ルアーマガジンが総力を挙げ、エリアトラウトの究極を掘り下げる! 進化止まない管理釣り場のマスたちを相手に、エキスパートのワザの粋から、裏切らない入門トピックまでを根こそぎ追求……。人気アングラーがバトルしまくりの特集はもちろん、特別コンテンツも鋭い切り口で分かりやすく解説! エリアの全てがココにある……ルアーマガジン鱒王2!!


画像: 『ルアーマガジン マス王2』2020-2021が11月16日に発売! エリアトラウトの全てがココにある!

<特集 鱒王三番勝負>『運」「感覚」「理論」「テクニック」。すべての力を総動員した、極限の領域からしか見えないエリアゲームの世界がある!

菊地栄一×センドウタカシ スプーン×マッディウォーター決戦 in フィッシングクラブジョイバレー

画像: 菊地栄一さん(左)、センドウタカシさん(右)。

菊地栄一さん(左)、センドウタカシさん(右)。

水中の状況を予測し、あの手この手で魚のアタリを引き出すマッディウォーターの釣り。井戸水を利用し、年間を通じステインからマッディの環境を保つジョイバレーに降臨したのは、エリアのカリスマ・菊地栄一さん、そしてバス釣りの名手にして近年はエリアでも活躍するセンドウタカシさん。その結果やいかに!!

福田和範×キャンタ(狩野祐太)×杉山代悟 スプーン×クリアウォーター決戦 in 足柄キャスティングエリア

画像: 左より、杉山代悟さん、福田和範さん、キャンタ(狩野祐太)さん。

左より、杉山代悟さん、福田和範さん、キャンタ(狩野祐太)さん。

トラウトの反応を視認できるクリアウォーターゲームは情報戦だ。反応を正確に分析して、適切なメソッドへと繋げた者が勝利する。緻密を極めるサイトゲームの頂をつかむのは誰だ!

荒川通×伊藤雄大 クランクベイト決戦 in すそのフィッシングパーク

画像: 左より、荒川通さん、伊藤雄大さん。

左より、荒川通さん、伊藤雄大さん。

クランクベイト対決の舞台は、静岡県裾野市『すそのフィッシングパーク』だ。抜群の魚影の濃さを誇るこの釣り場で、技巧派スピードスターの荒川通さん、万能トップマイスターの伊藤雄大さんが激突する。エリアクランキングの新境地を切り開く、エキスパート2人の真剣勝負に刮目せよ!!

【入門鱒王|お助けルアー&タックルガイド】

簡単にくるくる! 釣りまくる方法 沖はるな初めてのエリアフィッシング

画像: 沖はるなさんエリアトラウトに挑戦。

沖はるなさんエリアトラウトに挑戦。

数多くのサカナが放流されている管理釣り場は、初めて釣りをする人に最適! 最近はベテランアングラーも多いけど、これから始める、もしくは基本中の基本をもう一度知りたい……そんな釣り人に贈る、簡単釣りまくり法を紹介していきます!

めっちゃ簡単に釣れる究極フェザージグの世界 ネオ

画像: ネオさん。

ネオさん。

独創的なルアーをリリースしているネオスタイル。その代表を務めるネオさんが紹介してくれたのは、何もしないで釣れるエリア用フェザージグだ。ボトムで放置するだけで釣れるので、エリアビギナーはもちろん、家族連れのエンジョイフィッシングにもぴったり。さっそく教えてもらおう!!

3万円台で買えるエリアタックル選び術 センドウタカシ

画像: センドウタカシさん。

センドウタカシさん。

コストパフォーマンスに優れたエリアタックルはどう選んだらいいのか? 釣り業界でもお買い物上手? と知られるニンジャことセンドウタカシさんが価格帯別オススメリール&ロッドを激セレクト!?



<ルアーマガジン鱒王 Special Issue>

エリアファンに語り継がれている伝説のカスタムハンドル ファンネル継承、そして進化へ

画像: 武本真思さん。

武本真思さん。

トーナメンターに圧倒的な支持を受けていたカスタムハンドル、ファンネル。カスタムパーツメーカーのZPIが軽量カーボンハンドルとして世に送り出し、現在はリヴァイブが受け継ぐ。その継承したエピソードを交え、現行モデルとこれからを紹介していこう。

メジャークラフト的ロッド選びの基準!! ファインテールを使いこなせ!! 高松将文、中村渉希

画像: 中村渉希さん

中村渉希さん

エリアトラウトは、複数のタックルを使い分け、どんなバイトも確実にハリ掛かりに持ち込む時代に突入した。ルアーのポテンシャルを最大限に引き出せるタックルを使うことが釣果アップへの近道なのだ。そこでメジャークラフトの高松将文さん、フィールドテスターの中村渉希さんに新ファインテールエリア全13モデルの特徴を存分に語っていただいた。

猛者どものライン戦略 松本幸雄、瀧澤真一、伊藤雄大、福田和範、出口 昇

画像: 猛者どものライン戦略 松本幸雄、瀧澤真一、伊藤雄大、福田和範、出口 昇

低伸度ラインの感度が「長所」になることもあれば、「短所」になることもある。大切なのは状況に応じた適切なラインセレクトと、ライン特性を生かした戦略の立て方。激戦のトーナメンで成績を残し続けている猛者たちのライン術に迫る!

エリアゲーム温故知新 石川優美子

画像: エリアゲーム温故知新 石川優美子

ひと昔前の「非常識」が現代の「常識」に。そうしたことはエリアフィッシングの世界では珍しくない。いつの世も時代の先端を駆け抜ける「考え方」が理解されるには時間が掛かる。ちなみに石川優美子さんの先端理論が受け入れられるまでに、約10年の年月を要した。

エリアミノーイングワールド 松本幸雄

画像: 松本幸雄さん。

松本幸雄さん。

究めれば最も面白いが、究めるのが最も難しいミノーの世界!そんなエリアミノーの世界に、今まさに…ブームの予感到来!!

繊細なるマイクロスプーンの世界! その違いトラウトは完全に気が付いていますよ! 井上太一

画像: 井上太一さん。

井上太一さん。

緻密な戦略を「組み立てたくて組んでいる」アングラーなど存在しない。緻密さを要求するのはトラウト側なのだ。だからこそ、トラウトの気持ちに近い場所に居るアングラーの戦略ほど緻密になる。なぜならば、トラウトはわずかな違いに気が付いてしまう凄い魚なのだから……。

フックセッティング進化論 廣瀬隆、井上太一、和田浩輝

画像: フックセッティング進化論 廣瀬隆、井上太一、和田浩輝

シャンク尺のわずかなバランス、ゲイブ幅の割合、フックポイントの角度。すべてはミリ単位以下の違いだが、その違いが「釣れる」「釣れない」の境界線を作ることもある。繊細なエリアゲームの中でも、極限の緻密さが要求されるエリアフックの世界に迫る!

スプーンカラーローテの組み立て方 池谷哲哉

画像: スプーンカラーローテの組み立て方 池谷哲哉

エリアの魚はルアータイプ、性能、レンジ、ウエイトなど多くの要因で口を使うが、カラーを変えただけで食ってくる、そんなパターンも多い。特にスプーンのカラーはバリエーションも多い。そこで、いまさらだけど知っておきたい「カラーの基本」をここでおさらい!

東山湖物語

画像: 東山湖物語

釣り場を育てた人たちと、釣り場に育てられた人たちが紡ぐ物語…。
生き物と水に限りない愛情を注ぐ「想い」がある。釣りを楽しむ姿を通して、その想いは報われる。また、釣りをやりこむほどに、釣り場のありがたさに気づかされる。その輪廻にまつわる、ある釣り場のありふれた、しかしかけがえのない、この極私的な物語は続いていく。

<Special Talk>
高田達也、石川優美子、菊地栄一、森田純也、松本幸雄、早川潤、杉山代悟、伊藤雄大

<鱒王特選カタログ>

画像1: <鱒王特選カタログ>

<最新アイテムカタログ>
スプーン、クランクベイト、ボトムルアー、トップウォーター、エリアロッド、ミノー

画像2: <鱒王特選カタログ>

エリアトラウトの記事はコチラ




This article is a sponsored article by
''.