兵庫県在住。塾長の名で親しまれている、レクリエーションクラブ西日本烏賊釣り師専門学校米田塾の代表。地元兵庫の淡路島から四国・山陰・九州に至るまで、各地を仲間と共に釣行しながら、美味しいものも積極的に開拓中。林釣漁具製作所・餌木猿フィールドスタッフ。

谷口大輔(たにぐちだいすけ)
香川県在住。四国をメインに山陰や九州など西日本の各地を精力的に釣行し、シーズンを問わず1年中アオリイカを追いかけている熱血漢。特に年間を通してどこかでは釣れる四国各地の情報に精通し、今回はガイドも兼ねた。林釣漁具製作所・餌木猿フィールドスタッフ。

いつでもデカイカが狙えるスイートスポットが…?

秋のエギングはサイトでの小イカ狙い。一般に言われている通説だ。しかし、そんなステレオタイプの考え方では通用しないエリアも存在する。それこそが谷口さんの得意とする四国地方、今回の実釣取材で訪れた高知県は大月エリアだ。

画像: いつでもデカイカが狙えるスイートスポットが…?

高知県の大月は黒潮の影響を受ける温暖な四国南西部に位置し、秋イカシーズンでもkgクラスの大型が混在するエギンガー垂涎のエリア。リアス式の入り組んだ地形で、湾内には多くの秋イカをストック。他県から訪れるアングラーも少なくないのだ。

谷口高知のアオリイカは1年中産卵していて、早生まれの成長したイカ、居残りのこれから産卵する親イカが混在していますから、秋でもkgクラスのデカイカが狙えます」

塾長下は100gから上は1kgオーバーまで狙えるので、秋でもキロクラスを狙っていくゲームが可能です」

谷口「デカイカはもちろん数は出せませんが、秋でも価値ある一杯を狙っていくことができるんです」

塾長「自分は小型狙いのサイトフィッシングを楽しみながら、それに飽きたら大型狙いにシフトしたりといろいろですわ」

小型狙いのエギングは港内や湾内などの「ウチ」で緩急を付けたアクションが効く、ということだったが、秋でもサイズを狙う場合、釣り方はどう変わってくるのだろうか?

大型秋イカは「ソト」を「スロー」に攻めるべし!

秋でも大型が狙えるエリアでは、場所や釣り方を変えることで大型だけに的を絞ることができる。1年を通して大型狙いに徹している谷口さんの大型の釣り分け方とは?

谷口「子イカがウチなら、大型はソトを狙います。外海側でベイトが溜まりやすいブレイクや沖のシモリ、潮通しが良いところなどが狙い目になります、堤防では先端寄りのカケアガリなどの一段深いところに大型はいることが多いです」

画像: 基本的には外海側。かつ、デカイカの捕食対象となるベイトが止まりやすい場所が狙い目だ。

基本的には外海側。かつ、デカイカの捕食対象となるベイトが止まりやすい場所が狙い目だ。

釣り方もメリハリを重視する子イカとは対照的だ。

谷口「大型を狙う場合はボトムを取り、ゆっくりと見せて抱かせるような動きの攻め方が有効です」

画像: 大型秋イカは「ソト」を「スロー」に攻めるべし!

谷口「大型は一段深いところにいることが多いので、丁寧に底を取ってからカケアガリを重点的に探ったり、ブレイクや沖のシモリ、ベイトが留まっているような場所を狙っていきます」

画像: 誘いはスローに! ゆっくりと見せて抱かせる動きを意識する。

誘いはスローに! ゆっくりと見せて抱かせる動きを意識する。

キビキビ動かしピタッと止める子イカ狙いのアクションとは対照的と言えるだろう。

谷口「速い動きでも釣れますが、大型を狙う場合はゆっくり抱かせるのが基本になってきますね」

取材時は朝イチに堤防の先端寄りにあった深場のカケアガリを攻め、推定kgクラスを掛けたがバラしてしまった谷口さん。

谷口「貴重な一杯だったのに……」

しかし、最後の最後に当日の最大サイズをキャッチ成功。

画像: サイトで子イカ釣りも楽しむ塾長に対し、最後まで大型を狙っていた谷口さん。努力が実った形だ。

サイトで子イカ釣りも楽しむ塾長に対し、最後まで大型を狙っていた谷口さん。努力が実った形だ。

谷口「今回は台風で状況が悪すぎました。朝イチにkgクラスをバラしたのが大きかったです」

塾長「うまく帳尻を合わせたわな」

谷口「実力ですやん(笑)」

もうひとつの狙い方:回遊狙いの巻きのエギング

アオリイカが活発に動き始める夕マヅメから夜にかけての時間を巻きの釣りで攻めていくのも効果的だという。

画像1: もうひとつの狙い方:回遊狙いの巻きのエギング

塾長「夜にエサを取りに入ってくるような回遊イカを狙っていくのも手です。夕マヅメからの夜釣りで、基本的に巻きの釣り。たまにシャクるだけですから誰でもでき、根がかりも少ないです」

画像2: もうひとつの狙い方:回遊狙いの巻きのエギング

谷口「特にこの時間帯は不意のデカイカ出現に備えてギャフを持ち歩きましょう。持っていないときに限って、なぜか大型が掛かることが多いものですよ(笑)」

関連記事はこちら






This article is a sponsored article by
''.