先日発売されたルアマガソルト別冊「1冊まるごとエギングvol.2」取材時において、エギング界の重鎮・重見さんがプロデュースするエギングロッド『スキッドロウ・インペリアル』シリーズに来年度追加機種がリリースされるという情報を編集部がキャッチ! その詳細をルアマガプラスでもお届けしよう。


マル秘な情報を教えてくれたのは監修する当人(笑)エギング界の超レジェンド!

画像2: 【2021年】スキッドロウ・インペリアルのリニューアル情報をキャッチ! 重見典宏愛用の最高峰エギングロッド追加機種のプロトモデルをご紹介!!

【Profile】
重見典宏(しげみ・のりひろ)
元祖エギンガーであり、二段シャクリ・スラックジャークといった、今ではスタンダードとなったエギングテクニックの生みの親。エバーグリーンプロスタッフ。

見慣れないロッド…それはひょっとして…

画像1: 見慣れないロッド…それはひょっとして…

重見さんが愛用するロッドは、ご存知の通り、エバーグリーンの最高峰エギングロッド『スキッドロウ・インペリアル』シリーズなのだが、よく見ると、ちょっと仕様が違うのだが…?

重見「ああ、これは、今テスト中のインペリアルシリーズのリニューアル版のプロトモデルや!」

えっ、インペリアルシリーズ、モデルチェンジするんですか!? そんな重要なことをサラッと…。

重見ブランクスも一新されて、ガイドセッティングも見直してる。もう、開発も最終の大詰めで、オレはもうほぼほぼOKやと思ってるけど、あとは開発担当がどう判断するかやな」

ちなみに、どんな方向性のリニューアルなんですか?

重見「一応、3機種をまずリリース予定で、どれも、現行モデルに比べて大幅な軽量化を果たしてる。せやから、1日中使ってもホンマにラク。操作性もいい感じで、感度が特に高まってる。期待してくれていいですよ、ホンマに」

NEWインペリアル 追加機種ラインナップ

【NIMS-77SL】
ブランクス、グリップ、そしてガイドセッティングを見直すことで、大幅な軽量化を実現。ショートレングスならではの取り回しの良さを実感できる、機動力の高いモデル。
スペック ●自重:76g ●エギMAX:3.5号

【NIMS-86SL】
重見さんにとってのメインロッドとなるモデル。現行モデルよりも大幅な軽量化を果たす予定で、軽快に操作できてなおかつ感度も高い、スタンダードモデルとなる機種。
スペック ●自重:83g ●エギMAX:3.5号

【NIMS-86L-MX】
インペリアルの定番機種“スラックマスター86”のコンセプトをベースに、高弾性高強度カーボン素材のトレカMXシリーズM40Xを採用。強靭なブランクスに仕上がる予定。
スペック ●自重:102g ●エギMAX:4.0号

画像: スタンダードなレングスとなる86は、キャラクターの違う2機種をリリース予定。「1冊まるごとエギングvol.2」実釣取材時で重見さんは、SL(スーパーライト)をメインに使用していた。

スタンダードなレングスとなる86は、キャラクターの違う2機種をリリース予定。「1冊まるごとエギングvol.2」実釣取材時で重見さんは、SL(スーパーライト)をメインに使用していた。



気になる発売のタイミングは?

重見「知らん。それはエバーグリーンが決めることやからな。多分、来年の夏ころになるんとちゃうかな

確認したところ、2021年の夏ころの発売を目標に、鋭意調整中とのこと。
フィッシングショーがないので、実際に手にする機会が少ないかもしれないが、どのような仕上がりとなるのか、非常に楽しみである。

これまでのインペリアルシリーズから一新し、来夏、完全リニューアルを果たす。ガイドやブランクス、グリップにいたるまで刷新。大幅な進化を遂げて登場する予定!

NEWインペリアルの実釣取材の模様は、ルアーマガジンソルト別冊「1冊まるごとエギングvol.2」に掲載中!シーズン本番直前という時期もあり、厳しい状況ではあったものの、秋イカをしっかりキャッチ!

画像2: 見慣れないロッド…それはひょっとして…

また本誌では重見さんによる秋イカ攻略マル秘テクも掲載中! 気になる方は是非ともチェックして欲しい!

画像7: 【2021年】スキッドロウ・インペリアルのリニューアル情報をキャッチ! 重見典宏愛用の最高峰エギングロッド追加機種のプロトモデルをご紹介!!
1冊まるごとエギング! Vol.2 (ルアーマガジンソルト増刊2020年11月号)
¥1,650
2020-10-08 14:00

重見典宏さんに関する記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.