カンッという金属的なアタリをかける! これぞアジングの醍醐味!! 「それだけだと釣れるアジの母数が減るけど良いですか?」とアジングの王道に一石を投ずる漢が丹羽喜嗣さんだ。そんな“今まで釣れなかったアジが獲れるロッド”がこの度シマノからリリースされることとなった。『ソアレ エクスチューン』その全貌を丹羽さんに徹底解説して頂きましょう!



解説して頂くの瀬戸内のライトゲームマイスター!!

画像1: 今まで釣れなかったアジが穫れるロッド!シマノ『NEWソアレエクスチューン』がアジングゲームを“深化”させる!! 丹羽喜嗣さんが徹底解説。

【Profile】
丹羽喜嗣(にわ・よしつぐ)
広島県出身・在住。アジングをメインに幅広い魚種に精通するライトソルトゲームのエキスパート。ルックスはワイルド系だが、釣りスタイルは知的で繊細。ホームの瀬戸内海をはじめ全国各地を釣り歩き、豊富な知識と経験を持つ。

アジングロッドはパツパツの高感度だけじゃない!

画像: アジングロッドはパツパツの高感度だけじゃない!

ライトソルトゲームの一番人気釣種がアジング。その醍醐味はカンッと響く金属的なアタリをかける痛快さ。そのため上達するほど高感度でシャープなロッドが好まれる。

丹羽「高弾性で高感度のいわゆるパツパツのアジングロッドですね。でも、パツパツゆえの弊害もあります」

弊害というのは?

丹羽「パツパツのロッドでルアーを操作するとカンカンッのキレキレッの動きになりやすい。鋭いアクションの連続は、インパクトは強いですが魚がスレやすいというデメリットがあります

釣り人自らが釣りにくい状況を作り出してしまう可能性がある?

丹羽「そう。それと同じようにパツパツのロッドは、ロッドの意図していない動きがダイレクトにルアーに伝わりやすいです

知らないうちにロッドティップがちょっと動いたり、とか?

丹羽「それが水中で操作ノイズとなって現れる。キレッキレのアクションや操作ノイズが、結果的に釣れるアジの母数を減らしてしまいます。要は感度重視のパツパツ系だけではなく、アジが好むアクションがつけられるロッド。かけたアジをバラさず獲るところまでに重きを置き、調子を見直したモデルをラインナップしたのが新しい『ソアレエクスチューン』なんです」

操作性も感度も大幅に進化!「これはもうリミテッドに肉薄する性能です」

新ソアレエクスチューンの一番の特徴は、調子の見直しになる?

丹羽「それだけじゃありません。ティップからリアグリップまで、全身がブラッシュアップされています。例えば『Xガイドエアロチタン』が新たに搭載されています。ガイドの大幅な軽量化はキャストフィールの向上や感度だけでなく、理想の調子づくりにも大きく関わってきますからね」

画像: Xガイドエアロチタン

Xガイドエアロチタン

丹羽「新形状の『カーボンモノコックグリップ』は水中からの信号を増幅しやすく、『ブリッジライクシート』と相まって感度アップに貢献しています」

丹羽「ティップは『タフテック∞(インフィニティ)』『ハイレスポンスソリッド』『ソフチューブ』トップの3タイプがあり、機種によって最適化された構造を採用。操作性や感度などあらゆる面で最高峰機のリミテッドに肉薄する性能を持ち合わせています」

画像: 操作性も感度も大幅に進化!「これはもうリミテッドに肉薄する性能です」


全7機種でアンダー1gの世界から五目ゲームまでライトソルトを広域カバー

新しいソアレエクスチューンは7機種がラインナップされている。

丹羽「全機種、調子が見直されてますが、もちろん金属的なアタリをかけるアジングの王道といえるモデルもあります。S64UL+-SでソアレエクスチューンアジングのS604L-Sをモディファイ。高感度、かけ調子の単なるパツパツ系ではなく、高弾性化されたソリッドティップのハイレスポンスソリッドに、高負荷時に絶妙に曲がるバットを持ち、金属的なアタリをかけて“獲る”までの性能が向上しています」

画像: 全7機種でアンダー1gの世界から五目ゲームまでライトソルトを広域カバー

パツパツ系のロッドは、口切れや抜き上げ時のポロリが多いですからね。アジング対応機種が中心になるんですか?

丹羽「メバルに対応するモデルもあります。例えばS73UL-Sティップにしなやかで高感度なソリッドのタフテック∞を採用し、サオ先がもたれるようなアタリがとりやすく、のりも良い。タフテック∞は感度も優れているから潮の重さなど水中の状況を繊細に感じることもでき、アジングのフォールの釣りにも最適です。

あと面白いのがS80L-S魚種限定解除的なライト五目ゲームが楽しめます。尺メバルや40cmオーバーのアジといった大型を確実に仕留めたいときにも武器になるロッドですね」

では丹羽さんのオススメ機種は?

丹羽「全てですけど、私がアジングで愛用しているのは、下記の2モデルです

丹羽さん愛用モデルその1:ソアレエクスチューンS510SUL+-S

アジが好む「ヌメヌメ系のアクション」がつけられる!

丹羽「私にとっては、新しいソアレエクスチューンのといえるモデルです。アジが好むアクションがつけやすくバラしにくい」

画像: 【タックルデータ】 ●ロッド:ソアレエクスチューンS510SUL+ -S ●リール:ツインパワーC2000SHG ●:ライン:サイトレーザーEXエステル0.4号 ●リーダー:ソアレリーダーEXフロロ5lb(すべてシマノ)

【タックルデータ】
●ロッド:ソアレエクスチューンS510SUL+ -S ●リール:ツインパワーC2000SHG ●:ライン:サイトレーザーEXエステル0.4号 ●リーダー:ソアレリーダーEXフロロ5lb(すべてシマノ)

愛用ポイントは次のとおりだ。

丹羽「まずハイレスポンスソリッドによるティップの適度な張りと、ベリーの曲がり。その味付けが絶妙で、ジグヘッドリグを潮に絡ませるようなヌメヌメッとしたアクションがつけやすいこれがアジが好み、スレにくい動きです。もちろん、力加減によってキレの良いアクションもつけられる。

画像: アジが好む「ヌメヌメ系のアクション」がつけられる!

6ftを切るレングスでシェイクなど繊細な操作がしやすく、ベリーから曲がるのでバラシも減る。S64UL+-Sのキレのあるアクションで高活性アジをサッと獲って、残りはS510SUL+-Sでスレさせずに喰わせる。ロッドの使い分けで釣果を伸ばすことができます

丹羽さん愛用モデルその2:ソアレエクスチューンS58SUL-S

絶妙にもたれるティップで微細なアタリがとれる!

丹羽「これは私の中ではフォール特化型のモデルです。軽量ジグヘッドリグで狙ったレンジを外さず、絶妙なサオ先のもたれでアタリがとれます」

画像: 【タックルデータ】 ●ロッド:ソアレエクスチューンS58SUL-S ●リール:ソアレCI4+ 500S ●:ライン:サイトレーザーEXエステル0.4号 ●リーダー:ソアレリーダーEXフロロ5lb(すべてシマノ)

【タックルデータ】
●ロッド:ソアレエクスチューンS58SUL-S ●リール:ソアレCI4+ 500S ●:ライン:サイトレーザーEXエステル0.4号 ●リーダー:ソアレリーダーEXフロロ5lb(すべてシマノ)

S510SUL+ -Sとパワーもレングスも近いですが?

丹羽「S58SUL-Sはソリッドティップに非常にしなやかなタフテック∞を搭載しています。これは軽量ジグヘッドリグ使用時もサオ先のもたれ感が欲しいけれど、感度は犠牲にしたくないから。

ソリッドなのでカンッという乾いた響きは出ませんが、渋いときのアジのアタリを『サオ先のもたれ』と『しっとりとした感触』で伝えてくれます

画像: 絶妙にもたれるティップで微細なアタリがとれる!

このサオ先のもたれというのは1gを切る軽量ジグヘッドでもサオ先がお辞儀をするような状態になることで、タックルバランスを先重りにしたほうがもたれを出しやすい。私はあえて小型リールのソアレCI4+500Sをセットして、もたれ感を楽しんでいます」

新たに生まれ変わったソアレエクスチューン。シマノの最先端テクノロジーを搭載し、感度と軽量性を向上しながらも、ロッドアクションを徹底的に見直し『今まで釣れなかったアジが穫れる』アジングゲームを新たなステージへと導いてくれるロッドなのだ。

関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.