ワンテンを筆頭に、数々の名作ミノーを生み出してきたメガバス。2021年もまた新たな伝説が生まれそうな予感です。X-80とX-70の中間サイズとなる『X-ナナハン』。そのサイズ感とは裏腹に、全く新しいミノーとして登場刷るんです!


X-ナナハン/X-ナナハン+1

【スペック】
●全長:75mm
ウェイト:1/4oz
タイプ:サスペンド

バスフィッシングはもちろん、ソルトルアー、とくにシーバス界で圧倒的に支持されている『X-80』や、サイズ感やシルエット、造形、そして動きまでベイトフィッシュそっくりな名作『X-70』など、『X』の名を冠した傑作ミノーを数多く生み出してきたメガバス。

2021年はそのラインナップに新たなモデルが追加される。

その名も『X-ナナハン』

7と半分。

つまり75mmサイズのコンパクトミノーだ。

しかしその性能は、わずか5mmの違いの中にもしっかりと凝縮されていた…!

画像: 上からX-ナナマル、X-ナナハン、X-ハチマル

上からX-ナナマル、X-ナナハン、X-ハチマル

スレンダーボディから生まれる現代のタイトウィグリング

画像: 約1.4m潜るオリジナル(写真左)と約2m潜る+1(写真右)。

約1.4m潜るオリジナル(写真左)と約2m潜る+1(写真右)。

メガバスCEOの伊東さんいわく、横振れを抑えたビビットなタイトウィグリングは往年のバルサミノーを彷彿させ、その食わせ効果はまさに無敵だという。

伊東「全長75mmの万能系ミノープラグです。X-80が倒れ込むほどのスクリューロールが武器だったのに対し、このナナハンはウルトラタイトなウィグリングを基調とします。以前であれば、バルサでしか表現できなかったナチュラルなアクションが、ABS樹脂ボディでも再現できるようになったんです」

画像: スレンダーボディから生まれる現代のタイトウィグリング

伊東「使い方は、タダ巻きのみでもバイトが連発しますが、低活性時など魚がルアーを追いきれないときは、トゥイッチを入れるのも有効です。ブレーキを効かせたターン系の連続ダートで、ピンポイントを攻略できますよ」



メガバスの新製品情報はコチラ




This article is a sponsored article by
''.