ビッグトップウォーターゲームに新たな風が吹くかもしれない。いや。メガバスはすでに10年以上前からその要素に気がついていた。水面で発生させるスクリュー波動で中層のバスをコールアップする。伝説のルアー・ドラムから着想を得た、新時代のトップウォータープラグが2021年にお目見えする。


中層の魚を強烈に呼び寄せる『宇宙の木』

ゴーラム180

【スペック】
●全長:180mm
●ウェイト:1-1/2oz
●タイプ:フローティング

大きくせりたったリップにボディジョイント。そしてランブルテール。

全長180mmのビッグボディにこれだけの要素が盛り込まれるだけで一味違うというのを感じられるはずだ。

「宇宙の木」という意味のゴーラムと名付けられた巨大プラグが、ただ巻きだけで中層のバスを水面まで強烈に呼び寄せる!

特徴1:ランブルテール

画像: 特徴1:ランブルテール

3つ目のジョイントボディとも呼べるランブルテールの強烈な水押しパワーは、減衰しながらボディ前方に伝わっていく。

そしてそれがジョインテッドボディ全体をうねらせ、艶めかしいスクリューロールアクションを発生させるのだ。

特徴2:デュアルLBOII

画像: 特徴2:デュアルLBOII

巨大なランブルテールを持ちながらも遠投性能は抜群。

その秘密は、メガバス/ITOエンジニアリングが誇る重心移動システム『LBOII』をフロント+センターボディにそれぞれ搭載(2基)していることにある。

メガバス初の『デュアルLBOII』システムということだ。

伝説のサーフェフプラグ『ドラム』のイメージがあった

画像: 伊東由樹(いとう・ゆき):メガバスグループCEO。国内バス釣り黎明期から活躍する伝説的釣り師。世界的なデザイン賞であるiFデザインアワードを2018年から3年受賞するなど、釣り業界きってのプロダクトデザイナーとしても名高い。

伊東由樹(いとう・ゆき):メガバスグループCEO。国内バス釣り黎明期から活躍する伝説的釣り師。世界的なデザイン賞であるiFデザインアワードを2018年から3年受賞するなど、釣り業界きってのプロダクトデザイナーとしても名高い。

伊東「開発時にイメージしていたのは、以前メガバスから発売していた発泡樹脂サーフェスベイト・ドラムでした。あの名作を、ABS樹脂で、しかもITOエンジニアリングのハイドロダイナミクスで作ったらどうなるか。その答えが、『宇宙の木』を意味を持つこのゴーラム180です。連結ボディにランブルテールを組み合わせることで、ネジリのない直線的な形状ながら、独特のスクリューロールを発生する。タダ巻きのみで中層に浮いているニュートラルなバスを水面まで誘き寄せるパワーがあるんです」



メガバスの新製品情報はコチラ




This article is a sponsored article by
''.