シーバス用ルアーとして、絶大的な人気を誇るメガバスのミノー「X-80(エックスハチマル)」。そしてあの村岡昌憲さんが手掛けたハチマルのボリュームアップバージョンが「X-80 マグナム」なのですが、2020年にはそのマグナムにも派生モデルが登場です! オリジナルモデルよりもさらに潜る設計は、より戦略的なミノーイングを可能にしてくれるはずです!


X-80 マグナムプラス1[メガバス]

画像1: X-80 マグナムプラス1[メガバス]

【Spec】
●全長:115mm ●自重:18g ●タイプ:シンキング ●カラー:全12色 ●価格:2050円

ボディにはオリジナルモデル同様、リアルさと機能を兼ね備えるシャイナー形状をそのまま採用。

画像2: X-80 マグナムプラス1[メガバス]

もちろん、本物の小魚が泳いでいるかのようなタイトピッチロールアクションも継承されています。

そしてプラス1の名前の通り、潜行レンジは2.8m前後と、オリジナルよりも+1mほど潜るようになっています。

これにより、ベイトのレンジやエリアの水深そのものに合わせるなど、ハチマルマグナムの魅力はそのままに、より広いシチュエーションに対応することが可能になるんです!

また、キャスタビリティにも優れており、スリムミノーでありながら圧倒的な投げやすさを獲得。あらゆるフィールドで使いやすい設計になっているんです。

その存在感はさすがメガバス

ボディデザインはハチマルマグナムと同等のものが採用されています。

画像: 上:X-80 マグナム 下:X-80 マグナムプラス1

上:X-80 マグナム 下:X-80 マグナムプラス1

115mmというベイトフィッシュらしい丁度いいサイズ感に、シャイナー形状と呼ばれるリアルなシルエットが組み合わさることで、その存在感はまさしくライブフィッシュそのものです!

もちろん、アクションに関してもベイトフィッシュらしさが追求されており、本物の小魚がまっすぐ泳ぐような最小限かつ力強い動きを再現。小魚そっくりな波動を、そのサイズからは想像しにくいほどのハイピッチタイトロールにより発生します。

画像: その存在感はさすがメガバス

さらに、シャイナー形状がゆえの体高からは、ハイピッチタイトロールによって激しい明滅を発生。強烈なフラッシングは広大な海においてもその存在感を際立出せます。

よく泳ぎよく潜るリップ≠飛ばないルアー

ボディのデザインを変えること無く、またアクションの質も同等のままで、さらに1m潜るように設計されたマグナムプラス1。

画像: 左:X-80 マグナム 右:X-80 マグナムプラス1

左:X-80 マグナム 右:X-80 マグナムプラス1

マグナムよりもおよそ1㎝長く、最大5mm程度幅が広くなり、数度浅くなった角度のリップだけでこれを実現させています。

また、アクションが優れていたり、より潜るルアーの場合、リップが抵抗となることでキャスタビリティに問題を抱えることがありますが、マグナムプラス1はその点をクリアー。

リップが、キャスト時に抵抗となりにくい角度、形になっているのです。

さらに、オリジナルのワンテンマグナム同様、3つのタングステンボールによる重心移動システムを搭載していることも、キャスタビリティに大きく貢献しているのです。

プラス1をうまく活用して釣果アップを目指せ!

表層にベイトが群れているのならオリジナルでももちろんOKですが、その気配が薄いのであればもっと潜るプラス1はかなり役立つはず!

また、橋脚やバースなど、短距離を引いてくる際にもレンジに入れやすい利点もあったりするんです。

さらには堤防など足場の高い釣り場において、手前まできっちり引きたいときにもプラス1が活躍!

ただ巻きはもちろん、ロッドワーク時のキレの良いダートアクションもオリジナル譲り。

潜行レンジを深くしてなおあのアクションが出ることには間違いなく驚かされるはず。

使いこなせば強力な武器になること必至です!

画像3: さらに潜るようになった! X-80マグナムプラス1[メガバス]新登場!【シーバス・サワラ・青物にも!】
X-80 MAGNUM+1(X-80マグナム+1) GG ボラ
Length : 115mm
Weight : 18g
Type : Sinking
Depth : Max 2.8m
Hook : #6 x 3
¥2,255
2020-11-03 15:06

動画もチェック!

画像: 【シーバス、サワラ】喰い立つ、さらなるレンジ拡大。潜行深度MAX2.8mモデル登場。「X-80 MAGNUM+1」アクション動画。 www.youtube.com

【シーバス、サワラ】喰い立つ、さらなるレンジ拡大。潜行深度MAX2.8mモデル登場。「X-80 MAGNUM+1」アクション動画。

www.youtube.com


関連記事はこちら




This article is a sponsored article by
''.