コンッとアタってアワせてもすっぽ抜け。フッキングがきまってもファイト中にハリがポロリ…これはアジングの宿命と諦めていないか? 「解決策はアワせなくても勝手にかかってバラしにくいジグヘッドを使えば良いんです!」というのは瀬戸内のエキスパートアジンガーである丹羽喜嗣さん。
2020年秋、そんな夢のようなアイテムがアジングハイシーズンを目前に迫った今、遂にシマノからリリースされることとなった!


解説して頂くの瀬戸内のライトゲームマイスター!!

【Profile】
丹羽喜嗣(にわ・よしつぐ)
広島県出身・在住。アジングを軸に幅広い魚種に精通するライトソルトゲームのエキスパート。ホームフィールドは瀬戸内海で遠征経験も豊富。全国各地のライトゲーム事情にも詳しい。

コンセプトは「今まで釣れなかったアジが獲れる!」

アジングは楽しさは色々あるが、何と言っても『アタリをとってかける!』 これが一番の魅力だ。

丹羽「その部分は大切にしたいですよね。でも、アタリがあるのにかからないことも実に多い。なぜかというと、活性が低いときほどバイト時の吸い込みが弱く、ジグヘッドのフックがスポッと口の中に入らないから。あと、アジは口が柔らかいからバラシが多い。このかかりにくさとバラしやすさを解消するために開発されたのが『カケガミ』です」

ご覧のとおり、アシストフックを搭載するジグヘッドだ。

画像: 一般的なジグヘッドではアタリだけで終わるマメアジもカケガミなら簡単に掛かるのだ。

一般的なジグヘッドではアタリだけで終わるマメアジもカケガミなら簡単に掛かるのだ。

丹羽「率直に言うと、アジに申し訳ないと思うくらい神がかり的にかかって釣れます(笑)。要は今まで釣れなかったアジが獲れる。ロッドの新型ソアレ・エクスチューンと共通のコンセプトで、釣果アップが狙えます」

勝手にかかるギミックはアジの吸い込みに着目したアシストフックにあり!

なぜ、カケガミは神がかり的にかかるのか? その秘密を丹羽さんが解説。

画像: ソアレ・カケガミ(シマノ) ●ウェイト:0.6、0.8、1.0、1.3、1.6、1.8g ●価格:2本入り600円(税抜き)

ソアレ・カケガミ(シマノ)
●ウェイト:0.6、0.8、1.0、1.3、1.6、1.8g ●価格:2本入り600円(税抜き)

丹羽「一般的なジグヘッドはシンカーと一体型のフックで重くてフックサイズも大きい。アジが吸い込んでもスポッと口の中に入りにくいから、アタリがあってアワせても刺さらないという現象が起こります。

カケガミのハリは要はアシストフックなので自由度が高く、吸い込みが弱くても小さくて軽いハリが口の中にスポッと入る

だから今まではアタリだけで終わっていたバイトがかかります。もっと言えば、例えば風が強くてアタリがとれない状況でも向こうアワセで勝手にかかる。アジが接近して見切って戻ろうと反転したときにもかかってしまうくらい。アジにとっては迷惑なジグヘッドです(笑)

ではバラシを減らすというギミックは?

丹羽「まず、フックの自由度が高いから外れにくですよね。あと組糸が長いほうのハリが小さくて吸い込まれやすい。1本が口に刺されば、もう1本が口周りのどこかにかかる。ハリ穴が広がっても口切れしてもバラシが減ります」

画像: 下のレンジからの喰い上げに対しハリ先上向きの通常のジグヘッドはフッキング率が低下。カケガミは下アゴを絡めとることができる。

下のレンジからの喰い上げに対しハリ先上向きの通常のジグヘッドはフッキング率が低下。カケガミは下アゴを絡めとることができる。

ヘッド形状はオーソドックスなラウンドタイプ。

丹羽「巻きでもフォールでも使えて、アクションもつけやすい。アジのコンディションに合わせて誘うことができます」

デイ用&ナイト用のチューニングフックも同時リリース!

カケガミのフックシステムはそのままに、別売りのチューニングフックもリリース

丹羽「デイ用は、日中の釣りで実績抜群の金バリ仕様。ナイト用はハリのチモトに蛍光塗料がのっています。集魚効果が高く、アミパターンでとくに有効です」

画像: 右:ソアレ・カケガミデイチューニングフック/ 左:ソアレ・カケガミナイトチューニングフック ●価格:各3本入り500円(税抜き)

右:ソアレ・カケガミデイチューニングフック/ 左:ソアレ・カケガミナイトチューニングフック
●価格:各3本入り500円(税抜き)



カケガミの相棒『カップリング2in』はわかりやすい操作感が釣果アップに導く!

ソアレ・カケガミに装着するワームは、細身のストレートタイプがマッチする。

丹羽「ライトソルトゲームでベーシックなワームのピンテールタイプが最適ですが、水抜けが良いから水中のリグを見失いやすい。そこでカケガミにベストマッチするように開発されたワームが『カップリング』です」

画像: ソアレ・カップリング2in(シマノ) ●全長:2in ●カラー:13バリエーション ●価格:8本入り520円

ソアレ・カップリング2in(シマノ)
●全長:2in ●カラー:13バリエーション ●価格:8本入り520円

カップリングの特長は?

丹羽「いわゆる細身のピンテールタイプですが、ボディにリブが入っています。このリブがお椀を積み重ねたようなカップ形状になっていて、非常に水を噛みやすくフォール中心で探っていてもリグを見失いにくい。要は操作感が得やすい。自分が何をやっているのかわからない状態で釣りをしたくないですからね」

それでもカケガミなら釣れてしまう?

丹羽「釣れますが、水中のリグの状態を把握してアタリをとってかけるアジングの楽しさは大切にしたいですよね。水を噛むということは、水押しによるアピール力もあります。逆に波動が強すぎるなというときはシルエットも泳ぎもナチュラルな小魚をイミテートできるソアレ・モモアジが効果的です

今までのジグ単アジングの常識を覆す革命的なジグヘッドである『カケガミ』。そしてカケガミ専用モデルでありながら、極小リグの操作感を極限までに高めたワーム『カップリング』

激戦区はもちろん、ショートバイトやバラシに苦しめられたアジンガーにとって救世主となるリグになること間違いなし!

関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.